• 求職者が「出るくい」になるためにできること

    Liz Ryan , CONTRIBUTOR

    求職者が犯す大きな過ちの一つは、無難な道を選ぶことだ。名前のないクローンのように振る舞い、就職活動で遭遇するあらゆるいじめに耐え、雇用主からの不快な要求を許していれば、雇用主に認められず就職活動は長引き、やる気はそがれ、ひどい仕事しか手に入らない。私の息子が飼っているハリネズミは、怖がるとボールのよ ...

  • 究極の過保護 子どもの就職面接に同伴する親たち

    Amy Morin , CONTRIBUTOR

    その昔、親は子どもに対して就職するよう命令していた。時代は変わり、親は子どもに対して仕事に就くよう「励ます」ようになった。そして昨今では、親が子どもの採用面接に同席している。ここで私が言う「子ども」とは、地元のファストフード店でのアルバイトを探している高校生のことではない。自らの選んだキャリアで初め ...

  • 広がるAI採用、評価、人材発掘 データ不足が日本の課題に

    AI Lab 編集部 , CONTRIBUTOR

    近年、ビジネスパーソンの働き方の多様化やメンタルヘルス、ハラスメントなど企業が抱える課題は複雑化しており、企業側はこれまでのマネジメントでは検討が困難な状況にある。そんな状況を打開し、人事評価や育成、配置など幅広い人財マネジメントを最適化する可能性を持つものとして、人工知能(AI)やビッグデータ解析 ...

  • 内定を獲得するためのシンプルな面接テクニック

    Liz Ryan , CONTRIBUTOR

    本記事では、簡単に学べる非常に強力でシンプルな面接攻略法を紹介しよう。高校生に教えても良いし、自分自身でも使えるテクニックだ。求職者が面接の段階で直面する最大の障壁は、容量オーバーになっている採用責任者の脳だ。採用責任者が短期間に非常に多くの人を面接することはよくある。すると責任者の脳には過大な負荷 ...

  • 「一流大学よりも入るのが難しい学生寮」の可能性

    小山 薫堂 , CONTRIBUTOR

    放送作家・脚本家の小山薫堂が「有意義なお金の使い方」を妄想する連載第22回。今春、京都造形芸術大学副学長に就任し、産官学連携を担うことになった筆者が、選抜50人の学生が人間力とセンスを磨く「学生寮」を妄想中!今年4月、山形・東北芸術工科大学企画構想学科の学科長からCCO(Chief Creative ...

  • リンクトイン「就活用アプリ」を新公開 学生らの職探しを支援

    Kathleen Chaykowski , Forbes Staff

    米国のミレニアル世代の間でリンクトイン(LinkedIn)の活用が増加している。リンクトイン側としてもこの流れをビジネス拡大のチャンスと捉えているようだ。4月18日、リンクトインは新アプリ「リンクトイン・スチューデント(LinkedIn Students)」を公開。就職活動を控えた学生らの職探しや、 ...

  • 転職活動の型破りな切り札

    Liz Ryan , CONTRIBUTOR

    ここ数年アメリカで求職活動をした人ならば、採用プロセスがおかしなことになっていることにお気付きだろう。求人企業の採用ポータルサイト経由で100社に応募しても、1社からも返信がないということが日常茶飯事になっているのだ。返信が来たと思えば決まって「ご縁があればまたご連絡させていただきます」という簡潔す ...

  • ソーシャルメディアが採用で重要な3つの理由

    Meghan M. Biro , CONTRIBUTOR

    今や人事採用においてもソーシャルメディアは必須のツールだ。現時点でソーシャルメディアを活用していないリクルーターは、時代に取り残されていると言わざるをえない。休暇シーズンを前に、採用の現場で何が起きているのかを認識しておこう。1. ソーシャルメディアは求職者との最大の接点であるソーシャルメディアを活 ...