• 消えゆく「ハレとケ」の文化と女子のヘアサロン投資

    山田 茜(女子学研究家) , Official Columnist

    友人の結婚式に参列するため、銀座のとあるヘアサロンに出かけた際に面白い話を耳にしました。銀座という土地柄、これまでは平日の夜、クラブやキャバクラに出勤する女性たちの利用客が多かったらしいのですが、ここ1、2年、同じ平日の夜、デートや友人との食事の前にヘアサロンを利用する女性たちが増えているというので ...

  • SNSが変える女子の「友達観」 関係はより健全に?

    山田 茜(女子学研究家) , Official Columnist

    SNSが「出会い系」サイトと似て非なる役割を担うようになったのは、いつからでしょう。ネットで知り合ってリアルで会う。この行為が男女に運命の出会いをもたらしたケースもあれば、悲しい事件を招いたことも幾度もあり。しかし、今やその行為が主に「同性」または「嗜好が同じ者」同士で急速に普及しています。旅が好き ...

  • ハイ&ローを駆使する女子の審美眼を満たすには

    山田 茜(女子学研究家) , Official Columnist

    平日ランチはコンビニおにぎり、でも休日は高級ホテルでアフタヌーンティー。いわゆる節約ではなく、「価値があると認めたことにはお金を出す」という目的のもと、ポジティブにやりくりする女子について以前取り上げました。このやりくりは、平日・休日というシチュエーションに限らず、もっと細かく、日々あらゆるシーンで ...

  • プライバシーを「コンテンツ化」するイマドキ女子のサービス精神

    山田 茜(女子学研究家) , Official Columnist

    プライバシー侵害。この言葉は最近あってないようなもの、と感じます。女子は元来「干渉」が多いといわれがちですが、今や世は1億総干渉時代。SNSの盛り上がりとともに、「こんなことまで聞いちゃっていいの?」という“かゆいところに手が届く”ような情報が溢れ、ひと昔前であればプライバシ ...