• トランプ暴露本が好調の米出版業界、小説は売れない傾向

    Adam Rowe , Contributor

    米国の出版業界では過去5年の間、ノンフィクションの売上がフィクションを上回る傾向が続いており、年を追うごとにその差は開きつつある。ペンギン・ランダムハウスが先日発表したデータによると、2017年の米国出版業界における成人向けノンフィクション作品の売上は61億8000万ドル(約6845億円)。これに対 ...

  • 米アマゾン「児童書セット」が毎月届くプライムサービス始動

    Ellen Duffer , CONTRIBUTOR

    米国では様々なタイプの本の詰め合わせが毎月届く、"書籍のサブスクリプションサービス"が台頭しているが、アマゾンがこの流れに加わった。アマゾンは「Prime Book Box for kids(プライム・ブックボックス・フォー・キッズ)」という子供向け書籍のサービスを立ち上げ、既に一部のプライム会員宛 ...

  • 人間形成の根幹にある一冊、カーネギー著「人を動かす」

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    各界のCEOが読むべき一冊をすすめる本誌の連載「CEO’S BOOKSHELF」。今回は、オプトホールディングの鉢嶺 登CEOがビジネス書の原点だと絶賛するD・カーネギーの「人を動かす」を紹介─「どうしたら、みんなをひとつにまとめることができるのだろう」 本書を初めて手にした中学時代、学 ...

  • 日本軍の失敗から学ぶ「日本人らしさの本質」

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    各界のCEOが読むべき一冊をすすめる本誌の連載「CEO’S BOOKSHELF」。今回は、クロスボーダー事業を中心に展開しているBEENOSの直井聖太CEOが「失敗の本質-日本軍の組織論的研究-」を紹介する。「昔の日本軍みたいだ」。新卒の僕らが夢を持って入社した、誰もが知る大企業で、先輩 ...

  • 「ハリー・ポッター」シリーズが人々に与えた人生の教訓

    Frances Bridges , CONTRIBUTOR

    『ハリー・ポッターと賢者の石』が出版から丸20年を迎えた今は、ハリーの冒険の物語を通して私たちが学んだ教訓を振り返る絶好の機会だ。原作者J・K・ローリングはハリー・ポッターの世界を通じ、読者に多くの学びを与えた。「ハリー・ポッター」シリーズには、教訓や価値ある言葉がたくさん詰まっているが、以下にその ...

  • 「イヤだと思うほどやってみたか」 堀場雅夫流の背中の押し方

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    各界のCEOが読むべき一冊をすすめる本誌の連載「CEO’S BOOKSHELF」。今回は、ソフトウェア開発事業などを展開しているインフォテリア株式会社の平野洋一郎CEOが起業前に影響を受けた「イヤならやめろ!」を紹介する。「世界一のソフトば作りたか」。急かされるように大学を辞めた二十歳の ...

  • 「隠れ趣味」が一転「ドル箱」に 同人小説で成功をつかんだ作家たち

    Hayley C. Cuccinello , FORBES STAFF

    謎多き大富豪で企業経営者のエドワード・カレンをインタビューすることになったベラ・スワン。この出会いは彼女の人生を一変させ、暗い欲望の世界へといざなうことになる──。この話、皆さんもどこかで聞いたことがあるのではないだろうか。それもそのはず、登場人物の名はステファニー・メイヤーの小説『トワイライト』シ ...

  • シェアリングエコノミーに関する画期的書籍、ブルームバーグ編集者が執筆

    George Anders , CONTRIBUTOR

    ウーバーやエアビーアンドビーの勃興により、便利で安く快適な旅を満喫できるようになった一方、職を失ったドライバーやホテルの従業員もいる。シェアリングエコノミーは人の暮らしをどう変えようとしているのだろうか。その疑問を解き明かす書籍が発売された。その書籍とはブルームバーグの編集者のブラッド・ストーンが執 ...

  • ヒラリーが「エッセイ集」出版へ NY市長選出馬の憶測も

    Dana Feldman , CONTRIBUTOR

    ヒラリー・クリントン(69)は今年の秋に著書を発表する見通しだ。個人的エッセイを収録した内容で、これまでの政治キャリアやファーストレディ時代の思い出を回想する内容になりそうだ。出版元はSimon & Schusterで、タイトルは現時点では未定。彼女が好む格言が多数収められ、昨年の米大統領選 ...

  • 世界を信頼でつなぐ、革命的「希望の技術」[本は自己投資! 第7回]

    首藤 淳哉 , Official Columnist

    「アメリカには電動ドリルが8000万個もあり、1個あたりの平均使用時間はたったの13分」こんな数字をみたら誰だって電動ドリルを買うのを思いとどまるはずだ。実際、この数字はエアビーアンドビーのブライアン・チェスキーCEOがかつてニューヨーク・タイムズ紙上で挙げたもので、その際、氏は読者にこう問いかけた ...

  • 事あるごとに読み返す「経営と人生の指南書」

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    各界のCEOが読むべき一冊をすすめる本誌の連載「CEO’S BOOKSHELF」。今回は、独立系投信会社「コモンズ投信」の伊井哲郎社長が事あるごとに読み返すという「人生でいちばん大切な三つのことば」を紹介する。大峯千日回峰行という修行があることをご 存じでしょうか 。標高1,719メート ...

  • ビル・ゲイツが選ぶ、2016年の休暇に必読の書籍5冊

    Kerry A. Dolan , Forbes Staff

    ビル・ゲイツは幼少期から読書好きで知られ、家にあった百科事典を子供時代に完読した。親たちはその後、「ディナーの席では読書禁止」というルールを課したほどだ。しかし、ゲイツの読書熱はやまず、貪るように本を読み続けた。彼は「ゲイツ・ノート・ブログ(GatesNotes blog)」で読んだ本を定期的に掲載 ...