• 女性に優しい職場を作る3つの方法

    Michelle King ,

    女性が管理する女性のための職場がどのようなものか考えたことがあるだろうか? 数百万ドル(数億円)の売り上げを誇るインテリアデザイン企業、インテリア・マーケティング・グループ(IMG)の創業者、シェリル・アイゼン最高経営責任者(CEO)は、このような組織の構築に乗り出した。IMGでは、従業員の75%は ...

  • 「こうするしかない...」 友人のために奔走した女子学生の諦念

    大野 左紀子 , Official Columnist

    先日、NPO法人ピルコンが、性交後に飲む緊急避妊薬「アフターピル」の市販化などを求める署名キャンペーンを始めたというニュースがあった。アフターピルの市販化については2017年に厚労省で検討されたが、「薬局で薬剤師が説明するのが困難」「安易な使用が広がる」などの懸念を理由に否決されている。近年減少傾向 ...

  • 人の間に入り、寄り添う ささやかな理想形の追求

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    目まぐるしいスピードで変化し、複雑化する世界。数年前に思い描いた自分の将来像もあっという間に時代遅れになる。自らの本質へと近づく転身とは何か──。「私の名義で住宅ローンを組んで、建てました」と、今年5月にオープンしたばかりの真新しいシェアハウスでそう説明する加藤木桜子に自宅のことを聞くと、彼女は苦笑 ...

  • エクストラ世代の自信が、失敗を成功に導く

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    目まぐるしいスピードで変化し、複雑化する世界。数年前に思い描いた自分の将来像もあっという間に時代遅れになる。自らの本質へと近づく転身とは何か──。欧米のミレニアル世代は、自分のことを「エクストラ」と表現するという。スペシャル(特別)のさらに上、特上という意味だ。あるがままの自分を愛すことは自信となり ...

  • 紛争地帯から転身、休息を経て思い描く「平和のビジネス化」

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    目まぐるしいスピードで変化し、複雑化する世界。数年前に思い描いた自分の将来像もあっという間に時代遅れになる。自らの本質へと近づく転身とは何か──。瀬谷ルミ子は「武装解除人」と呼ばれることに違和感をもっていたという。彼女は20代からNGO、国連PKO、在外大使館を職場とし、武装解除のプロとしてルワンダ ...

  • 先延ばしをやめた時に始まった、原点回帰からの快進撃

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    目まぐるしいスピードで変化し、複雑化する世界。数年前に思い描いた自分の将来像もあっという間に時代遅れになる。自らの本質へと近づく転身とは何か──。仲本千津は2015年にRICCI EVERYDAYを創業した。同社は、原色を大胆に使った、色鮮やかなアフリカンプリント布のバッグをウガンダで生産し、日本で ...

  • 男の同僚が先に昇進する本当の理由

    Adunola Adeshola ,

    あなたは、これまでにさまざまなプロジェクトに名乗りを上げ、一生懸命働き、一貫して成果を上げてきた。自分は目覚ましい活躍をしてきたとさえ自負できるほどだ。それでも、喉から手が出るまで欲しかった昇進は与えられなかった。そして今、あなたは自分が正当な評価を得ていないと感じていら立ちを募らせ、何がいけなかっ ...

  • 女性の地位向上 ビジネス上の根拠を示せない企業の問題点

    Karen Higginbottom , Contributor

    女性の存在の重要性や、それが財務的業績と関係することを男性に理解させるのには、今なお時間がかかりそうであることが、30カ国の500人以上を対象にした調査により明らかになった。調査対象の国にはカンボジアからカーボベルデまでさまざまな国が含まれるが、回答者の多くは米国と英国からが多くを占めている。人材斡 ...

  • 5年後から逆算、証券会社役員を辞め医療系スタートアップへ

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    目まぐるしいスピードで変化し、複雑化する世界。数年前に思い描いた自分の将来像もあっという間に時代遅れになる。自らの本質へと近づく転身とは何か──。2017年2月。高岡美緒は8年勤めたネット証券大手、マネックスグループ執行役員新事業企画室長の職を退き、休職に入った。半年後に高岡が復帰したのは、長年歩ん ...

  • 女性が職場で怒るのはNG? 性差別克服のためできる3つのこと

    Janice Gassam ,

    全米オープンの決勝戦で大坂なおみと対戦し破れたセリーナ・ウィリアムズは、試合中に怒りを爆発させたことで先日トップニュースになった。セリーナは、試合中にコーチから指導を受けたとして警告を出した主審のカルロス・ラモスと白熱した議論を繰り広げた。主審から警告を受けたセリーナは異議を唱え、主審を「(ポイント ...

