• 子どもが行う瞑想の効果は大? 成績向上やADHDの症状改善も

    Alice G. Walton , CONTRIBUTOR

    瞑想と子どもの脳の発達の関係についての研究は、大人の脳との関連性についての研究ほどは進んでいない。だが、マインドフルネスの練習を含め、子どもたちにとっても有効であることを示すいくつかの調査結果が示されている。大人たちにとって永遠の心配事の一つは、子どもに注意力があるかどうかだ。2004年に発表された ...

  • 子どもの大学費用、最も着実に備えをしているのはミレニアル世代

    Kate Ashford , CONTRIBUTOR

    アメリカで大学費用のための貯蓄が増加傾向にある。学生向け教育ローン大手のサリーメイ(Sallie Mae)と調査会社イプソス(Ipsos)が共同で実施した調査によれば、「子どもの大学費用のため」に貯蓄をしている親は、2015年の48%が2016年は57%となり、貯蓄額は平均1万40ドル(約102万円 ...

  • 通常品とそっくりで紛らわしい、米「スマートスナック」の実態

    Nancy Fink Huehnergarth , CONTRIBUTOR

    子どもの肥満問題を扱う医学雑誌チャイルドフッド・オビーシティー(Childhood Obesity)に発表された研究報告によると、各ジャンクフードメーカーは米国内の学校で“紛らわしい”スマートスナック(健康的なおやつ)を販売し、子どもや親たちを意図的にだましている可能性がある ...

  • 10代の食生活と乳がん発症リスクの関連性、追跡調査で再確認

    Alice G. Walton , CONTRIBUTOR

    10代の頃の食生活が、10年以上経った後に乳がんを発症する可能性と深く関連している可能性があることが改めて確認された。青年期(あるいはそれ以前)に健康的な食習慣を身に付けておくことは、その後の健康により大きな影響を及ぼすと考えられる。過去にも同様の関連性を示唆する研究結果が公表されており、今回の発表 ...

  • 自閉症の子供の療育を支援、イノベーション女子 熊 仁美

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    「もう少し見守りましょう」「ありのままを受け入れよう」自閉症の子供を持つ親たちは、決まって一度はそんな言葉を掛けられる。でも、それって子供たちの可能性を奪ってはいないか?ADDSの共同代表の熊 仁美(31)は、ずっとそんなふうに考えていた。たとえば米国の多くの州では、子供に支援が必要だと判断されれば ...

  • お手本はザッカーバーグ? 「父親の育休」先進企業の取り組みと課題

    Karsten Strauss , FORBES STAFF

    先見性のある企業は、父親の育児休暇制度を本格的に導入しているようだ。最近のある調査によると、意思と豊富な資金のある企業は、新米パパ(あるいは両親)のために仕事と家庭の両立をぐんとやりやすくしている。父親の育児情報&コンサルティングサイトFatherlyでは先日、新米パパにとって最も働きやすい企業のラ ...

  • 子どもの電子たばこ中毒が急増 管理には十分な注意を

    Tara Haelle , CONTRIBUTOR

    米小児科専門誌Pediatricsに最近掲載された研究報告によれば、5歳未満の子どもにおける電子たばこ関連の中毒件数は、2015年前半までのわずか3年間で15倍に増加した。米食品医薬品局(FDA)は最近、電子たばこも葉巻や無煙たばこ、その他のたばこ製品と同じように規制すると発表。これで18歳未満への ...

  • 玩具業界の成長、カギは「脱ノスタルジア」か 性別分け否定が主流へ?

    Bonnie Marcus , CONTRIBUTOR

    バービー人形で遊んで育った世代には、身体イメージに問題を抱える女性が多い。あの人形の体のバランスは、実際の人間にはどう考えてもあり得ない。非現実的であり、当然ながら感受性の強い少女たちにとって有害だ。調査結果からも、バービー人形の非現実的なプロポーションが少女たちの自己評価に悪影響を与えていることが ...

  • ユニセフ、子供の未来を創るスタートアップに資金援助開始 

    Federico Guerrini , Contributor

    発展途上国の子供たちの暮らしを変える、オープンソース技術の開発を進めているスタートアップ企業に朗報だ。ユニセフが投資先を探している。ユニセフが立ち上げたイノベーション・ファンドは、1回目の投資ラウンドで900万ドル(約10億円)を調達した。2015年下半期に実行した20の投資は、子供や若者の学習や社 ...

  • 受動喫煙で子どもが肥満に? 最新の研究で危険性が判明

    Bruce Y. Lee , CONTRIBUTOR

    受動喫煙 (副流煙) による肺がん、心臓疾患などの発症の危険性は、過去の研究によってすでに明らかになっている。だが、最新の調査の結果、これらは肥満や思考障害の原因になる可能性もあること分かった。医学雑誌「チャイルド・オビーシティ」 (Child Obesity) に発表された論文によると、受動喫煙は ...

  • 標的になりやすい子どもの個人情報を守るために

    Forbes.com CONTRIBUTORS , CONTRIBUTOR

    インターネット上で個人情報が流出する問題が後を絶たない。大人が個人情報保護のためにアラートを設定したり、カード情報をチェックしたりと対策をする一方で、子どもは標的になりやすい状態が続いている。子どもが被害者となるケースは数年明るみに出ないこともあるため、大人になってから面接に落ちたり、ローンが組めな ...

  • 全ての子供に「自分みたいな人形」を 英#ToyLikeMeが資金調達

    Janet Burns , CONTRIBUTOR

    ジャーナリストでクリエイティブ・コンサルタントのレベッカ・アトキンソンは昨年、数えきれないほどある自分の子供たちのおもちゃの中に、障害のある子供の姿をした人形がないことに気が付いた。調べてみると、そうした子どもの姿をした人形は、基本的に存在していないことが分かった。英ガーディアン紙への寄稿によれば、 ...

  • テクノロジーが崩壊しつつある現代の食卓の救世主になる方法

    Michael Wolf , Contributor

    今どきの子どもをもつ親として、夕食時に子どもの関心をこちらに向けさせるのは至難の業だ。iPhoneやiPad、iPodなど、電子機器のスクリーンから顔をあげさせて、フォークを持たせるのに一苦労だ。テクノロジーは食事の妨げになるだけでなく、ともすれば食事の時間そのものを奪ってしまう。私も妻も、家族の憩 ...