• 本は理解するために読まなくていい 月100冊の読書術

    尾原 和啓 , Official Columnist

    僕は、月にだいたい100冊くらいの本を読んでいます。1日の平均は4冊くらいです。こういうと読書家だと思われるかもしれないのですが、僕は200ページの本につき、だいたい3分間ほどしか読みません。本は最初から最後まで読まなきゃいけないと思い込みがちですが、そんなことはありません。大事なのは、読む前に「僕 ...

  • 「いい質問」をできる人が、会議で一番得をする理由

    尾原 和啓 , Official Columnist

    あなたにとって、新聞は何に使うものですか? ほとんどの人が「情報収集のため」「ニュースをチェックするため」と答えると思います。でも、もし「雨の日に新聞をどう使う?」と聞かれたら、濡れたものを拭くために使うことを思いつくのではないでしょうか。新聞社は当然、新聞を読み物として提供しています。よってそれを ...

  • スルーされることにも価値がある、それでも「情報共有」すべき理由

    尾原 和啓 , Official Columnist

    前回紹介した「おもてなし情報収集術」について、ありがたいことに多くの反響をいただきました。その反響のなかで気になったのが、「せっかく自分が先取りした情報やアイデアを人に明け渡すなんて、もったいないじゃないか」「情報をGIVEする戦術は確かに面白そうだけど……いきなりメール ...

  • 情報はGIVEするほど豊かになる! おもてなし情報収集術

    尾原 和啓 , Official Columnist

    みなさんは普段、どんな情報収集をしていますか? テレビやネットのニュース、新聞、商談相手との何気ない会話などでしょうか。僕は、情報収集術の基本は、アクティブ・ラーニングだと考えています。なぜなら、「後で誰かに教える(アウトプット)つもりで聞く(インプット)」と、情報が頭にしっかり入ってくるようになる ...