  • 「VERY」編集長が語る、30〜40代女性のリアル

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    街を歩く女性たちの声に直接耳を傾けては、いまを切り取り、時代を読む。徹底した読者調査によってヒット企画を連発してきた「VERY」編集長の今尾朝子が語る、30〜40代女性のリアルとは。行部数24万部を誇る女性ファッション誌「VERY」。2007年に35 歳の若さで社内初の女性編集長に就任した今尾朝子は ...

  • 世界で最もパワフルな女性たちの「気づき」の瞬間

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    多くの転機や困難な壁、子育てのカオスを潜り抜けたしなやかな筋肉は、イノベーションに必要な創造性と生産性に満ちている。輝く女性たちを世界中に追い求め、4度目を迎えるフォーブス ジャパンの女性特集では、仕事で人生で、多くの選択を迫られる女性たちの「判断軸」にフォーカス。そう、100を超える女性たちの「気 ...

  • 女性が活躍する社会、「叶えるのは起業の道」

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    女性活躍推進法が成立して間もなく2年となる。同法は、大企業に対して女性活躍のための数値目標を盛り込んだ行動計画の策定・公表を義務付け、女性役員や経営幹部の登用を奨励している。一方、日本の女性役員の数は3%台で、10%以上を保つ先進諸外国との差は大きいままだ。世界経済フォーラムが毎年発表している男女格 ...

  • 米ドラマ界を支える女性脚本家、ションダ・ライムズの人生

    Madeline Berg , Forbes Staff

    7月にフォーブスが発表した「アメリカで最も成功した女性」(America’s Richest Self-Made Women)ではトップ60位圏内に入らなかったものの、確固たるキャリアを築き、莫大な資産と影響力を持つ女性たちがいる。「グレイズ・アナトミー 恋の解剖学」や「スキャンダル 託 ...

  • シリコンバレーと世界のギャップを埋める、女性起業家の挑戦

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    「イノベーションはシリコンバレーだけで生まれるものではありません。次のiPhoneはどこから生まれるか分からないからこそ、多様な考え方や文化、スキルを持つ人が必要です」サビーン・アリが2011年に設立したエンジェル・ハックは、世界最大級の多様性を誇るハッカソンを開く。アリの両親はパキスタン生まれ。4 ...

  • 「自力で富豪」の米国女性 最注目は20歳のカイリー・ジェンナー

    Forbes Corporate Communications , FORBES STAFF

    フォーブスは7月11日、今回で4回目となる「アメリカで最も成功した女性」(America’s Richest Self-Made Women)ランキングを発表した。今年のランキングで最も注目の存在は弱冠20歳で、9億ドル(約1010億円)の資産を築き上げたカイリー・ジェンナーだ。リアリテ ...

  • サウジアラビア、女性の運転解禁で「10兆円の経済効果」

    Paul Armstrong , CONTRIBUTOR

    サウジアラビアで6月24日、女性の自動車の運転が解禁された。「ブルームバーグ・エコノミクス」は女性の運転解禁により、2030年までに900億ドル(約9.9兆円)の経済効果がもたらされると分析した。運転免許の申請を行なった女性の数は、最初の12時間だけで12万人に及んだという。この動きはライドシェア事 ...

  • 女性リーダーが黒を着る理由

    Sally Percy ,

    5年程前、私は数百ポンド(数万円)を使ってスマートなスーツを新調した。仕立て具合が良く、体形を引き立ててくれるスーツで、私はとても満足していた。さらに私は、そのスーツが自分にとってとても重要なメッセージ(真剣さ、プロらしさ、男性と比較した時の遜色の無さ)を体現していると感じていた。私は初めてそのスー ...

  • 「ガラスの天井破った」米GMトップ、39歳女性を役員に登用

    Joann Muller , FORBES STAFF

    女性として初めて世界の大手自動車メーカーの経営トップに就いた米ゼネラル・モーターズ(GM)のメアリー・バーラ最高経営責任者(CEO)はこのほど、高い業績を上げてきた同社の女性管理職を新たに「重役室」に迎えることを決定した。昨年7月からコーポレートファイナンス担当のバイスプレジデントを務めるディビア・ ...

  • 米国最大の女性起業家特化ファンド「リシンク・インパクト」

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    社会的意義だけではなく、利益獲得も両立させる社会インパクト投資。可能性を秘める女性の成功を支援する投資は、過去にない規模の資金を集めている。教師向けの新しい専門学習サイトのサービス「リーダラリー(Leaderally)」の創業者、キンバリー・リンソン(46)は2人の女性共同創業者とともに、長い間勤め ...

