• 東芝に見る「海外進出における企業統治」の教訓

    伊藤 隆敏 , CONTRIBUTOR

    “東芝の不適切会計”とその後の混乱は必ずしも対岸の火事ではない。日本企業は、海外進出における企業統治という観点から考える必要がある。東芝がアメリカ原子力事業関連の巨額損失を抱えて苦境に立っている。東芝は2015年、不正会計(数年にわたるPC事業や半導体事業における利益水増発覚 ...

  • 日本企業が「欧州企業」から学べることが多い理由

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    早稲田大学ビジネススクール准教授・入山章栄、デロイト トーマツ コンサルティング・パートナー・日置圭介が今、注目している「欧州企業」。日本企業の変革のヒントがそこにある。世界最先端の経営学を知る早稲田大学ビジネススクール准教授の入山章栄と、日本企業に対し、世界で勝ち抜くための提言をしてきたデロイト ...

  • 資生堂の欧州フレグランス部門トップが語る「グルメな」香り選び

    Shellie Karabell , CONTRIBUTOR

    大切な人へのバレンタインデーの贈り物として、香水を選んだ人もいるかもしれない。資生堂EMEA(欧州・中東・アフリカ)地域社長兼CEOのルイ・デサザールもその一人だ。だが、デサザールの場合は他の人たちと少し規模が違う。デサザールはパリを拠点に同社のフレグランス事業を率いる立場にある。そして、デサザール ...

  • 上場3年以内で時価総額を伸ばした日本の社長TOP50

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    次世代を担う「日本のライジングスター」は誰だ 上場3年以内で最も時価総額を伸ばした社長ランキングを始め、2つのランキングから紐解いていく。「CEOランキング2016」では、“日本を動かす”というテーマから、時価総額上位100社から社長力ランキングを作成した。歴史が長い企業が多 ...

  • 大企業のトップが激論、日本型イノベーションを興すために

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    2015年、「イノベーション100委員会」の会合での議論は、大企業経営者たちの厳しい現状認識を映すものだった。委員会の議論から見えてきたのは、もはやイノベーションは「“将来の課題”から“会社存亡をかけた急務”へ」と役割を変えているということだ。「今は平 ...