• クレディ・スイスが選んだ「日本の凄いスタートアップ 」とは?

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    Forbes JAPAN」は12月1日、「日本の起業家ランキング」の表彰式および記念イベントを開催した。「クレディ・スイス賞」(Credit Suisse Japanese Entrepreneur Award)は、同イベント協賛企業のクレディ・スイス証券銀行が、弊誌ランキング評価委員会による審査と ...

  • 産業用ロボットに革命をもたらす知能化技術

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    人が教えなくても、ロボットが自ら学習し、働くようになる。MUJINが描く、未来の工場とは—。現実派の営業マンと天才肌の技術者—。米アップルやホンダを彷彿させる創業者コンビが、ロボット活用の新境地を切り拓いている。これまでの産業用ロボットは、人の手によるティーチング(教示)が必 ...

  • 日本のベンチャー業界を牽引する企業 ベスト3

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    日本の起業家ランキング2016 凄いスタートアップ55選では、「ベストIPO」「ベストM&A」「ベストファイナンス」を選出!その結果は?日本ベンチャーキャピタル協会と協力し、2014年11月から翌10月までの1年間の中から、「ベストIPO」「ベストM&A」「ベストファイナンス」に該当 ...

  • 超小型人工衛星で、衛星写真のコストを100分の1に!

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    アクセルスペースの超小型人工衛星は、衛星写真のコストを100分の1にする。宇宙のビッグデータ活用の時代が到来した。「宇宙はこれから、夢やロマンを持って見上げる存在ではなくなります」オフィスの一角で開発中の人工衛星を横目にそう話すのは、アクセルスペースCEOの中村友哉。2008年に創業し、「超小型人工 ...

  • 「未来の孫正義」を目指す若者たち〜20代起業家最前線〜後編

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    前編はこちら「国境ではなく市場を見る」グーグルやフェイスブックの創業者がそうであったように、グローバルに打って出ようとする“エンジニア社長”も若き起業家の特徴のひとつだ。トランスリミットは、高場はもちろん、社員の9割をエンジニアが占める。「世界でプレイされるものを僕たちはつく ...

  • リスクテイクは脳へのご褒美か?[Forbes WATCH〜時の進化〜]

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    英国のフリストン教授は、脳は未来に対する予測の誤差を最小にするように働いているという。脳はこれから起きることを無意識に予測し、神経細胞はその予測誤差を計算する。予測といっても何時間も先は予測できないが、常に先を予測してその誤差を小さくするよう生物は行動しているという。鳥や犬もちょっと先のことを予測し ...

  • 「未来の孫正義」を目指す若者たち〜20代起業家最前線〜前編

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    自動車の走行ビッグデータを収集・解析し、自動車保険などのサービスへ展開するプラットフォーム事業を手がける「スマートドライブ」を2013年に起業した北川烈(26)の履歴書は、まるでエリートコースへの滑走路のようだ。慶應義塾大学商学部で金融工学を学び、見聞を広めるためにボストンへ留学、さらに東京大学大学 ...