• フェイスブックが期待の台湾市場、FB利用率は「97%」

    Ralph Jennings , CONTRIBUTOR

    世界で22億人の月間アクティブ利用者数(MAU)を誇るフェイスブックだが、アジアでは各国のライバルサービスとしのぎを削っている。日本ではLINEと、インドではリンクトインやピンタレストと競合し、中国では政府がフェイスブックの利用を禁止しているために現地企業が市場を独占している。一方、台湾にはライバル ...

  • 中国で不買運動の台湾カフェ企業「85℃」 運営元の株価急落

    Ralph Jennings , CONTRIBUTOR

    中南米を外遊中だった台湾の蔡英文総統は8月12日、ロサンゼルスで台湾系のカフェチェーン「85℃」に立ち寄った。その報道を見た中国のネットユーザーらは、85℃のボイコットを開始した。なぜなら、中国で多数の店舗を展開する85℃は、台湾の独立を容認しているとみなされたからだ。その後、85℃運営元の台湾企業 ...

  • 駅弁が根付く台湾で気づいた日本の「白ごはん」の魅力

    柏木 智帆 ,

    さまざまな国の長距離列車に「車内食」や「車内販売」の弁当があるが、各駅の構内で買える「駅弁」はあまり見かけない。駅弁は旅情や旅先の風景とともに食べる日本ならではの文化なのだ……と思っていたら、なんと台湾にも駅弁があった。台湾の駅弁文化は、日本統治時代の影響で根付いたそうだ ...

  • 台湾でスタートアップ育成の「アリババ」 起業家に3億ドル用意

    Ralph Jennings , CONTRIBUTOR

    6月5日から開催された台湾のテック見本市「COMPUTEX」には400以上のスタートアップ企業が参加した。そこで存在感を発揮していたのが、中国のアリババがスタートアップ育成のために設立したファンド「Alibaba Entrepreneurs Fund(阿里巴巴創業者基金)」だ。アリババが設置したパビ ...

  • 台湾の仮想通貨取引所CEOが政界進出、フィンテック活性化狙う

    Ralph Jennings , CONTRIBUTOR

    台湾の仮想通貨取引所「OTCBTC」のCEOのイーティン・チェン (Yi-Ting Cheng)が、今年11月の台北市の市長選挙に立候補する。チェンは4月13日、出馬への意向を固めたと宣言した。市長選には様々な政党の候補が出馬を予定しているが、チェンは無党派色を打ち出し、台湾の仮想通貨業界を活性化す ...

  • 「神経〆」で台湾の漁業を変える、日本人シェフが描く夢

    仲山 今日子 , Official Columnist

    台北の商業ビルの最上階。イベント開始15分前には、開場を待つ人たちが通路にまであふれ、異様な熱気に包まれていた。会場のドアがオープンするやいなや、前方の席を取ろうと、一斉に皆が最前列に押し寄せた。彼らの熱い眼差しの向こうにいるのは、アイドルではなく「魚」だった。240人の来場者の多くが、シェフや料理 ...

  • eスポーツに沸く台湾、エンタメに特化したアクセラレータプログラムの狙い

    木村 忠昭 , Official Columnist

    2月1日、日本におけるeスポーツ産業の普及ならびにプロゲーマーの社会的地位向上に向け、一般社団法人 日本eスポーツ連合(Japan esports Union:略称JeSU)の設立が発表された。JeSUの代表理事・岡村秀樹氏によると、eスポーツは2020年に世界で5億人のオーディエンス規模になると見 ...

  • Chromebookで世界トップになった台湾「エイサー」が歩んできた道

    Ralph Jennings , CONTRIBUTOR

    台湾のPCメーカー「エイサー(Acer)」は今から数年前には厳しい経営状態にあった。2008年から同社のCEOを務めてきたGianfranco Lanciは、取締役会と意見が折り合わず2011年に会社を去った。その後の数年の間、エイサーは凡庸なパソコンの製造を続けたが、出荷台数は減少を続けた。しかし ...

  • デルタやマリオットも中国に謝罪 「台湾」呼称問題の行方

    Ralph Jennings , CONTRIBUTOR

    中国は世界第2の経済大国であり、購買力の高い消費者たちを抱えている。多くの企業は当然その声を無視できない。先日、中国当局は海外の多国籍企業に対し、台湾の位置づけについてクレームをつけた。新華社通信の報道によると、中国当局はマリオットホテルグループがウェブサイト上の顧客向け検索機能において、台湾を一つ ...

  • ハリウッドと台湾をつなぐ映画監督アン・リーへの期待

    Ralph Jennings , CONTRIBUTOR

    台湾で11月に開催された映画賞「ゴールデンホース・アワード(金馬奨)」で、台湾人母子を巡る社会派サスペンス「血観音(The Bold, the Corrupt and the Beautiful)」が最優秀賞を獲得した。台湾、香港、中国本土の作品を対象とした金馬奨は中国語映画のオスカーとも呼ばれる。 ...

  • 台湾で「むち打ちの刑」導入論、フェイスブックで1万人が賛同

    Ralph Jennings , CONTRIBUTOR

    台湾では飲酒運転の罰則に“むち打ちの刑”を導入すべきという議論がネットで高まったが、政府の法務部はこれが適切でないとする見方を示した。台湾政府は人権意識の高い国である点をアピールしている。地元の人権団体も、台湾は中国とは違って人々の権利に敏感な国であると主張する。台湾は今年、 ...

