• 排ガス不正で地に落ちたVWは、いかに社員の信頼を取り戻したのか

    Karsten Strauss , FORBES STAFF

    2015年、ドイツ自動車大手フォルクスワーゲン(VW)が排出ガス検査に合格するよう設計された不正ソフトウエアを1千万台以上もの自動車に搭載していた事実が発覚すると、同社の評判は真っ逆さまに没落し、社内でも従業員の信頼を失った。しかし同社は社員の信頼回復に取り組み、社内感情を変えることに成功したのだと ...