• アバクロに復調の兆し? 姉妹ブランドの増収続く

    Walter Loeb , CONTRIBUTOR

    業績不振が続いていた米カジュアル衣料大手のアバクロンビー&フィッチ(A&F)に、好転の兆しが出始めたのかもしれない。特に姉妹ブランド、ホリスター(Hollister)には、慎重ながらも楽観的な見方ができそうだ。同社に見られ始めた前向きな変化は、新たに就任したフラン・ホロウィッツ最高経 ...

  • IBMが21四半期連続で「減収」 転換期で苦戦との見方

    Alex Konrad , Forbes Staff

    7月18日に発表されたIBMの第2四半期の業績は悲惨な内容ではなかったが、売上が予想を下回り、21四半期連続で減収となったことに、投資家の不安は収まらないだろう。IBMの非GAAPベースの1株当たり利益は2ドル97セントでウォールストリート予想の2ドル74セントを上回ったが、売上は193億ドル(約2 ...

  • 米スタバ、受難の冬 モバイル注文人気が裏目、難民支援で客離れも

    Ronald Holden , CONTRIBUTOR

    スターバックス創業者のハワード・シュルツにとっては、何とも気の毒な状況だ。というのも、最高経営責任者(CEO)の座をケビン・ジョンソン社長兼最高執行責任者(COO)に譲ると発表した途端に、同社の業績が悪化し始めたのだ。同社が新たに導入したモバイル注文アプリは、全注文の4分の1を占めるほどの好評を得て ...

  • 2016年株価が下がった「スポーツブランド」 3銘柄

    Kurt Badenhausen , Forbes Staff

    2016年はスポーツ史における最高の年だったと言っていい。オリンピックではウサイン・ボルトやシモーネ・バイルズ、マイケル・フェルプスが活躍。シカゴ・カブスは107年にわたって苦しめられてきた“呪い”が解けて優勝を果たし、キャバリアーズはクリーブランドに52年ぶりのタイトルをも ...

  • 大統領選で業績悪化の米国企業 マック、KFCほか8社CEOの弁明

    Lauren Gensler , Forbes Staff

    激しい非難の応酬に明け暮れる米大統領戦は、ツイッターのようなSNSには利益をもたらすのではという見方もあったが、今四半期の同社の決算にはさほどの影響は見られなかった。しかし、それはまだましなケースと言えるのではないか。アメリカでは選挙戦の影響で自宅にこもりがちな消費者が増え、業績が悪化したと述べる大 ...

  • 米国の個人消費は「低迷していない」 アマゾンやホームセンターが牽引

    Steve Schaefer , FORBES STAFF

    米国の小売業者にとって、今はいい時代とは言えない。スポーツ用品大手のスポーツオーソリティやカジュアルブランドのエアロポステールが破綻し、百貨店のメイシーズやノードストロームの四半期決算は惨憺たる内容だった。赤字経営や店舗閉鎖の報道も日常茶飯事で、個人消費は低迷しているように見えるかもしれない。しかし ...