• 外食王たちに学んだ「両効きの経営」

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    各界のCEOが読むべき一冊をすすめる本誌の連載「CEO’S BOOKSHELF」。今回は、トレジャー・ファクトリー代表取締役社長の野坂英吾が創業期に希望をもらったという「外食王の飢え」を紹介する。食べては吐き、食べては吐いて、食事の味をためした─『外食王の飢え』は、そんな「苦業」の末に、 ...

  • 米ダンキンブランズ、どこでも受取可能なデリバリーを拡大

    Great Speculations , CONTRIBUTOR GROUP

    ショッピングモールの来店客数が伸び悩み、レストラン運営企業は商業施設に入居する店舗を含めた客足の確保に苦慮している。こうしたなか、米ダンキンブランズ・グループは成長の主な推進力の一つとして、買い物の「便利さ」の向上を掲げている。7月末に行った今年第2四半期の業績発表で同社は、これを実現するため注文や ...

  • 米外食のヤム・ブランズ、ピザハットが苦戦 ハイテク化するドミノ・ピザに出遅れ

    Lauren Gensler , Forbes Staff

    ピザハットやケンタッキー・フライド・チキン(KFC)、タコベルなどを運営する米ファストフード大手のヤム・ブランズは2月9日、2016年第4四半期(10~12月期)の決算を発表した。ヤム・ブランズ全体としては増収となったが、ピザハットの業績は不振が続いている。同期のピザハットの既存店売上高は、前年同期 ...

  • 外食・デリバリー率が高めのミレニアル世代、無駄遣いを減らすには

    Alexandra Talty , 寄稿者

    ファストフードとファミリーレストランの中間の新業態「ファストカジュアル」や宅配サービスが普及により、今や“調理済み食品”は消費者にとって便利な選択肢となった。そして、これらを活用しているのがミレニアル世代だ。彼らはこれまで以上に外食にお金を費やしている。食品業界のデータ提供サ ...