• フォーブス日本長者番付、首位は2年連続の孫正義

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    フォーブスがまとめた今年の日本長者番付は、国内の超富裕層にとっての喜ばしい1年を反映するものとなった。今年3月末までの12か月間で、日経平均株価は7%上昇し、円も対ドルで6%高となったほか、訪日外国人観光客の数は過去最高を記録した。結果、今年の長者番付に入った50人の8割が1年前から保有資産を増やし ...

  • 日本長者番付2017、孫正義が首位奪回 1年で資産6千億円増やす

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    フォーブスがまとめた今年の日本長者番付では、株式市場の活況が追い風となり、上位50位の4分の3近くが昨年から資産を増加させた。中でも好調だったのが、通信、テクノロジー、ゲームの3業界だった。今年の番付では、ソフトバンクグループ社長の孫正義が資産総額を204億ドル(約2兆2640億円)に増やし、ファー ...

  • 中国、インドが大躍進 アジア経済を支える富豪トップ100

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    フォーブス アジアが初めて発表したアジアのビリオネアランキングの上位100人を見ると、中華圏の存在感が際立った。中国本土が30人と最多、これに香港の18人、台湾の3人を合わせると、過半数を超える。さらに、マレーシアやインドネシア、フィリピンなど東南アジア諸国の富豪たちの顔ぶれを見ても、華僑が多いこと ...

  • 柳井正と孫正義に共通する「原体験」と「失敗力」

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    韓国で大富豪になるためには「金のスプーン」が必要とされるが、日本は違う。ただし、大きな成功を得るために、通り過ぎなければならない「道」がある。日本最大の優良企業とされるトヨタ自動車は、時価総額も日本一である。そのトヨタの創業家出身の豊田章男社長はなぜ長者番付に現れないのか。ランキングの上位者の顔ぶれ ...

  • 世界地図で見る「お金持ち分布図」、各国の富豪トップは誰だ?

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    10年前に0人だった中国のビリオネアの数は、今年251人だった。富はどこに集まっているのか? 勢力図とともに、各国のもっともリッチな人物(米国はトップ3)を見ていこう。1位 アメリカ – 540人1. ビル・ゲイツ(資産:750億ドル)マイクロソフト創業者でフィランソロピストのビル・ゲイ ...

  • ビル・ゲイツから孫 正義まで、「世界の大豪邸」11選!

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    山手線の内側より広い敷地に豪邸を持つゲイツや築60年の家屋に住むバフェット––。「家は住む人を表す」という言葉もあるが、世界の大富豪の自宅は人それぞれ。1. ビル・ゲイツ邸写真は、今年もビリオネアランキング1位となったビル・ゲイツの自宅の“一部”である ...

  • ユニクロを支えた立役者が説く「成功する経営者」の資質とは?

    谷本 有香 , Forbes JAPAN 編集部

    成功する経営者と、そうでない経営者は何が違うのか。ユニクロの成長を会計面から支え続けた立役者あり、アスクルやリンク・セオリー・ジャパンなどの監査役も務める安本隆晴氏によれば、経営者の資質を一目で見抜く方法があるという。公認会計士、税理士であると同時に、株式上場準備コンサルタントとしても活躍し、「新入 ...

  • 日本長者番付、柳井正7000億円失うも首位

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    2016年4月7日、「フォーブス」誌は日本長者番付を発表した。世界経済の減速が懸念されるも、国内ではインバウンド需要、金融政策などの効果から、トップ50の半数が資産を伸ばした。「フォーブスジャパン」副編集長/WEB編集長の谷本有香が今年度発表の日本長者番付のトレンドを読み解く。2015年はギリシャの ...

  • 世界長者番付、日本人トップは柳井正

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    フォーブスは3月1日、2016年版の世界長者番付を発表した。1位は昨年に続きビル・ゲイツ(60)で資産額は750億ドル(約8.5兆円)。2位のZARA創業者、アマンシオ・オルテガ(79)に80億ドルの大差をつけ王座を守った。テクノロジー業界で大きく躍進したのはフェイスブックのマーク・ザッカーバーグC ...

