• 就職活動には「誠実性、外向性、知的開放性」をもって臨め

    林 久美子 , Official Columnist

    新しい年度がスタートした。就職活動も本格化し、大学3年生はインターンシップ、大学4年生はいよいよエントリー、そして面接だ。自らの希望する企業に就職(就社?)できるかどうか、チャレンジの始まる季節でもある。そのチャレンジの一助となる手段として、「インプレッション・マネジメント」(印象管理)を紹介したい ...

  • 超一流企業が面接で聞く難問奇問、合格点を取る方法

    Vicky Valet , Forbes Staff

    グーグルに就職したい? その気持ちは、同社に応募する年間300万人の志望者も同じだ。グーグルの2014年の内定率はたったの0.2%で、米国の名門大学群「アイビーリーグ」に入るどの大学の合格率よりも低かった。グーグルは、特に大学新卒者にとって今日最も人気のある就職先の一つだ。国際コンサルティング会社ユ ...

  • 履歴書に書いたら恥ずかしい 「ダメ自己PR」6選

    Liz Ryan , CONTRIBUTOR

    ある日、私は12歳の娘に、机から車のキーを取ってくるよう頼んだ。娘はキーを手に戻ると、こう言った。「お母さん、机に履歴書があったね」「何か気になることでもあったの?」と聞くと、娘は「うん! この人、『シカゴ一の専門販売員』って書いていたけど、そんなことどうして分かるの? ランキングがあるわけじゃない ...

  • 入社試験の是非、ポイントは「試験問題の中身」にあり

    川村 雄介 , CONTRIBUTOR

    夏休みに入る頃から、地下鉄の車内では一心不乱に受験対策書を読みふける若者たちが目立ち始める。大学3年生である。業界研究の本や問題集でリュックがはち切れんばかりだ。彼の真向かいには黒スーツを着て、化粧直しをしている女子学生が二人。企業のインターンシップに向かうらしい。「センター入試みたいなものですよ」 ...

  • 「求められる人材」になる5つの方法

    Liz Ryan , CONTRIBUTOR

    企業が求める人材とは、どのような人なのだろうか?雇用市場にあまり長くとどまることなく、容易に次の仕事をみつけられる人だ。つまり、コミュニケーションをうまく取ることができる人だ。こうした人たちは、自分の関心事や経験について、応募先の採用担当者に適切に伝えることができる。どうすれば、企業が採用したい求職 ...