• 味覚から考える「サラリーからの解放」

    松嶋 啓介 , Official Columnist

    塩は人の生命維持のために重要で、もちろん料理にも欠かせない調味料。塩の効いていない料理は美味しくないこともありますが、そんな塩について、ラテン語、日本語、英語、フランス語、イタリア語で調べてみて、気づけたことがあります。塩が貴重だった古代ローマ時代、税金や給料はサラリウム(塩)で支払われていたと言わ ...

  • 僕がチョコレートの国際コンクールに挑む理由/小山 進

    小山 進 , CONTRIBUTOR

    僕は京都で生まれ育ち、19歳で専門学校を卒業した後、神戸の洋菓子店「スイス菓子ハイジ」に就職しました。最初はカフェのフロアスタッフからのスタートでした。2000年に独立して、「パティシエエス・コヤマ」をオープン。現在は兵庫・三田市にブーランジェリー、ショコラ専門店、カフェなど7店舗を展開しています。 ...

  • 味覚をデジタル化する「フレーバープリント」で食の好みを分析、FBとも連携

    Leslie Wu , CONTRIBUTOR

    私の大好物は、鴨と豚のソーセージが入った米国の郷土料理「ガンボ」だ。この料理や「チーズっぽい」「すっきりした」「にんにくっぽい/玉ねぎっぽい」風味が、最も私の好みに合っているらしい。この味覚のデータは、スパイスメーカーのマコーミック(McCormick)のスピンオフ企業ビバンダ(Vivanda)が発 ...