• トランプを勝利させた「謎のビッグデータ企業」CEOの激白

    John Koetsier , CONTRIBUTOR

    トランプの大統領選勝利に貢献したデータ分析会社、「ケンブリッジ・アナリティカ(Cambridge Analytica)」は、これまで関わった選挙で無敗の記録を持つという。「我々はこれまで30から100の選挙戦を戦い、100%の勝率を誇る」と、同社のCEO、Alexander Nixはポルトガルのリス ...

  • ティファニー旗艦店の悲劇、トランプ大統領の誕生で環境が激変

    Rachelle Bergstein , CONTRIBUTOR

    米紙ワシントン・ポストは1953年、国際的な高級宝飾ブランド、ハリー・ウィンストンやヴァン クリーフ&アーペル、カルティエなどが軒を連ねるニューヨークの5番街を、「ジュエラーのショーケース」と呼んだ。もちろん、その中には米国発のブランド、国内で特に人気のティファニーも含まれていた。だが、その ...

  • 欧州の大麻合法化は進むのか 選挙の年迎えた各国の現状

    Cecilia Rodriguez , CONTRIBUTOR

    欧州では選挙のたびに争点として取り上げられる大麻合法化の問題だが、大統領選を控えるフランスでも現在、賛成・反対各派の議論が続いている。ただ、問題になっているのは禁止すべきかどうかではない。多くの人がすでに「不可避」と考えている容認の在り方について、完全な「合法化」とするか、「非犯罪化」にとどめるかと ...

  • 選挙結果にみる米国民の「精神状態」、トランプ選出は警鐘か

    Bruce Y. Lee , CONTRIBUTOR

    甚だしく奇妙、ともいえる大統領選の結果は、米国に関する一つのことを極めて明確にした。国民の多くが「不満足だ」ということだ。実際のところ、多くは怒っているように思える。そして、相当数の人たちが、落胆し、恐れている。非難、責任転嫁、苦悩、憎悪、カナダに向けた国外脱出──米国人の精神状態の悪さを表す言葉を ...

  • 衝撃のトランプ勝利、要因は「裏切られた」白人中間層の怒り

    Joel Kotkin , CONTRIBUTOR

    非常に醜い戦いであり、厳しい接戦でもあった米大統領選に決着がついた。今回の大統領選では、有権者の支持が大きく割れた。投票の結果、共和党のドナルド・トランプ、民主党のヒラリー・クリントンどちらか一方の候補が相手にかなりの大差を付けた州も多かった。白人有権者の減少選挙戦ではその大半を通じて、白人有権者の ...

  • トランプ陣営「偽アカウント」でSNS発信 ロシア政府関与説も

    Thomas Fox-Brewster , FORBES STAFF

    ドナルド・トランプはヒラリー・クリントンと同じく、ツイッターの巧みな使いこなしで知られている。トランプは、デジタル空間で人々の暴力的衝動を高め、増幅させている。トランプの能力が発露される場はツイッターに限らない。インスタグラムにおいても彼は膨大なフォロワーを獲得している。しかし、彼のフォロワーの多く ...

  • スポティファイら大統領選、投票呼びかけ 政治コンテンツも掲載

    Hugh McIntyre , CONTRIBUTOR

    11月8日(現地時間)の米国大統領選挙を控え、音楽業界でも投票を呼びかける動きが活性化している。米国の有権者らは投票の前に事前登録が必要だが、ストリーミングサービスの多くは中立的立場から登録を呼びかけ、若い世代の投票を促している。ここではストリーミング各社の選挙直前の動きをまとめてみた。スポティファ ...

  • 大統領選を前にアメリカの将来を楽観視できる6つの理由

    グレン・S フクシマ , CONTRIBUTOR

    今年の米国大統領選挙では、アメリカの将来を悲観的に見ている人もいる。仮にヒラリー・クリントンが大統領に選ばれたとしても、ドナルド・トランプやバーニー・サンダースの支持者が代表する、国民の恐れや懸念や怒りが残り、アメリカを分裂し、国の統治が困難になるというのだ。こうした後ろ向きの感情は、選挙後一晩にし ...

  • 大統領選で業績悪化の米国企業 マック、KFCほか8社CEOの弁明

    Lauren Gensler , Forbes Staff

    激しい非難の応酬に明け暮れる米大統領戦は、ツイッターのようなSNSには利益をもたらすのではという見方もあったが、今四半期の同社の決算にはさほどの影響は見られなかった。しかし、それはまだましなケースと言えるのではないか。アメリカでは選挙戦の影響で自宅にこもりがちな消費者が増え、業績が悪化したと述べる大 ...

  • クリントン「選挙フェス」にケイティ・ペリーら起用 若者票獲得狙う

    Hugh McIntyre , CONTRIBUTOR

    ドナルド・トランプに対する優勢が伝えられる米国大統領候補ヒラリー・クリントンは、来月の投票日の直前、そのポジションをさらに強固にするためのイベントを実施する。クリントン陣営は選挙戦の終盤「Love Trumps Hate(愛は憎悪に勝つ)」と題したコンサートを行なうと発表した。このイベントは音楽を通 ...

  • 反トランプで注目の人気モデル、クリッシー・テイゲンの覚悟

    Clare O'Connor , Forbes Staff

    スーパーモデルのクリッシー・テイゲンは、2月にレシピ本「Cravings」を出版。ニューヨークタイムズのベストセラー・リストで1位に輝いた。30歳のテイゲンは「ベーコン好きだけど太ることが許されない女の子のひとりごと」を綴るブログ「So Delushious」でフード・ブロガーとしての地位を築き上げ ...

  • ドナルド・トランプの虚言癖、討論会でも止まらず うそ常習犯の心理とは?

