• 今日のランチ選びから実践 「好きなこと」を見つける感性トレーニング

    中竹 竜二 ,

    個人が「こうしなさい」と言われるままにキャリアのレールに乗るのではなく、自分で自分の志向を見極めてスキルを磨く時代へ。この流れの中で、突然「好きなこと探し」が奨励される、大きな転換期に差し掛かっていることは前回の記事でお伝えした。多くの人にとって、“初めての挑戦”となるであろ ...

  • 無能だった私を変えてくれた凄い人たち──女優 樹木希林さん(前編)

    松尾 卓哉 , Official Columnist

    このコラムでは、私の仕事の仕方、向き合い方を根本から変えてくれた恩人を紹介します。業種は違っても、何かを極めた一流の人たちの言動は、きっと、皆さんの仕事に役立つこともあると思います。2人目は、女優の樹木希林さん。 2002年6月4日は、サッカーW杯日韓大会の日本代表の初戦、対ベルギー戦でした。18時 ...

  • 「ユーザーが望む表現」で記事を書く 感性型AIの可能性

    河 鐘基(ハ・ジョンギ) , Official Columnist

    社会のいたるところで人工知能が活用されはじめている。大規模製造業の現場における製造工程管理、新薬開発、弁護士・税理士、および人事業務の一部代替など、すでに実用化されつつある応用例は枚挙にいとまがない。それら人工知能を注意深く見て行くと、ひとつの共通点が浮かび上がる。いずれも、人間の「理性」を再現した ...

  • AIが小説を書く、その仕組みと未来

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    AI小説家が書いた小説が、「第3回星新一賞」の一次審査を突破した。コンピュータの感性は、どこまで育ってきたのか。“その日は、雲が低く垂れ込めた、どんよりとした日だった。部屋の中は、いつものように最適な温度と湿度。洋子さんは、だらしない格好でカウチに座り、くだらないゲームで時間を潰している ...