• 京都の老舗料亭で学んだ「継承」と「発信」

    小山 薫堂 , CONTRIBUTOR

    放送作家・脚本家の小山薫堂が「有意義なお金の使い方」を妄想する連載第34回。6年前に京都の老舗料亭の経営を引き受けたことで、数々の出会いが生まれ、新しい仕事が舞い込んだ。そして筆者は京都愛をますます深めていった……。昨年(2017年)から雑誌『Pen』で「人間国宝の肖像」 ...