    Emily Willingham , CONTRIBUTOR

    26日に行われた今年の米大統領選初の討論会で、ハフィントン・ポストはドナルド・トランプとヒラリー・クリントンが進行役のレスター・ホルトの質問に対しうそで答えた回数を集計した。最終結果はなんと、トランプが16回、クリントンが0回だった。メディア各社はクリントンの「信用問題」をこぞって問題視してきたが、 ...

  • ネット上の存在感ではどちらが優位? トランプvs クリントン

    William Arruda , CONTRIBUTOR

    過去2回の米大統領選は、ソーシャルメディアの重要性がどれほど大きく増しているかを明らかにした。そこで、同国の時期大統領を目指して現在、競い合っている2人の候補のインターネット上での存在感について、比較してみることにした(データは8月5日現在)。•グーグル何か、または誰かについて知りたいとき ...

  • 不確実性を嫌うウォール街が注視する大統領選の行方

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    「お金」の支配者たちが集結するウォール街には世界の金融業者の最先端が集まる。そのウォール街が今、注目しているテーマをそれぞれの専門家がリポートする。ウォール街で今、最も注目を集めているのは、11月8日に行われる米大統領選の行方だ。不確実性を何より嫌う世界金融の中心地では何が起きているのか。&rdqu ...

  • 大統領選に揺れるアメリカ、TPPを批准するか?

    グレン・S フクシマ , CONTRIBUTOR

    世界のGDPの40%を占める12カ国の間で7年間交渉した後、環太平洋経済連携協定(TPP)は2016年2月4日に署名された。同協定は今後、各参加国により批准される必要がある。アメリカでは、下院と上院の両方が過半数の承認が必要である。しかし、批准はどんなに早くても11月8日の大統領選が終わるまでは、行 ...

  • アップルなど大企業を「敵視」のトランプ、実は多額を投資

    Lauren Gensler , Forbes Staff

    自らが投資を行っている企業などについて、米大統領選の共和党候補指名がほぼ確定したドナルド・トランプは正直なところを語ってこなかったようだ。これまで厳しく批判してきた企業に対し、実際には投資していたことが明らかになった──アップルやフォード、アマゾン、「オレオクッキー」のメーカーなどだ。トランプが5月 ...

  • アマゾンCEO 「トランプは大統領にふさわしくない」と発言

    Kate Vinton , FORBES STAFF

    昨年12月、ドナルド・トランプとの間で繰り広げたツイッター上のバトルについて、ジェフ・ベゾスはカンファレンスの場で振り返った。アマゾンCEOのジェフ・ベゾスは5月18日、ドナルド・トランプがかつて「ベゾスは税金のがれのためにワシントン・ポスト紙を買収した」と発言したことを、再度持ちだし、ポスト紙の編 ...

  • 「トランプ現象」が共和党に与える深刻な影響

    グレン・S フクシマ , CONTRIBUTOR

    「ドナルド・トランプ現象」は、2016年の米大統領選挙における最大のサプライズであり、政治評論家の多くがこの現象の説明に苦しんでいる。トランプの人気は、予想以上のアメリカ人が現状に不満を持っていることを如実に表している。それは経済状況や、政治家の機能不全(特にワシントンDCの連邦議会において)に対す ...

  • ゴルフ場からワイナリーまで、「ドナルド・トランプ」のブランド価値

    Jennifer Rooney , FORBES STAFF

    本誌は「フォーブス400」を選定するに当たり、個人的なブランドの価値は加算しないという方針を貫いている。そこから生じる価値があるなら、すでに純資産額に織り込まれていると考えるからだ。だが仮に、純資産の中からそれだけを切り離すとしたら、“ドナルド・トランプのブランド”には、どれ ...

  • 米大統領選 「SNS支持率」が高いのはトランプよりサンダース

    Kathleen Chaykowski , Forbes Staff

    米大統領選の候補者の中で、SNSのフォロワー数が最も多いのはドナルド・トランプ(共和)だが、フォロワーのエンゲージメントが最も高いのはバーニー・サンダース上院議員(民主)であることが、ソーシャルメディアの分析を手掛ける「Captiv8」の調査で明らかになった。Captiv8は昨年5月中旬から今年2月 ...

  • 米大統領選の候補者、全員が「低評価」 調査結果

    Frederick E. Allen , FORBES STAFF

    米大統領選の民主・共和両党の候補指名争いで激しい戦いを続けている人たちは全員、国民の間ではあまり評判がよくないようだ──すでに、広く知られている事実かもしれないが。悪く評価する人が最も少ないバーニー・サンダース上院議員(民主)でさえ、100を最高点とする評価で58.2(普通)と、あまり振るわない結果 ...

  • アデル トランプ候補に「私の歌を使うな」と激怒

    Forbes.com CONTRIBUTORS , CONTRIBUTOR

    「ハロー」の大ヒットで知られるアデルは共和党のドナルド・トランプ候補に「さよなら」を宣告した。トランプ候補が彼女の楽曲「Rollin’ In the Deep」や「Skyfall」を選挙キャンペーンで無断使用していることを聞きつけたアデルは、代理人を通じ「私の楽曲の使用を、いかなる政治キ ...

  • ドナルド・トランプ氏を打倒するたった一つの方法

    John Zogby , CONTRIBUTOR

    私は共和党の大統領候補者の支持率を子細に分析している。現時点では、候補者を絞り込むのは時期尚早と考えている有権者が多いのだが、これまでのところは、不動産王ドナルド・トランプ氏が全国、アイオワ、ニューハンプシャーの支持率でトップを走っている。11月8日、9日に行われた全国調査の結果を詳細に分析すると、 ...