• なぜ、今、あえて日本で子育てをするのか?

    秋山 ゆかり , Official Columnist

    2015年に第一子を出産した私は、日本で子どもを育てることを決めました。少なくとも小学校までは日本で育てたいと強く思っています。これまでに仕事を通して30か国ほどを見る機会に恵まれてきましたが、いくつかの観点から東京が子育てに良いと考えているからです。多くの知人からは、この結論に対して「子育てがしに ...

  • 家族留学から見えてきた、いまこそ考えるべき「家族の組織論」

    新居 日南恵 , Official Columnist

    家族は“小さなチーム”である──多くの子育て中の女性達にお話を伺った中で、繰り返し聞いた印象的な言葉だ。私は2014年にmanma(マンマ)という組織を立ち上げ、「家族留学」という取り組みを中心に運用してきた。これは、結婚・子育てに対して不安や関心をもつ若者が、実際に子育て家 ...

  • 子どもを優秀なリーダーにする10の方法

    Deep Patel , CONTRIBUTOR

    親であれば誰もが自分の子どもの成功を願うだろう。勇敢なリーダーとして、何にでも挑戦できる人間になってほしいと思うのは当然だ。しかし、子どもにリーダーシップの特質を教え込むには多くの実践と忍耐が必要だ。子どもの潜在能力を最大限に引き出すとはどういう意味かを議論するには、1日がかりでも足りないだろうが、 ...

  • 変わる米国の家族、専業主夫は2013年時点で200万人に

    Neale Godfrey , CONTRIBUTOR

    世界は変化している。伝統的な男女の役割も同様だ。母親たちはもはや、エプロンにまとわりつく2人の子供たちの相手をしながらベーコンを焼かなくてもいいし、父親たちは必ずしも、そのベーコンを買うために働かなくてもいい。有意義なキャリアを積みながら子供も持ちたいと考える女性たちは多い。また、子供の世話に専念す ...

  • 男性の「ギーク度」は父の年齢で決まる? 英国の1.2万人を調査

    Bruce Y. Lee , CONTRIBUTOR

    もしあなたが男性で、将来「ギーク」な息子が欲しいと思っているなら、子供を持つのはある程度の年齢まで待った方がいいかもしれない──。精神医学誌「トランスレーショナル・サイキアトリー(Translational Psychiatry)」の電子版に6月20日に発表された論文によると、父親の年齢が高い方が、 ...

  • 元グーグル社員が予測する「テクノロジーと育児」の未来

    Quora , CONTRIBUTOR

    近い未来、テクノロジーは子育てをどう変えるのか? 質問サイトQuoraに寄せられた質問に、元グーグルのプロダクトマネジャーであるロブ・エナルズが回答した。未来のテクノロジーが果たす役割を予測する方法の一つは、これまでテクノロジーが子育ての各局面をどのように変えてきたかを振り返り、その続きを想像してみ ...

  • ワンコインで子育てをシェアする現代版「ご近所付き合い」

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    昨年、スタンフォード大学に講師として呼ばれた。甲田恵子が代表を務めるAsMamaは、ワンコインで顔見知り同士が子育てをシェアできるサービス。海外からも熱い視線が注がれるのはなぜか。「自分たちの手で世の中を良くしようとし、そして自立経営している。そこを凄く面白がってもらえた」 そう甲田は振り返る。As ...

  • 「育てる人」が使ってはいけない5つの言葉 将来に悪影響も

    David Marquet , Contributor

    自分に依存する相手を徐々に自立させていくという点で、子どものしつけはリーダーシップを取ることだともいえる。相手の成長と能力を常に評価しながら、自ら決断を下すことができるように導いていくことだ。そこで、子どもをしつける親がよく口にする言葉のうち、将来に重大な悪影響を及ぼす可能性がある5つを紹介する。1 ...

  • イクメンは懲罰対象? 英企業が抱える「断絶」のリスク

    Dina Medland , CONTRIBUTOR

    英国では、企業が男性従業員らに「父親であることへの罰」を科すようになっている。多くの父親たちが仕事と家庭生活のバランスを取ろうとキャリアを後回しにする傾向が見られる中で、企業が取るそうした態度の危険性が指摘されている。ワークライフバランス推進のための活動を行う慈善団体ワーキング・ファミリーズとブライ ...

  • 妊婦が魚を食べると「子供の発達に好影響」という研究結果

    Forbes.com CONTRIBUTORS , CONTRIBUTOR

    妊婦が魚を食べるとその子供は認知機能が高まり、ASD(自閉症スペクトラム)等の発達障害が起こりにくいことが、スペインの環境疫学研究センターCREALの研究で分かった。調査対象となったのは妊娠中の女性約2,000人。食事の内容と合わせ、脂が多い大型の魚(マグロ、メカジキ等)、脂が多くより小さい魚(サバ ...