• 日本に悲観論を蔓延させる「未来予測本」への違和感

    川村 雄介 , CONTRIBUTOR

    その男には、森羅万象、日常生活のすべてが心配の種であった。路地を歩けば地面が割れて呑みこまれるのではないか、草原に出ると天空が落ちてきて押しつぶされるのではないか、万事深刻で悲観的な発想しかない。中国周代の杞の国に生きた彼は、後年、誰もが知る熟語の生みの親になった。「杞憂」である。最近の書店で売れ筋 ...