• 国連で「大麻規制」見直しへ、米FDAもパブリックコメント募集

    Tom Angell , Contributor

    米国の連邦レベルで大麻は「スケジュール1」の規制薬物に指定され、処方や効果の研究は厳しい管理下に置かれている。米国は大麻を規制する国際条約にも加盟している。しかし、国連の世界保健機関(WHO)は大麻やTHC(大麻の有効成分)の規制の見直しに向けて加盟国らが話し合いに参加することを呼びかけている。米国 ...

  • カリフォルニア州で「大麻関連」求人が急増、全米トップに

    Julie Weed , CONTRIBUTOR

    今年から大麻の栽培・販売・消費が解禁された米カリフォルニア州は、世界最大の嗜好用大麻市場に成長しようとしている。大麻関連で新たな雇用も生まれており、農場や加工施設、販売店のスタッフのほか、法律アドバイザーやセキュリティなどの関連分野の求人も増えている。求人サイトの「ZipRecruiter」によると ...

  • アルコールフリーの「大麻ビール」、カナダで来年にも発売か

    Thomas Pellechia , CONTRIBUTOR

    それは「カナビア(Cannabeer)」と呼ばれるようになるのかしれない──。米酒類業界の業界紙ドリンク・ビジネス(Drink Business)によれば、カナダのプロビンス・ブランズ(PB)は昨年7月、「世界初の大麻から醸造したビール」の仮特許を出願したという。その他の企業によって、すでに大麻ワイ ...

  • 米バーモント州で大麻解禁、知事が「個人の自由の問題」と発言

    Tom Angell , Contributor

    米バーモント州はアメリカの州としては9番目に大麻を合法化した州になった。これまで米国の大麻解禁は州民選挙で行なわれて来たが、バーモント州では議会の決議で合法化がなされた。バーモント州知事のフィル・スコットは1月22日、合法化法案にサインをすると同時に声明で次のように述べた。「私は個人的な考えとして、 ...

  • 米大麻市場に関する6つの予想、プロスポーツリーグも使用容認か?

    Debra Borchardt , CONTRIBUTOR

    米国では2016年に複数の州で行われた大麻合法化に関する住民投票の結果、多くの州で賛成派が勝利を収めた。米国の大麻産業は今後、どのような変化を見せるのだろうか。予想されるのは次の6つの展開だ。1. ロサンゼルスが“中心地”になる大麻関連企業への投資を専門に行う投資会社メッドメ ...

  • トランプ政権に脅える米「大麻業界」 新司法長官は合法化反対

    Julie Weed , CONTRIBUTOR

    トランプ次期米大統領が、強硬な大麻反対論者であるアラバマ州のジェフ・セッションズ上院議員を司法長官に指名したことで、米国の大麻ビジネス界に不安が広がっている。トランプ自身はこれまで医療大麻の解禁、そして大麻の合法化を各州が決定することについて肯定的な姿勢を見せてきた。しかし、セッションズ上院議員が大 ...

  • 大麻デリバリー企業、Eazeが13億円の資金調達 DCMベンチャーズ他

    Janet Burns , CONTRIBUTOR

    サンフランシスコに本拠を置く大麻宅配のスタートアップ企業、Eazeは「大麻業界のウーバー」と呼ばれている。同社は10月25日、総額1,300万ドル(13億5,000万円)の資金を5つの出資者から調達したと発表した。これまでの総資金調達額は2,450万ドル(25億5,000万円)に及び、大麻業界のスタ ...

  • 大麻合法化を支持するアメリカ国民 史上最高水準に

    Debra Borchardt , CONTRIBUTOR

    調査会社ギャラップが発表した新たな世論調査結果によれば、合法大麻を支持しているアメリカ国民は全体の60%に達している。これは同社が1969年にこの問題についての調査を開始して以来、最も高い水準だ。1969年といえば、ジョン・レノンとオノ・ヨーコが平和を訴えるパフォーマンス「ベッド・イン」を行った年で ...

  • アメリカでマリフアナ合法化の機運高まる 成人の57%が支持

    Bruce Y. Lee , CONTRIBUTOR

    時代は変化し続けている。米調査機関ピュー・リサーチ・センターの調査によれば、マリフアナの合法化について、10年前はアメリカの成人の32%が賛成、60%が反対していた。だが今ではこの数字がほぼ逆転。同センターが2016年8月に、アメリカの成人1,201人を対象に実施した調査では、賛成が57%、反対は3 ...