• 大気汚染による世界の死者数は610万人 悪影響は人口の9割超に

    Niall McCarthy , CONTRIBUTOR

    世界の人口の95%以上が、大気が汚染された環境の中で生活していることが分かった。大気汚染は喫煙や高血圧、食生活などと並び、世界の主な死因の一つとなっている。米国の独立研究機関、健康影響研究所(HEI)が4月17日に発表した年次報告書によると、長期にわたって大気汚染の影響下で暮らしていたことが原因で死 ...

  • 脱石炭で見えた「北京の青空」はいつまで持続可能なのか

    Yue Wang , FORBES STAFF

    暖房で石炭の消費量が増える冬は、中国での大気汚染が最も深刻化する季節だ。しかし、政府が対策を行ったこともあり2017年の年末以降に状況は改善し、北京でも青空が見られるようになった。中国環境保護部によると、北京のPM2.5濃度は2017年11月、過去5年で最も低い水準になった。政府は「青い空は国民にと ...

  • 居住地の大気汚染と骨粗しょう症に関連性、PM2.5中の重金属が影響か

    Bruce Y. Lee , CONTRIBUTOR

    長期間にわたって大気が汚染された環境で暮らすことが、骨粗しょう症と関連していると見られることが分かった。骨粗しょう症は骨が弱くなり、骨折しやすくなる疾患だ。英医学誌ランセットの「ランセット・プラネタリー・ヘルス」に先ごろ掲載された研究結果によれば、大気汚染の影響は私たちの骨の中にまで及んでいると考え ...

  • 世界で最も「大気汚染」が深刻な5都市 インド、中国ほか

    Ralph Jennings , CONTRIBUTOR

    タイのバンコクでは街の衛生環境の向上のため、名物である屋台を年内にも禁止する動きが起きている。議会では反対を叫ぶ声もあがっているが、この法案が実行に移されれば、バンコクは衛生環境の劣悪なアジアの開発途上国の中で、一歩進んだ街になることになる。下記にメディアの報道や非政府組織等が提示したデータから、ア ...

  • 中国で「肺洗浄の旅」が人気 大気汚染まん延で需要増加

    Wolfgang Georg Arlt , CONTRIBUTOR

    中国は、2017年の始まりを、濃霧に対するものとしては同国史上初となる最高レベルの「赤色警報」と共に迎えた。1月4日には、濃霧によって視界が50メートル以下に悪化。航空便や地上交通に大きな混乱が生じた。ハルビンから広州、成都から杭州にいたるまでの各都市ではスモッグに警戒を呼び掛ける「赤色警報」やその ...

  • 大気汚染で毎日4400人が死ぬ中国 IoTで問題解決の動き

    Federico Guerrini , Contributor

    中国における大気汚染は深刻な問題だ。昨年公開されたデータによると中国では1日当たり4,400人が大気汚染により命を落としているという。中国政府もこの問題を認識し、2008年の北京五輪開催が決まってからは、北京市の大気汚染を緩和するべく建設工事の中断、工場や発電所の操業停止、車両規制など大々的な対策を ...

  • 大気汚染と戦う中国

    Jack Perkowski , CONTRIBUTOR

    世界中のメディアが伝えた通り、11月末に北京の大気汚染は最も深刻なレベルに達した。ある報告は「12月1日で5日連続となる最悪の大気汚染に見舞われている北京の学校は、児童生徒を校舎から出さず、呼吸器系の疾患のある子を持つ親は、子どもを病院へ連れて行っている。有害な微小粒子状物質、PM2.5の測定値は、 ...