• ザッカーバーグ「家を買えない学校教師」らに500万ドルを寄付

    Kate Vinton , FORBES STAFF

    サンフランシスコのベイエリアでは近年、住宅価格の高騰が続いている。テクノロジー業界で働く人々は高収入を得ているが、地元の一般の人々、特に学校の教師の収入で家を買うことは不可能だ。サンマテオ郡での住宅価格の中央値は110万ドル(約1.2億円)にも及び、昨年5.3%上昇した。先日は地元の新聞にフルタイム ...

  • 子ども難民を国外追放から守る マイクロソフトのプロボノ活動

    Keren Blankfeld , FORBES STAFF

    米マイクロソフトのブラッド・スミス社長は、2002年に同社の社内弁護士を対象としたプロボノ(ビジネスの経験やスキルを生かしたボランティア活動)プログラムを導入した当時、移民・難民を支援する決断は自然なことだと感じたと振り返る。「ワシントン州で働く従業員の出身国は157か国に上る。そのため、(支援活動 ...

  • ザッカーバーグ夫妻、「論文共有」による科学研究の加速を支援

    Matthew Herper , FORBES STAFF

    フェイスブックの創業者マーク・ザッカーバーグと妻で医師のプリシラ・チャンが慈善活動を目的に設立した有限責任会社(LLC)「チャン・ザッカーバーグ・イニシアチブ(Chan Zuckerberg Initiative、CZI)」が、研究者らが科学誌に投稿前の論文を共有するための「bioRxiv(バイオア ...

  • イーベイ創業者「ジャーナリスト支援」に110億円、偽ニュース撲滅へ

    Kate Vinton , FORBES STAFF

    イーベイ創業者のピエール・オミダイア(49)が、フェイクニュースの撲滅に向けて立ち上がった。オミダイアは1億ドル(約110億円)を調査報道の支援とヘイトスピーチの追放のために支出することを4月5日、Skoll World Forumの場で宣言した。オミダイアが設立したオミダイア・ネットワーク(Omi ...

  • スポーツくじの賞金を寄付するアプリ、「大義」好きな米国にマッチするか

    Matt Hunckler , CONTRIBUTOR

    アメリカ人は、スポーツくじに結構な金額を費やしている。米国ゲーミング協会の推定によれば、アメリカ人が違法なスポーツ賭博に使う金額は毎年1,000億~3,000億ドル(約11.5~34兆円)にのぼる。ここに目をつけたのが、グッドブッキー(GoodBookey)の創業者たちだ。同社のトニー・ピーズCEO ...

  • イーベイの慈善事業が加速、寄付金を「買って」贈るシステム導入

    Vanessa McGrady , CONTRIBUTOR

    格安のブランド品や、なかなか見つからない部品を探すのにショッピングサイト大手、イーベイ(eBay)を使うことはよくあるだろう。そのイーベイが、チャリティーの世界へと進出した。イーベイは11月末、慈善団体が寄付金を“ほかの人々への贈り物”として「販売」することができるプログラム ...

  • 1位はあの夫妻、慈善事業への寄付が多い富豪ランキング

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    「世界をよくしたい」と寄付者は望みながら、実際に貧困や疾病の撲滅といった、「大きな賭け(社会変革)」に大型資金を投じている慈善事業団体は全体の20%だけ。NPO・慈善事業向けコンサルティング企業「ブリッジスパン・グループ」は、そのような調査報告を発表している。もしこのギャップが埋まれば、さらに多くの ...

  • ビル・ゲイツの妻が84億円を注ぐ「少女たちの笑顔」

    井関 庸介 , Forbes JAPAN 編集部

    2012年のTEDx講演。ある演者が、家族計画の重要性について力説した。そして、その場で7,000万ドル(約84億円)拠出すると表明。会場をざわつかせた。彼女の名は、メリンダ・ゲイツ(51)。慈善基金団体「ビル&メリンダ・ゲイツ財団」の共同議長であり、また、マイクロソフト(MS)の共同創業者で世界一 ...