• 無能だった私を変えてくれた凄い人たち ──CM監督 市川準さん(前編)

    松尾 卓哉 , Official Columnist

    このコラムの元は、アドタイで掲載されたものです。それがフォーブス ジャパン編集者の目に止まり、今回から、こちらで加筆掲載されることになりました。読者の皆さま、どうぞ、よろしくお願い申し上げます。 このコラムでは、私の仕事の仕方、向き合い方を根本から変えてくれた恩人たちを紹介します。業種は違っても、何 ...

  • カンヌの受賞歴から見える、映画界に根付く男女格差

    古谷 ゆう子 , CONTRIBUTOR

    一度耳にして以来、忘れられない数字がある。フランスで最も権威ある国立映画学校「フェミス」では、卒業時、男女の学生はほぼ半々。だが、実際に映画監督として活動している女性の割合となると、その数字は24%にまで下がる、というのだ。つまり、映画監督を目指す女性は男性と同じだけいる。だが、そこから先に&ldq ...

  • 「リベンジを果たせた最新作」是枝裕和監督インタビュー -Part3-

    堀 香織 , CONTRIBUTOR

    2013年公開の『そして父になる』でカンヌ国際映画祭審査員賞を受賞し、その後も『海街diary』、『海よりもまだ深く』と話題作を発表しつづけている是枝裕和監督。6月刊行の著書『映画を撮りながら考えたこと』では、原作モノや続編モノでないと企画が非常に通りづらくなった映画界で、ほぼ全作オリジナルで20余 ...

  • バブル時代のリメイク権はいまや「おとぎ話」 是枝裕和監督インタビュー -part2-

    堀 香織 , CONTRIBUTOR

    2013年公開の『そして父になる』でカンヌ国際映画祭審査員賞を受賞し、その後も『海街diary』、『海よりもまだ深く』と話題作を発表しつづけている是枝裕和監督。6月刊行の著書『映画を撮りながら考えたこと』では、原作モノや続編モノでないと企画が非常に通りづらくなった映画界で、ほぼ全作オリジナルで20余 ...

  • 「映画を黒字化するために」是枝裕和監督インタビュー -Part1-

    堀 香織 , CONTRIBUTOR

    2013年公開の『そして父になる』でカンヌ国際映画祭審査員賞を受賞し、その後も『海街diary』、『海よりもまだ深く』と話題作を発表しつづけている是枝裕和監督。6月刊行の著書『映画を撮りながら考えたこと』では、原作モノや続編モノでないと企画が非常に通りづらくなった映画界で、ほぼ全作オリジナルで20余 ...