• 「失敗力」の育み方 学校での実践と大人の意識改革

    小林 りん , Official Columnist

    私が尊敬するある経営者は、いつも「成功は、時に、嘘の友だちと本物の敵を作る。失敗は、成功のための経験と、本物の仲間を生む」と言っている。そして私は、それは教育現場でこそ体験すべきことだと考えている。いまや多くの教育現場で、先生たちはモンスターペアレンツに慄き、昨今では訴訟リスクにも怯えながら、なかな ...

  • 自分の評判を守り、上げる効果的方法

    Jill Griffin ,

    英語には「名声は銀に勝る」ということわざがある。私は実業界で長年過ごした経験から、このことわざがまったくもって正しいことを学んだ。事実、自分の評判はその人のキャリアで最も重要な資産になり得る。素晴らしい評判は信頼を築き、人々にインスピレーションを与える。良い評判に勤勉さや万全な準備を組み合わせれば、 ...

  • なぜ、約7割のスタートアップが失敗に終わるのか?

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    近年、シリコンバレーを中心に、多くのスタートアップが大企業へと成長している。例えば、2005年に学生たちが立ち上げたウェブサイトに1480万ドルを投じたベンチャー投資会社アクセル・パートナーズは56億ドルのリターンを得ている。その企業こそ、今や14億人以上のユーザーを抱える世界最大のSNS「フェイス ...

  • 「負け犬」にも勝ち目はある 成功に必要な6つの行動

    Avery Blank , CONTRIBUTOR

    周囲が自分に対して払うべき敬意を払っていないと感じれば、誰でも腹立たしく思うものだ。たとえ「負け犬」と思われたとしても、私たちはキャリアアップを目指す全ての人が持つべき気持ちを、変わらず持ち続けている。負け犬の心を強くして障害を乗り越え、成功するために必要なのは、次の6つの行動だ。1. 目標を立てる ...

  • 失敗からのみ学べる人生の教訓10選

    Liz Ryan , CONTRIBUTOR

    以下は読者のキャムから寄せられた便りと、それに対する私からの回答だ。2017年は私史上最悪の年でした。1月に私はある会社から解雇されました。私と会社のアートディレクターの間には、クリエイティブ面での意見の相違がありました。アートディレクターは私の上司ではありませんでしたが、とても大きな地位のある人で ...

  • スタートアップ経営者が「2回目のチャレンジ」で失敗する時

    Quora , CONTRIBUTOR

    起業家が2度目の起業で陥りやすい過ちは何だろうか。質問サイトQuoraに寄せられたこの疑問にAI関連企業SafeGraphのCEOであるAuren Hoffmanが答えた。初めての起業で成功したアントレプレナーの多くが2度目の起業で犯す過ちに挙げられるのが、参入分野を間違えることだ。自分のアドバンテ ...

  • 柳井正と孫正義に共通する「原体験」と「失敗力」

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    韓国で大富豪になるためには「金のスプーン」が必要とされるが、日本は違う。ただし、大きな成功を得るために、通り過ぎなければならない「道」がある。日本最大の優良企業とされるトヨタ自動車は、時価総額も日本一である。そのトヨタの創業家出身の豊田章男社長はなぜ長者番付に現れないのか。ランキングの上位者の顔ぶれ ...

  • 日本に「失敗を許容する」カルチャーを

    高野 真 , Forbes JAPAN 編集部

    シリコンバレーにおける成功のキーワードは「リスク」である。米国にはリスクマネーがあり、リスクを取る起業家がいて、そしてリスクを取って失敗した人を許容するカルチャーがある。日本人はリスクを取りたがらない民族だと言われる。リスクを取って投資する人もリスクを取って起業する人も少ない。しかし本当に問題なのは ...

  • 「失敗しない方法」を考えてはいけない6つの理由──失敗をしないために

    Amy Morin , CONTRIBUTOR

    今まさに、大事なプレゼンテーションを始めようとしている自分を想像してみてほしい。「観客」たちはあなたが話し始めるのを待ち構えている。あなたは自分の考えに確信をもっており、このプレゼンが自分にとって大きなチャンスであることを自覚している──このとき、あなたは自分の思考がどのような状態にあると思うだろう ...

  • 先駆者たちが語る最高の失敗 「花を切り落として雑草に水をやる」

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    あれは1982年か83年のことでした。私はある会議で南部アトランタに行った際、時間をとって「ホーム・デポ」という店を見に行きました。当時は4店舗から6店舗へ広げたばかりで、全店がアトランタ市内にありました。そのとき、4店舗に足を運びましたが、どの店も売り上げが好調で社員の士気も高い。しかも、バランス ...