• 知識ではなく「知性」を磨いた人が生き残る

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    AIと人間の境界線が薄れゆく今、私たちは何を己の武器とするべきか。その問いに挑んだのは、政策研究大学院大学の黒川清氏と、脳科学・教育・ITを掛け合わせて未来の学習を創造するDAncing Einsteinの青砥瑞人氏だ。王道のエリートコースを歩み医学の道を究めた黒川氏と、高校中退後フリーターを経験し ...

  • 人生の判断基準は「10歳で決まる」

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    AIと人間の境界線が薄れゆく今、私たちは何を己の武器とするべきか。その問いに挑んだのは、政策研究大学院大学の名誉教授 黒川清氏と、脳科学・教育・ITを掛け合わせて未来の学習を創造するDAncing Einsteinの青砥瑞人氏だ。王道のエリートコースを歩み医学の道を究めた黒川氏と、高校中退後フリータ ...

  • AIとドローンで森林破壊を止める 博士卒の女性起業家

    城口 洋平 , Official Columnist

    「Forbes 30 Under 30 in Europe(注目の30歳未満 欧州版)」に唯一日本人として選ばれたエネチェンジ、SMAP ENERGYの城口洋平が、同企画に選ばれた同世代の起業家やイノベーターと対談する連載企画。第1回は、世界の森林破壊を解決するためにドローンで植林をするベンチャー、 ...

  • 箕輪厚介・中川ヒロミ「人を熱狂させるビジネス書」の作り方

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    いま、「本当に求められるビジネス書」とは? 2017年も話題になったビジネス書が多数登場したが、一方で自分に合った書籍がわからないと感じている読者も多いはずだ。そこで「ビジネス書を評価すべきは、ビジネスパーソンではないのか?」をコンセプトに、読者=ビジネスパーソンが価値ある本を選ぶ「ビジネス書グラン ...

  • 二人のCEOに聞く「経営に必要な資質」

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    経営者として必要な資質、それを体得するために実践すべきことは何なのか? スペース・デブリ(宇宙ゴミ)の除去に関するサービスを提供するアストロスケールの岡田光信とYouTubeチャンネルのマネジメントや動画制作サポートをするUUUM(ウーム)の鎌田和樹に聞いた。[第1回/第2回]鎌田和樹(以下、鎌田) ...

  • ふたりの賢者に聞く、「ウェルネス」であるためにすべきこと

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    現代日本社会において、心と体の健康はどのように実現できるのか。ハーバード大学医学部内科の根来秀行氏とボストンコンサルティンググループの御立尚資氏、日本を代表するウェルネス分野の賢者両名に、本誌副編集長の谷本有香が世界の最先端を聞いた。谷本有香(以下、谷本):おふたりは昨年の第1回「WELLNESS ...

  • AI時代こそ、コンフォートゾーンを出よ|IT評論家 尾原和啓

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    自身の強みとしていたことが、AIに代替される時代がやってきたとき、あなたはどんな風に生き残ればいいのか。京都大学院で人工知能論を研究、産業総合研究所人工知能センターのアドバイザー歴任のIT評論家の尾原和啓氏に、Forbes JAPAN Web編集長の谷本有香が聞いた(前編はこちら)。谷本有香(以下、 ...

  • ウェブの世界だから出会えたふたりのオタク、下農淳司・羽田野太巳

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    総額100億円規模の「すばる望遠鏡用観測装置」プロジェクトに携わる下農淳司氏と、ウェブページを作成するための言語「HTML5」の第一人者として知られる羽田野太巳氏。ふたりは、自他ともに認める「オタク」だ。とあるイベントで気づけば毎回会っていたという二人の出会いから、没頭するほどに夢中になれる原動力に ...

  • 一流経営者の人脈力 コツは「肩書を脱ぎ捨てること」

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    「グローバル化の時代」と叫ばれて久しい。いまや日本企業にとって海外で事業展開することは生き残っていくために重要な条件のひとつとさえ言える。しかしながら、世界で勝つことは容易ではない。世界で勝ち続けるためにはどうしたらよいのか。日本経営合理化協会が主催する、第134回夏季全国経営者セミナー(2017年 ...

  • 超一流企業の「人の育て方」

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    「グローバル化の時代」と叫ばれて久しい。いまや日本企業にとって海外で事業展開することは生き残っていくために重要な条件のひとつとさえ言える。しかしながら、世界で勝つことは容易ではない。世界で勝ち続けるためにはどうしたらよいのか。日本経営合理化協会が主催する、第134回夏季全国経営者セミナー(2017年 ...

