• 「自家用ジェット貸します」 高級化するシェアリングエコノミー

    Shellie Karabell , CONTRIBUTOR

    シェアリングエコノミーは、金融危機や求人市場の停滞に伴い、人々が空いた時間と物を有効活用して稼ごうとしたことから始まったものかもしれない。だが、若者世代が物の所有権から「使用権」にシフトする中、今やシェアリングエコノミーは主流なものとなった。会計事務所大手プライスウォーターハウスクーパース(PwC) ...

  • 英ハロッズを支える伝統と「独自の視点」、社長が語る成功の鍵

    Barry Samaha , CONTRIBUTOR

    高級品市場では小売各社の競争が激しさを増している。多くの企業が客足の増加と顧客のブランド忠誠度の向上を目指し、実現のための新たな方法を模索している。年間売上高に大きな影響を及ぼすホリデーシーズンには各社とも、そうした取り組みに特に力を入れる。小売業者の多くはより幅広い層の顧客を獲得することを狙い、苦 ...

  • 超富裕層になるために「〜すべき」をやめるべき理由

    Russ Alan Prince , CONTRIBUTOR

    自力で富を築き「超富裕層」(純資産5億ドル、565億円)の仲間入りをした人たちの多くによれば、あなたの利益になるような行動を誰かに取ってもらいたい場合、あるいはその人にとっての利益になると「あなたが考える」行動を取ってもらいたい場合、必要なのはその人に「should(~すべき)」という言葉を使わない ...

  • 富裕層が好んで「オペラ」にお金をつぎ込む理由

    武井 涼子 , CONTRIBUTOR

    モノがあふれ「モノより経験」の価値が重視される世の中の流れを受け、「所有」よりも「時間」を使う贅沢へ意識のシフトが進んでいます。米作家エリザベス・カリッド-ハケット氏の著作「The Sum of Small Things: A Theory of the Aspirational Class」による ...

  • 続く中国人富裕層の国外流出、移住先1位はロサンゼルス

    Kenneth Kim , Contributor

    中国の習近平国家主席とドナルド・トランプ米大統領について、北朝鮮問題や貿易をめぐる関係の悪化を懸念するさまざまな声が聞かれる一方、中国人の米国好きは変わらないことが分かった。より正確に言えば、中国の「富裕層」は依然として、米国が大好きだということだ。 中国の胡潤研究所 (Hurun Research ...

  • トランプ側近の娘婿、J・クシュナー 実家の資産は1990億円

    Chloe Sorvino , Forbes Staff

    不動産事業を手掛ける裕福な一家の長男として育ったジャレッド・クシュナーは、ドナルド・トランプ米大統領の娘婿として、その名をますます広く知らしめている。トランプの長女である妻のイヴァンカとともに、大統領執務室があるホワイトハウス西棟にオフィスを構える存在となった。フォーブスの調査によると、ジャレッド・ ...

  • 「インド人富裕層」の人口爆発 2025年には3300万人突破予測

    Kenneth Rapoza , CONTRIBUTOR

    今から10年も経たないうちに世界のあらゆる産業は3つの市場にフォーカスしていくことになる。アメリカと中国、そしてインドだ。インドには若い人口が多く、消費意欲が活発でインド人たちはテクノロジー好きだ。インドは中国に次ぐポジションを得ようとしている。ボストン・コンサルティング・グループ(BCG)は3月2 ...

  • 急拡大の中国「富裕層向け」旅行市場 23兆円を狙う国内業者たち

    Sarah O'Meara , CONTRIBUTOR

    世界旅行ツーリズム協議会(WTTC)のデータによると中国の旅行者が昨年、海外旅行で使った金額は2,150億ドル(約23.4兆円)に達し、2014年の倍以上に増えた。世界最大の消費国に成長した中国人マネーを呼び込もうと、富裕層旅行者向けの商品も数多く登場している。中国では国内旅行もブームとなっている。 ...

  • トランプの新ホテル、名称はトヨタが捨てた「サイオン」に ブランド崩壊の回避策か

    David Kiley , CONTRIBUTOR

    大失敗に終わりそうな米大統領選の共和党候補ドナルド・トランプの選挙活動が直面する現実は、ある犠牲者を生み出した──トランプの「ブランド」だ。不動産王トランプはこれまでの方針を転換、新たに展開するホテルには、自身の名を付けないことに決めた。トランプがミレニアル世代を主なターゲット層としてオープンする新 ...

  • 中国富裕層がハマるマナー教室 「10日間で150万円」の高額講座も

    Marianna Cerini , CONTRIBUTOR

    急に金持ちになり、周囲の環境が変わってしまった中国人女性たちは、エチケットや公共の場所でのふるまい方などのマナーの習得に関心を高めている。中国で最初のフィニッシングスクール(文化や教養を身につける学校)であるInstitute Sarita(瑞雅礼儀)は、香港人のサラ・ジェーン・ホーが、レベッカ・リ ...

  • 富裕層が「国内では投資も浪費もしない」パキスタンの懸念

    Panos Mourdoukoutas , CONTRIBUTOR

    パキスタンの富裕層は、投資や浪費をする際、同国の大都市カラチよりもロンドンやニューヨーク、ドバイを好むらしい。国連開発計画(UNDP)の元パキスタン事務所長であるマーク・アンドレ・フランシェが、そう指摘している。「ビジネスをするにあたって、安価で教養のない労働力を活用するエリート層はいない。また彼ら ...

  • シャオミ、中国300か所にリアル店舗 富裕層の取り込み狙う

    Yue Wang , FORBES STAFF

    シャオミ(小米)のレイ・ジュン(雷軍)CEOは先週、小売りチャネルを広げるために、中国で販売店300店舗を開設することを明らかにした。同社はこれまで、製品をオンラインで限定販売する手法を取っており、戦略転換は業界関係者を驚かせている。シャオミの昨年のスマホ出荷台数は7,000万台で、目標の8,000 ...

  • UBSの“コンシェルジュ”が語る、世界の「超富裕層」の知られざる悩み

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    世界の富裕層の動向を知り尽くすプライベートバンク、UBS。約58億円以上の金融資産を有する「超富裕層」の、変わらない姿、変わりゆく姿とは。「統計によると、ファミリービジネスの実に90%が創業後、3代で消えてなくなることがわかっています」スイスに本拠を置くUBSの大手町オフィスの一室ーー。同行で世界の ...