• 「ハリー・ポッター」シリーズが人々に与えた人生の教訓

    Frances Bridges , CONTRIBUTOR

    『ハリー・ポッターと賢者の石』が出版から丸20年を迎えた今は、ハリーの冒険の物語を通して私たちが学んだ教訓を振り返る絶好の機会だ。原作者J・K・ローリングはハリー・ポッターの世界を通じ、読者に多くの学びを与えた。「ハリー・ポッター」シリーズには、教訓や価値ある言葉がたくさん詰まっているが、以下にその ...

  • 村上春樹『騎士団長殺し』と映画『この世界の片隅に』[本は自己投資! 第8回]

    首藤 淳哉 , Official Columnist

    鳴り物入りで始まったプレミアムフライデーだったが、初回は不発に終わった。なぜ家で過ごす人が多かったのか、本当の理由はわからないが、もしかしたら村上春樹の新作『騎士団長殺し』の発売日とぶつかったことも多少は影響していたかもしれない。なにしろ初版がいきなり130万部である。書店はどこもたいへんな盛り上が ...

  • 「隠れ趣味」が一転「ドル箱」に 同人小説で成功をつかんだ作家たち

    Hayley C. Cuccinello , FORBES STAFF

    謎多き大富豪で企業経営者のエドワード・カレンをインタビューすることになったベラ・スワン。この出会いは彼女の人生を一変させ、暗い欲望の世界へといざなうことになる──。この話、皆さんもどこかで聞いたことがあるのではないだろうか。それもそのはず、登場人物の名はステファニー・メイヤーの小説『トワイライト』シ ...

  • 気鋭の作家、波多野聖が推す「私を世界的資産運用者にした本」12選

    岩坪 文子 , Forbes JAPAN 編集部

    国内外累計5,000億円の運用経験を持つ気鋭の作家で、弊誌連載小説『バタフライ・ドクトリン─胡蝶の夢─』著者の波多野聖が贈る、「本物」になるための必読の書。自分自身が選んだ道で「本物」になるには、「真のプロ」として生きていくには、絶対的な覚悟が必要です。書物を選ぶときも、売れているものが必ずしもよい ...

  • AIが小説を書く、その仕組みと未来

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    AI小説家が書いた小説が、「第3回星新一賞」の一次審査を突破した。コンピュータの感性は、どこまで育ってきたのか。“その日は、雲が低く垂れ込めた、どんよりとした日だった。部屋の中は、いつものように最適な温度と湿度。洋子さんは、だらしない格好でカウチに座り、くだらないゲームで時間を潰している ...

  • 【作家対談】竹内 薫x波多野 聖 人工知能が「小説の世界」を現実にする日

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    AI(人工知能)が金融市場に投入された世界を描く、連載小説「バタフライ・ドクトリンー胡蝶の夢ー」。作家・波多野聖が考える“近未来”を、サイエンス作家の竹内薫はどう見たのか? AIと量子コンピュータを巡る「3つのテーマ」をもとに語り尽くした、スペシャル対談。ーAI(人工知能)と ...