• あなたが昇給に値することを示す7つのサイン

    Liz Ryan , CONTRIBUTOR

    以下は、読者のカトリーナからの便りと、それに対する私からの回答だ。私の所属する部署では、2015年の初めから昇給がありません。2015年、2016年、2017年と、誰の給料も上がりませんでした。若干の昇給があった部署もありますが、私の部署ではありません。そしてまた2018年も、私たちの給与が見直され ...

  • 2018年米国で有望な職業とスキル リンクトインが発表

    Karsten Strauss , FORBES STAFF

    労働市場は変化・進化を続け、それに合わせて求められる職業も変化する。米求人情報サイト大手のリンクトインはこのほど、米国で今後有望な職業のランキングを発表した。同サイトはランキング作成に当たり、何百万人もの登録者の職歴や給与などのプロフィール情報を分析し、需要が急増中の職業を特定した。分析に当たって最 ...

  • 給料が既に頭打ち、この先どうすれば?

    Liz Ryan , CONTRIBUTOR

    以下は読者のギルバートから寄せられた便りと、私からの回答だ。先日、上司から衝撃的なことを告げられました。上司いわく、私は受け取れる給与額の上限に達しているとのことでした。今後望める昇給は年1度の生活費増加分だけだそうで、その額は微々たるものです。別の役職への昇進を目指すべきかと尋ねましたが、「給与水 ...

  • 昇給交渉で絶対にしてはいけない7つのタブー

    Sara Zervos , CONTRIBUTOR

    部下が昇給を要求するのを目の当たりにした上司は大抵、身をこわばらせ、頭を抱え、時に怒りやいら立ちすら感じるものだ。キャリア設計と報酬についての話し合いはチームと組織全体の成長にとっても大切なこと。だがそのための心の準備が出来ている社員は少なく、話し合いを台無しにする初歩的ミスや、容易に避けられる間違 ...

  • 給与と業績は「鶏と卵」の関係? 雇用主は何を考えるべきか

    Karsten Strauss , FORBES STAFF

    トップクラスの業績を誇る企業は、より手厚い給与とボーナスを支給している──企業の給与などに関する情報を収集・提供する調査会社ペイスケール(PayScale)は4月10日、毎年恒例の給与に関する報告書を発表した。それによると、2015年に最も業績が良かった企業のうち、事前の業績予想を上回った企業は、給 ...

  • 給与交渉の際に考えるべき5つのポイント

    Forbes.com CONTRIBUTORS , CONTRIBUTOR

    100万ドルほしいなら、給与交渉術を学ぶべきだ。ビジネスインサイダーによると、キャリアを通じて給与交渉を避けた場合、人生のなかで約100万ドル(約1億1900万円)を失っている計算になるという。原因はただ、「あなたが質問するのを恐れているから」にほかならない。私がキャリアコーチングを担当しているクラ ...