• ディズニーCEO、昨年年収は40億円 役員報酬は軒並み減額

    Rob Cain , CONTRIBUTOR

    ウォルト・ディズニーが1月12日に提出した株主向け資料から、同社CEOのボブ・アイガーの昨年の報酬が、前年度から17%(740万ドル相当)減少し3630万ドル(約40億円)になったことが分かった。アイガーはフォーブスの2016年の米国のCEOの年収ランキングで、4位に入っていた。現在66歳のアイガー ...

  • NFLコミッショナーと大企業CEOの報酬を比較 「2億ドル」は妥当か?

    Kurt Badenhausen , Forbes Staff

    米ナショナル・フットボールリーグ(NFL)のコミッショナー、ロジャー・グッデルは先ごろ、NFLとの契約期間を延長、2023年シーズン終了までとすることで合意した。米スポーツ専門局ESPNによると、2019年からの5年間の契約総額は、ボーナスを含め約2億ドル(約227億円)と見られている。グッデルとの ...

  • サッカー界のあり得ない賃金格差 ネイマール年俸は女子選手1700人分

    Niall McCarthy , CONTRIBUTOR

    男子代表チームより多額の収益を上げている米国の女子サッカー代表チームの選手らが得る報酬は、男子のおよそ4分の1だ。ホープ・ソロをはじめとする五輪で金メダルを獲得した女子選手たちが2016年4月、男女の賃金格差の是正を求めて米サッカー協会を雇用機会均等委員会に訴えたのは、そのためだ。だが、問題の解決は ...

  • 米国のインターンシップ報酬ランキング フェイスブックが月給90万円で首位

    Jeff Kauflin , Forbes Staff

    夏が近づく中、米国の大学生の多くが考えることが、インターンシップへの参加だ。米キャリア情報サイトのグラスドアは、米国で報酬の高いインターンシップ25社のランキングを発表した。ランキングは同サイトのユーザーが過去1年間に提供した報酬額のデータに基づいており、寄せられた給与情報が25件以上の企業のみが含 ...

  • フィンテックが変える「贈り物」の概念 ギフトはモノの枠を超える

    Nikolai Kuznetsov , CONTRIBUTOR

    欲しくないものをもらったり、贈ってしまったりすることはよくある。米国人がやりとりする「望まれない贈り物」に費やされる金額は、年間95億ドル(約1兆円)に上るとされている。当然ながら、欲しくないからといってギフトを相手に返すことはあり得ない(その人と縁を切りたいなら別だが)。だが、テクノロジー(フィン ...

  • 信頼されるから仕事ができるのか、その逆か 報酬や人種によって実感に差

    Karsten Strauss , FORBES STAFF

    職場で何よりも重要なのは信頼だ。マネージャーに信用されていないと感じている従業員は、自分の下した判断について悩んだり、先行きに不安を感じたり、転職を考えたりする。また、ストレスを感じやすくなり、信頼されていないことに対して怒りを感じることさえある。しかし、高収入の従業員を筆頭に大半の労働者は、好意的 ...

  • 「最もコスパの悪い俳優」 2年連続でジョニー・デップに

    Natalie Robehmed , FORBES STAFF

    フォーブスがまとめた今年の「報酬が高過ぎるハリウッド俳優ランキング」では、出演作の不調が続くジョニー・デップが前年に続きトップの座を保持する結果となった。最近出演した「アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅」など3作品の収益は、デップの出演料1ドルにつきわずか2.80ドルだった。デップについては今年 ...

  • 給料に影響する政治的指向とは 勤め先の取締役会は保守、それともリベラル?

    Adi Gaskell , CONTRIBUTOR

    米国では大統領選に向け、共和・民主両党の戦いが本格化している。職場では政治の話などするものではないと思いたいかもしれないが、実際には社内のどのフロアでも、席を離れればこの話題で持ち切りのはずだ。インターネット上でも現実の社会でも、多くの人を集めるときには政治と宗教の話に細心の注意を払う必要があるとい ...

  • 「就職に最も役立つ/役立たない修士号」ベスト&ワースト10

    Kathryn Dill , Forbes Staff

    長年、大学院での学位取得はキャリアの多くの節目で一歩リードし、また収入アップを目指す手段だと考えられてきた。修士号は確実に出世や転職をする上で鍵となり得るし、数多くの職業に就く上で求められる基本的要件だと––。だが一部の学位は、もう就職や高額な報酬を保証してくれるものではなく ...

  • サラリーマンも極めれば夢がある? 日本の役員報酬ランキング50

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    2015年度役員報酬ランキング役員報酬1億円以上が526人と、初めて500人を超えた2015年度。サラリーマンを極めて役員になれば夢の億万長者になる道が開けてきた-。役員報酬の透明性と説明責任が求められる上場企業役員報酬の個別開示制度がスタートしてから5年が経過し、役員報酬開示は世間に認知されるよう ...

  • 「世の中は金がすべて」ではない、NPOが人事戦略で勝つ6つの方法

    Roberta Matuson , CONTRIBUTOR

    優れた人材の確保について、頭を悩ませる非営利組織(NPO)は多い。これらの組織のリーダーたちは、「最も優れた人材を雇う財政的な余裕がない」と考えている。だが、実際には「優れた人材を雇わずにいられる」余裕がないはずだ。NPOが支援する人たちは、最高のサービスを受けるに値する人たちだ。組織側がそのように ...

  • 米国で最も稼げる仕事は? 基本給が高い職種トップ10

    Kathryn Dill , Forbes Staff

    開発者やエンジニアばかりが占めると思われがちな高収入な職業ランキングだが、医師や弁護士など、従来から高報酬と考えられてきた職業が、現在も変わらず上位に入ることが分かった。米キャリア情報サイトのグラスドア(Glassdoor)が3月上旬に発表したデータによると、ランキングの1位は医師、2位は弁護士だっ ...