  • ヒラリー選挙チーム広報部長が贈る、女性リーダーへのアドバイス

    Frances Bridges , CONTRIBUTOR

    オバマ前大統領の副広報部長であり、2016年の大統領選ではヒラリー・クリントン陣営の広報部長を務めたジェニファー・パルミエリは、先日発売された著書の中で、ビル・クリントンとバラク・オバマの両政権、そしてヒラリーの選挙活動の最前線に立った自らの経験から得た見識や当時のエピソードを紹介している。新著『D ...

  • 目指すは「貫禄ある女性リーダー」 実践すべき3つのこと

    Carol Kinsey Goman , CONTRIBUTOR

    リーダーシップの役職に就き、高い指導能力を備えた人であっても、それだけではリーダーとしての存在感を発揮できない。リーダーの風格は、仕事で実績を得れば必ず付いてくるものではないし、実際の人柄や能力を反映しているものでもない。リーダーとして見られるかどうかは全て他者の評価によって決まるため、顧客や同僚、 ...

  • 闘いながら少女を先頭へと押し上げる、タフな女たちの気概

    大野 左紀子 , Official Columnist

    平昌オリンピックが閉会して2週間、現在はパラリンピックで競技者たちがメダルを競っている。五輪に女性が参加できるようになったのは、1900年の近代オリンピック第2回から。19カ国1066人の選手のうち、女性は12人だけだったという。さらに当初はテニスやゴルフのみで、大会側が「女性らしい」と見なした競技 ...

  • 女性の幸福と高収入を実現できる5つの「新しい」仕事

    Kerri Zane , CONTRIBUTOR

    新しい自分として、新しくクールな仕事を始める準備ができている大人の女性たちにとって、過去の仕事の経験が今ほど役に立つときはないだろう。自分の才能とスキル、知識をもっと活用できる「新しい」5つの仕事を紹介する。・「斧(おの)投げ」ゲームマスターカナダで生まれた「斧投げ」の人気が、米国でも高まっている。 ...

  • 女性は、交渉の場面で不利なのか?

    林 久美子 , Official Columnist

    「女なんだから、しおらしくしておけ!」「女なんだから、助けてくださいと言え!」自分の思い通りの方向に物事が進まず、狭い部屋に苛立ちの声が響いた。いずれも、現職の男性国会議員が、女性国会議員に対して投げつけた暴言の一部である。政治は交渉の場面が多い。誰と誰が組むのか、どの法案を優先して成立させるのか、 ...

  • 現役大学院生が「家族留学」プログラムを始めた理由

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    優秀な学生ほど、就職活動の際に働きやすさを重視する傾向が高まってきている。「昔あったコピーの『24 時間戦えますか』というマインドは、今の学生はもう持っていません」。新居日南恵はそう指摘する。現役の大学院生としての肌感覚や、学生に働き方や家族のあり方を学ぶ機会を与える事業が、彼女の考えの根拠だ。 新 ...

  • 元「女王様」のキャリアコーチが語る 相手に支配されない方法

    J. Maureen Henderson , Contributor

    カシア・ウルバニアクの名前を耳にしたことのない人でも、間もなく彼女のことを知ることになるかもしれない。SMの“女王様”からプロのキャリアコーチに転じたウルバニアクは最近、ニューヨーク・タイムズ紙で取り上げられたほか、ファッション情報サイト「ザ・カット」でも詳細な紹介記事が掲載 ...

  • 外資企業だから気づいた「日本企業の働きにくさ」

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    フェイスブックは4年ほど前から全社的に職場のダイバーシティの向上を目指し、その進捗を世界に向けて発信し続けてきた。社員の働きやすさを追求することにも積極的で、マーク・ザッカーバーグCEOが数か月間の育児休暇を取得したことは象徴的だ。COOのシェリル・サンドバーグも、あらゆる場面で、女性が成功する機会 ...

  • 日本IBMが20年かけてたどりついた「本気の女性活躍支援」の姿

    堀 香織 , CONTRIBUTOR

    1960年代から4年制大学卒業の女性を積極的に採用し、「女性が活躍できる会社」として長年認知されてきた日本IBMだが、本格的な女性活躍の分岐点はやはり98年のJapan Women’s Council(JWC)設立だろう。背景にあるのは、前年に米国本社が発表した国別IBMの女性管理職割合 ...

  • 風土を変える第一歩は「恥ずかしい経験」の共有から

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    日本最大の美容サイトを成功させ、今や企業の社外取締役などとしてリーダーシップの場を広げている。山田メユミにリーダーとして大きな成長をもたらしたのは「家庭との両立」だった。子育てがひと段落して仕事に復帰する女性は珍しくないが、山田メユミの場合は逆だった。共同創業した会社が「手離れ」してから、子育てを始 ...