  • 世界一流企業が実践する「世界で勝つ仕事術」

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    「グローバル化の時代」と叫ばれて久しい。いまや日本企業にとって海外で事業展開することは生き残っていくために重要な条件のひとつとさえ言える。しかしながら、世界で勝つことは容易ではない。世界で勝ち続けるためにはどうしたらよいのか。日本経営合理化協会が主催する、第134回夏季全国経営者セミナー(2017年 ...

  • 世界を目指すクリエイターのプライベートタイム

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    大自然に囲まれた徳島県那賀郡。そこにルーツを持つ2人の天才がいる。日本を代表するウルトラテクノロジスト集団チームラボ代表の猪子寿之氏と、表参道ヒルズにフラッグショップを構えるメンズファッションブランドジュンハシモトの橋本淳氏だ。地方から東京に進出し、世界を目指す2人。人並外れた頭脳と行動力で、未来を ...

  • 「着心地の良さ」が仕事に与えるメリット

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    大自然に囲まれた徳島県那賀郡。そこにルーツを持つ2人の天才がいる。日本を代表するウルトラテクノロジスト集団チームラボの代表、猪子寿之氏と、表参道ヒルズにフラッグショップを構えるメンズファッションブランドジュンハシモトの橋本淳氏だ。地方から東京に進出し、世界を目指す2人。人並外れた頭脳と行動力で、未来 ...

  • 徹底的なコンセプト作りが斬新な商品を生む

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    大自然に囲まれた徳島県那賀郡。そこにルーツを持つ2人の天才がいる。日本を代表するウルトラテクノロジスト集団チームラボの猪子寿之氏と、表参道ヒルズにフラッグショップを構えるメンズファッションブランドジュンハシモトの橋本淳氏だ。地方から東京に進出し、世界を目指す2人。人並外れた頭脳と行動力で、未来を創造 ...

  • ラーメンを世界へ、日本酒を宇宙へ 若き経営者の夢

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    今や大手企業をも揺るがす深刻な事態となっている後継者問題。二代目が見つからない、創業者との間に深い亀裂が生じるなど、大勢の経営陣が頭を抱えている。しかし飲食業界に、数多の経営者が苦悩する伝統の継承をサラリと行い、次なる挑戦を楽しんでいる2人の若き社長がいる。旭酒造の桜井一宏氏と、麵屋武蔵の矢都木二郎 ...

  • 海外展開か門外不出か、大チャンス時代の経営戦略とは

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    今や大手企業をも揺るがす深刻な事態となっている後継者問題。二代目が見つからない、創業者との間に深い亀裂が生じるなど、大勢の経営陣が頭を抱えている。しかし飲食業界に、数多の経営者が苦悩する伝統の継承をサラリと行い、次なる挑戦を楽しんでいる2人の若き社長がいる。旭酒造の桜井一宏氏と、麵屋武蔵の矢都木二郎 ...

  • クレームは会社にとって「ビタミン剤」のようなもの

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    今や大手企業をも揺るがす深刻な事態となっている後継者問題。二代目が見つからない、創業者との間に深い亀裂が生じるなど、大勢の経営陣が頭を抱えている。しかし飲食業界に、数多の経営者が苦悩する伝統の継承をサラリと行い、次なる挑戦を楽しんでいる2人の若き社長がいる。旭酒造の桜井一宏氏と、麵屋武蔵の矢都木二郎 ...

  • 跡を継ぎたいと思ったのは「獺祭のうまさ」に気づいたから

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    いまや大手企業をも揺るがす深刻な事態となっている後継者問題。二代目が見つからない、創業者との間に深い亀裂が生じるなど、大勢の経営陣が頭を抱えている。しかし飲食業界に、数多の経営者が苦悩する伝統や企業DNAの継承をサラリと行い、次なる挑戦を楽しんでいる2人の若き社長がいる。旭酒造の桜井一宏氏と、麵屋武 ...

  • 日本は「ラッピング教育」から脱せよ! 乙武洋匡 x 佐俣アンリ

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    日本は南アフリカに似ている! と言っても、なんじゃそりゃ? とお思いだろう。先日、アフリカを旅してきた若きベンチャーキャピタル代表・佐俣アンリ氏と、佐俣氏から「死ぬほどポジティブ!」と評される乙武洋匡氏。投資と教育という一見異なる視点の二人が一致したのは、「人は誰しも生まれもって変人だ」という持論。 ...

  • 抜け道好きな日本が生みだす「危機不感症の若者たち」の行く末

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    アメリカにおける日本経済研究の第一人者であり、コロンビア大学・日本経済経営研究所の所長を務めるヒュー・パトリックと、日本経済論と金融論でわが国を代表する経済学者として知られる伊藤隆敏。二人が着目したのは、時代の変化に対応することを恐れ、「抜け道」を探す日本の姿だ。その先に何が待ち受けているか。二人に ...

