• 米学校での発砲事件、「失業率」との間に強い相関関係

    Erik Sherman , CONTRIBUTOR

    乱射事件に限らず、毎年数多く発生している学校での銃発砲事件についての大きな疑問は、その“根本的な原因”は何かということだ。銃が入手しやすいことが原因だという声もあれば、精神疾患や社会的孤立、社会との断絶だと指摘する声もある。だがノースウェスタン大学の研究チームは、詳細なデータ ...

  • 激化する米国「私大サバイバル」、危機を脱した3大学が取った手段とは

    Matt Schifrin , FORBES STAFF

    いま、アメリカの大学教育が揺れている。エリート大学に世界の叡智が結集する一方で、小規模の大学が破綻に追い込まれているのだ。オンライン講義の広がりや、大学不要論にどう向き合うかー。グローバル化の中で大学全入時代を迎えた日本も他人事ではない。アメリカの大学から、日本の明日の大学の姿が見えるはずだ。カチッ ...

  • 育て、ギークな開発者!石巻から世界を目指せ

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    起業家から、NPO、大学、老舗企業まで、住民総出の街づくり。あなたの街でも、すぐに真似できるモデルがあるかもしれない。全国23拠点を持つトーマツベンチャーサポートからの協力を得て編集部で厳選した、今、最もおもしろい地方のアイデア集。育て、ギークな開発者! 石巻から世界を目指せ「夢はシリコンバレーの開 ...

  • 体育の授業のおかげで、理科のテストで世界一に!

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    学校の体育の評価方法は間違っていないだろうか。そう思わせる事実がある。理科のテストで世界一になった学校は、「ゼロ時限体育」なるプログラムを取り入れていたのだ。初めて東京マラソンを走ったのは2008年のこと。10キロ以上走ったことのない私は、参加に当選してから慌てて走り込みを開始。太股を痛めながらも何 ...

  • 「世界一面白いサマーキャンプ」GAKKOを生んだ日本人起業家

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    「世界中にはクリエイティブな人たちがたくさんいます。彼、彼女らが自由に教える“夢の学校”があったらどんなにいいか」そんな思いから、古賀健太は「GAKKOプロジェクト」を2012年のイェール大学在学中に立ち上げた。その後古賀は、パランティア・テクノロジーズ、グーグルXスタートア ...

  • 川上量生x竹内 薫、私たちが「新しい学校」をつくる理由

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    ネットの高校「N高等学校」を開校するカドカワ社長、川上量生と「MIRAI小学校」を設立予定のサイエンス作家、竹内薫。お二人に聞きました。これからの人材に必要な学びとは新しい時代には、新しい学びの場があっていい—。今年4月にカドカワ(昨年、KADOKAWA・DWANGOから社名変更)がスタ ...

  • 卒業生の初任給は1,300万円! 人気プログラマー養成学校訪問

    増谷 康 , CONTRIBUTOR

    最近、アメリカでは短期間にプロのエンジニアを育てる学校が増えている。そこではいったいどんな教育が行われているのだろうか。エリートたちが集まることで知られるサンフランシスコの学校を訪ねた。サンフランシスコの中心街にある一棟の目立たない雑居ビル。エレベーターで7階に上がると、広いフロアではラフな格好をし ...