• ビットコインの米国での認知度は約8割、市場の成長に期待

    Panos Mourdoukoutas , CONTRIBUTOR

    専門家らの一部は、ビットコインはいずれ各国の通貨に代わる存在にもなると見ている。だが、中には「不正なもの」、または(かつてバブルの原因となった)「チューリップの球根」のように見る人たちもいる。そのビットコインについて、米国人は一般的にどのような見方をしているのだろうか。学生ローンを中心とする金融商品 ...

  • フォーブスが選ぶ「次世代クラウド企業」20社リスト

    Alex Konrad , Forbes Staff

    フォーブスは、7月11日に発表したクラウド分野を代表する100社リスト「クラウド100(Cloud 100)」に続き、将来のクラウド100候補である20社リスト「20ライジングスター(20 Rising Stars)」を発表した。クラウド100の上位20社は、これまでに平均で4億4900万ドルを調達 ...

  • 仏大統領選、「予想どおり」も市場に残る多くの懸念

    Kenneth Rapoza , CONTRIBUTOR

    フランスで4月23日、大統領選の第1回投票が行われた。その結果、事前の世論調査の結果が示したとおり、中道のエマニュエル・マクロン前経済相と極右政党「国民戦線」のマリーヌ・ルペン党首の間で決戦投票が行われることとなった。2候補の得票率の差は、世論調査の誤差の範囲に当たる2パーセンテージ・ポイントだった ...

  • 米国の価値体系の中でのトランプ大統領への憂鬱[樋原伸彦のグローバル・インサイトvol.6]

    樋原 伸彦 , CONTRIBUTOR

    1月20日深夜過ぎにトランプ新大統領の就任式がありました。MBAのゼミを終えて自宅に戻ったらちょうど放送が始まるタイミングでした。ご覧になった方も多いかと思います。テレビ放映は同時通訳がかぶってて聞きにくかったので、少しタイムラグがありましたが、ネットの実況も並行して観ていました。就任式を最初から最 ...

  • 消えないアップルのM&A観測、ネットフリックス買収はあるか

    Steve Schaefer , FORBES STAFF

    ただ単に手元にお金があるからといって、それを使ってしまうというのは危険な戦略だ。利益を積み上げている企業が、多額の手元資金があるというだけの理由で他社を買収し、それで利益を得た投資家はもう何年も前からほとんどいない。だが、アップルが次の四半期(10-12月期)に業績回復を実現した場合、巨額に上る手元 ...

  • リーマン並みの危機が到来? ソロスの予言を点検してみた

    Aaron Tilley , Forbes Staff

    著名なヘッジファンド・マネージャー、ジョージ・ソロス氏は静かに警告を発している。1月7日、ソロスは「現在の市場の混乱は2008年のリーマン危機を思い出させる」と語った。その日、中国市場の下落は制限幅の7%に達し、取引は停止。原油価格は18カ月連続の下落で、1バレル33ドルとリーマン危機の際を下回る水 ...

  • テクノロジー株が絶不調 GoPro、Fitbit、Etsyが最安値記録

    Brian Solomon , Forbes Staff

    大波乱の幕開けとなった2016年の株式市場だが、中でも不調にあえいでいるのがテック関連株だ。1月11日月曜日にはIPOを果たしたばかりの3銘柄がそろって値を下げた。Fitbit、GoPro、マーケットプレイスの Etsyらは全て最安値を記録。投資家らはこの3社の長期的成長に懸念を示し、それぞれ 12 ...