  • 「日本の長者番付トップ50」25人の履歴書 億万長者への第一歩は 「否定」から始まる

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    日本のビリオネアは年齢も学歴もさまざまだ。戦中戦後の混乱の時期を生き抜いた創業者もいれば、IT隆盛の現在に財を成した起業家もいる。彼らの履歴書からひとつの「法則」を見つけ出すのは難しい。 ただし、履歴書の「行間」から浮かび上 がってくる事実がある。それが「現状を否定する勇気」だ。彼らが億万長者への道 ...

  • 今年の顔50人の特徴は「デフレ時代の勝ち残り」にあり

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    リーズナブルな価格で庶民に商品を売る戦略で、今年の日本長者番付での順位を上げた富豪たちがいる。デフレ時代の勝ち組に少しずつ逆風が吹き始めるなか、ランキングからは過日の栄華が感じられる。 「2015年度 日本の長者番付トップ50」は、この1年で日経平均株価が36%も上昇するなど、いわゆるアベノミクス効 ...

  • 「世界の同族企業500社」ランキング 読売新聞、ユニクロの名も

    Chase Peterson-Withorn , Forbes Staff

    「ファミリービジネス」と言えば、夫婦で切り盛りする街角のレストランや、近所のクリーニング店を思い浮かべるかもしれない。しかし、世界的企業のBMWやウォルマートもまた、長く続くファミリービジネスなのだ。 スイスのザンクトガレン大学の研究者らは「売上が高い同族経営企業500社」をリストアップした。世界の ...

  • チームを動かす名経営者たちの名言集 その2

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    どんな天才経営者であれ、一人の力で事業を成し遂げることはできない。 その理想やアイデアを実現していく協力者の存在が不可欠であり、それがチームとなる。 名経営者はチームを動かす名人でもあり、その手法は今でも応用できる。 組織を大切にすることで成功した経営者たちの組織論の神髄を振り返る。 Jack We ...

  • 日本の経営者は、まず「ダブルスタンダード経営」をやめるべきだ 伊藤邦雄/一橋大学大学院商学研究科教授

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    「持続的低収益性」の体質を持つ日本企業に対し、「ROE最低8%」という提言をした一橋大学大学院の伊藤邦雄教授の日本の経営者への期待とは。 日本企業の経営者は、2つの大きな市場と真剣に向き合うべきだ。ひとつは、顧客市場。もうひとつが資本市場である。 これまで日本企業はパラドックスの状態にあった。顧客市 ...

  • 2015年発表 日本長者番付の新たなトレンド

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    トップ50の総純資産は増加小売業者ファーストリテイリング会長兼社長柳井正が首位を獲得2015年4月2日、「フォーブス」誌より日本長者番付が発表された。「フォーブスジャパン」編集長高野真が今年度発表の日本長者番付のトレンドを読み解く。アベノミクス3年目となった2014年。世界的な金融緩和を背景に資本価 ...

  • 日本の社長力ランキング2015 - フォーブス ジャパン

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    『フォーブス ジャパン』5月号(2015年3月25日発売)において、「社長力ランキング2015 日本を動かす経営者BEST100」と題して、全上場企業調査(調査対象期間09年度から13年度)のうえ、CEOの経営力を数値化し、そのベスト100を発表。 「社長力」ランキング2015では、「フォーブス ジ ...

  • 2015年度ビリオネアリスト、日本人は3人ランクイン

    Kerry A. Dolan , Forbes Staff

    原油価格の急落とユーロ安といった国際的経済不安をものともせず、世界の富豪層は、また今年も拡大した。フォーブスが発表する第29回目の長者番付には1,826人のビリオネアが登場し、純資産の総額は7兆500億ドル。2014年度の6兆4000億ドルを上回った。初めてランクインしたのは290人で、そのうち71 ...

  • 私の考える日本の素敵なリッチたち 日本を動かす50人

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    億万長者、ビリオネア、大富豪――。資産家を表す言葉はいくつかあるが、日本でのお金持ちに対するイメージは必ずしもよいものとはいえない。欧米では『フォーブス』のビリオネアやリッチリストに載ることは「勝者の証」として誇りに思う傾向がある。 一方で、日本では、なるべく目立たないようにする長者が多い。かつて、 ...