• 7割の社員がリモートワーク Trelloが考える「働き方の未来」

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    テクノロジーを活かせば、働き方を効率化し、新しいビジネスを創出することも可能だ─。新時代の技術を使ったリモートワークを奨励するTrelloが考える「働き方の未来」とは。米ニューヨーク・マンハッタン島南端部にある金融街。スーツ姿のビジネスパーソンが闊歩する、平日午後の賑わいが感じられる街を抜けてタスク ...

  • 来る2020年、「ドバイ」はどう変化を遂げていくのか?

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    砂漠やモスク、そして木造船が浮かぶクリーク。ドバイの発展の礎となった歴史や取り囲む環境を知ると、過去から現在を結んだ延長線上に、未来のドバイの姿が見えてくる。砂漠の民は噴水がお好き世界最大のショッピングモールとして有名なドバイモールの横では、世界最大を謳う噴水ショー「ドバイ・ファウンテン」が開催され ...

  • スターバックス、会長退任でも今後を楽観視できる理由

    Michael Cannivet , Contributor

    米コーヒーチェーン大手スターバックスのハワード・シュルツ会長は、コーヒーハウスの文化を大衆に広めたパイオニアだ。上質な経験のためには高い料金を支払うべきなのだと、世界中の人たちを納得させた。シュルツの指揮の下で、スターバックスは店舗数をわずか11から2万8000以上に増やした。そのシュルツが退任を表 ...

  • 未来学者が予測! CEOが「生産性が見せる眼鏡」をかける日

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    未来は今もシグナルを送っている。あなたが端っこに耳を澄ませば、天文学者が原始の宇宙を遥か彼方の空に見つけたように、未来の働き方を見ることができるかもしれない。未来学者の仕事は、緻密な計算や情報収集の上に成り立っています。10年後の未来を予言はできませんが、質的量的データを集めて分析し、現状のトレンド ...

  • 今後50年で起きる「顧客体験の新トレンド」3選

    Blake Morgan , Contributor

    今後50年の間で、多くのことが変化するだろう。顧客体験の分野でも、多くの変化が起きるのは確実だ。50年前の状況を考えれば、流行や習慣がいかに急速に進化してきたかが分かるとともに、今後数十年でどれほど急激な変化が見込まれるかも想像できる。今後5年以内に起きるトレンドについては以前記事を書いたが、ここで ...

  • グーグル、バイドゥを牽引してきたカリスマが語る「AI最前線」

    Peter High , Contributor

    AI(人工知能)があらゆる産業に浸透したとき、どんな未来が訪れるのか。バイドゥをAI開発で世界の先頭を走る存在へと育て上げた男が、今後を占う。アンドリュー・エン(41)はAIの分野で抜きん出た存在だ。ディープラーニングの大規模なアルゴリズムを開発した「グーグル・ブレイン」プロジェクトを率いたのち、ネ ...

  • 音声アシスタントが人類にもたらす「悪夢のような未来」

    Kevin Murnane , CONTRIBUTOR

    アマゾンとマイクロソフトは両社の音声アシスタント、「アレクサ(Alexa)」と「コルタナ(Cortana)」が年内に相互連携して使えるようにすると発表した。この提携は両社にウィンウィンの結果をもたらす話であるとされている。アレクサはWindows 10搭載のデスクトップPCやラップトップへのアクセス ...

  • 「日本酒の衰退」から予測する、資産運用業界の未来

    藤野 英人 , CONTRIBUTOR

    今日売れているからといって、明日も売れるという保証はどこにもない─。日本酒業界の勝者と敗者の動向から、生き残る金融機関を占えると筆者は語る。今年4月、日本証券アナリスト協会が開催したセミナーで金融庁の森信親長官の講演があったのだが、この時の話の内容が業界界隈で話題をさらった。現状の資産運用ビジネスの ...

  • 元グーグル社員が予測する「テクノロジーと育児」の未来

    Quora , CONTRIBUTOR

    近い未来、テクノロジーは子育てをどう変えるのか? 質問サイトQuoraに寄せられた質問に、元グーグルのプロダクトマネジャーであるロブ・エナルズが回答した。未来のテクノロジーが果たす役割を予測する方法の一つは、これまでテクノロジーが子育ての各局面をどのように変えてきたかを振り返り、その続きを想像してみ ...

  • 「空飛ぶ車」に米市民は何を期待? ミシガン大学が調査

    Jaclyn Trop , CONTRIBUTOR

    「空飛ぶ車」が大量生産され、一般的な商品になるのはまだ何十年も先のことかもしれない。その空飛ぶ車について、米国の消費者は現時点でどのような考えを持っているのだろうか。ミシガン大学交通研究所が米国の成人およそ500人を対象に実施したインターネット調査の結果によれば、回答者の過半数が「移動時間の短縮に期 ...

  • 宇宙ビジネスに価格革命 「衛星バス」量産のスタートアップ企業

    Alex Knapp , Forbes Staff

    宇宙産業はこれまで極めて非効率で高コストな業界だった。ロケットの多くは手作りで、探査用ローバーや衛星は1回限りのミッションのために特別に設計されていた。しかし、最近ではこうした状況を変革しようと考えるスタートアップが現れはじめている。その代表格が、コロラド州デンバーに本拠を置く「ヨークスペース・シス ...