  • 多様な人材が期待以上の成果を挙げる、オンサイト型会計アウトソーシング

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    クリエイティブな経営手法で会計業務の常識を次々と覆すサンライズ・アカウンティング・インターナショナル、西山昌彦社長。本誌副編集長谷本有香が有能な人材を揃える同社の秘密に迫る。谷本有香(以下谷本):御社は、国内上場企業、外資系、製薬、アパレル、金融、ITなど、業種を問わずさまざまなお客様と取引されてい ...

  • 【鼎談1万字!】日本のマネーマスター3人が語る「資産大国ニッポン」への道

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    日本を、金融市場を活性化するためには、何が必要なのか。ゆうちょ銀行の佐護勝紀副社長、GPIFの水野弘道最高投資責任者、本誌編集長の高野真。巨大マネーを動かしてきたマネーマスター3人に、資産運用の未来を聞いた。高野:我々3人は同時期に外資系金融機関で働いていました。それぞれ企業や立場の違いはありました ...

  • 【作家対談】竹内 薫x波多野 聖 人工知能が「小説の世界」を現実にする日

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    AI(人工知能)が金融市場に投入された世界を描く、連載小説「バタフライ・ドクトリンー胡蝶の夢ー」。作家・波多野聖が考える“近未来”を、サイエンス作家の竹内薫はどう見たのか? AIと量子コンピュータを巡る「3つのテーマ」をもとに語り尽くした、スペシャル対談。ーAI(人工知能)と ...

  • 平均年齢35歳、国の伝統技術を支える -「大栄木工」三代目の挑戦

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    株式会社 大栄木工は、天然秋田杉材の産地として有名な秋田県能代市にある。木製防火戸、木製建具などを専門に扱いながら木都・能代の産業を支え、今年創業71年を迎えた。大栄木工の社名を知らなくても、製品は多くの目に触れているに違いない。納入先は迎賓館や宮内庁が管轄する吹上御所山里門、大使館、外資系ホテル、 ...

  • ラスベガス不動産王が教える、日本人の不動産投資失敗パターン

    谷本 有香 , Forbes JAPAN 編集部

    2013年、ウォールストリート・ジャーナルが選ぶ「全米不動産ビジネスパーソン13位」に輝いたAppleton Propertiesの代表取締役社長、フィリッペ・ジアード氏。得意のエンジニアリング技術を武器に、総額2000億円以上の開発プロジェクトで成功経験を持つ。「ラスベガス王」の異名を持つジアード ...

  • 年商10億円のオーガニックコスメ、Gabriel社をつくった男の半生

    Kate Harrison , CONTRIBUTOR

    パーソナルケアの世界市場は、2020年までに159億8,000万ドル(約1兆6,350億円)規模に達すると予測されている。フランスの化粧品大手ロレアルや英ザ・ボティショップ(2007年にロレアルが買収)といった大企業の業績の伸びが、市場の拡大を牽引している。しかし、多くの中小企業もまた堅調な伸びを見 ...

  • 米不動産王が語る、ラスベガス不動産投資の魅力とは?

    谷本 有香 , Forbes JAPAN 編集部

    「ラスベガス不動産王」の異名を持つAppleton Propertiesの代表取締役社長、フィリッペ・ジアード氏。ジアード氏といえば、2013年、ウォールストリート・ジャーナルが選ぶ「全米不動産ビジネスパーソン13位」にも輝いている。自らのバックグラウンドであるエンジニア資格を武器に、総額で2,00 ...

  • 農家出身、目指すは宇宙で食料生産![私がこの起業家に投資した理由]

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    北島正裕、安田瑞希が2014年3月に創業したファームシップは、(1)植物工場事業者のための収益化ソリューションを提供する「植物工場事業」、(2)首都圏、関西圏への販売ネットワークを活かした仕入販売や物流網の構築などを行う「農産物流通事業」、(3)生産工程、生産数量、需給に関するビッグデータ解析などを ...

  • JAXAの宇宙技術を民間へ、人類を救う宇宙ビジネスの未来

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    宇宙開発に使われる超高度な技術を、民間で活用できないか––。宇宙航空研究開発機構(JAXA)の奥村直樹理事長、電通の国見昭仁クリエイティブ・ディレクター、本誌・高野真編集長が、宇宙ビジネスと技術活用の未来を語る。国見昭仁(以下、国見):JAXAは今、宇宙技術を民間企業や社会で ...