  • 中国の追い上げを懸念する「台湾のテック企業」の未来

    Ralph Jennings , CONTRIBUTOR

    台湾政府はテック産業の競争力で中国に敗れることを懸念し、IoTなどの新産業の育成に向け、産業パーク整備に3億5800万ドル(約400億円)を投資しようとしている。その一方で、古くから電子機器の生産を受託してきた台湾のテックセクターも、復活の兆しを見せている。アナリストによると、今年のスマートフォン出 ...

  • 台湾に続き「同性婚」を認めるアジアの国は?

    Ralph Jennings , CONTRIBUTOR

    台湾の司法院大法官会議は5月24日、「自由と平等の権利に基づき同性婚は認められるべきであり、国会はそれを実現しなくてはならない」との判断を下した。同性婚が法制化されればアジア諸国で初めてとなる。地元のLGBT団体は近隣諸国もこの流れに追随してほしいと願っている。「今回の判断の影響は大きい。他国の活動 ...

  • 国境を越えて響きあう四国と台湾のサイクルツーリズム

    野嶋 剛 , CONTRIBUTOR

    海外から観光客を呼び込むならば、まずは日本政府を動かしてから、現地の政府と交渉して・・・。そんなスタイルはすでに過去のものとなった。自治体自ら「観光」商品を作り出し、海外に売り込む。しかも、知事や市長らトップが先頭に立つ。それも、単にインバウンドの呼び込みだけではなく、相手に観光客を送り出す側にも周 ...

  • 中国人が台湾を旅して驚く3つの事 全く違う「一つの中国」

    Ralph Jennings , CONTRIBUTOR

    台湾は中国から160キロしか離れておらず、民族的にも似ているが、数十年にわたって自由旅行は禁じられてきた。中国は台湾が自国の領土の一部だと主張しているが、台湾は同意せず、両者の間には絶えず摩擦がある。しかし2008年、中国と台湾は経済関係を構築することを決定し、その一環として自由旅行を開放した。中国 ...

  • 台湾の「空港送迎専門」ライドシェア企業 日本進出も計画中

    Ralph Jennings , CONTRIBUTOR

    朝7時の国際便に乗るには空港に5時には着いていたいものだが、この時間に空港に向かう手段は数十ドルもかかるタクシーしかない場合も多い。公共の交通機関が使えない深夜の便に乗る場合も状況は同じだ。そのニーズを狙ったのが台北を拠点にサービスを始めたスタートアップ企業のAirPoPoだ。車でおよそ1時間かかる ...

  • シャープ買収の鴻海を作った男、郭台銘に関する4つの事実

    Ralph Jennings , CONTRIBUTOR

    あなたが持っているアップル製品を組み立てている台湾企業のトップは、アメリカの雇用創出を訴えるドナルド・トランプに従い、米国で70億ドル(約7900億円)の投資を行い液晶パネル工場を建設すると表明した。また、彼は昨年、シャープを買収し、業績向上のために合理化する方針を発表した。その男の名は郭台銘(かく ...

  • アジアの若者は何故ヒトラーに憧れるのか 台湾やタイでも問題に

    Ralph Jennings , CONTRIBUTOR

    台湾の高校生のグループが先月、ナチスのコスプレでパレードを行ない問題になった。台湾には過去、ナチスの強制収容所をテーマにしたレストランもあった。人口2,300万人の台湾では毎年のように、欧州の歴史の暗部であるナチスを模倣する動きが現れる。しかし、彼らにユダヤ人を攻撃する意図はない。彼らはナチスが70 ...

  • 減少続く世界「ノートPC需要」 台湾受託メーカーらの苦悩

    Ralph Jennings , CONTRIBUTOR

    世界GDPランキングで22位の台湾はハイテク製品の製造工場としての地位を誇ってきた。しかし、この分野の関係者らは今、輸出額が今年7月までの期間で連続17か月落ち込む中、1,310億ドル(約15兆円)の市場をなんとか維持しようと必死だ。タブレットPC製造はIT関連内需の高まりを受けた中国メーカーに吸い ...

  • 台湾で苦戦のウーバー、政府は5億円支払い要請 打開策はあるのか?

    Ralph Jennings , CONTRIBUTOR

    台湾政府はウーバーに対し、敵対的な姿勢を強めている。3年前のウーバー上陸以来、現地のタクシー業者らは政府に働きかけてきた。税務当局は今月、ウーバーに未納税と罰金の合計425万ドル(約4億7,800万円)の支払いを命じた。また、台湾交通部はアップルとグーグルに台湾でウーバーのアプリを削除するよう求めた ...

  • 一生分のデータが保管できるスマホ用ストレージ 台湾企業が開発

    Ralph Jennings , CONTRIBUTOR

    スマホの中の写真や音楽ファイルがいっぱいになり、ストレージが足りないと度々通知される煩わしさは、多くの人が経験しているだろう。6人の台湾人も同じ問題にぶつかり、それをビジネスにしようと考えて設立したのがNextDrive社だ。メンバーの一人は、かつて米企業でUSBチップを設計していたが、スマホやタブ ...

  • 台湾でアップルストアがオープン間近 iPhoneは現地シェアNo1

    Ralph Jennings , CONTRIBUTOR

    台湾に近くアップルストアがオープンすることが明らかになった。アップルは中国に36店、香港に5店のアップルストアを展開しているが、台湾にはまだない。台湾にもiPhoneファンはたくさんいるが、消費者のロイヤリティを固める究極のマーケティングツールであるアップルストアを開設するに値する市場なのか否か、ア ...

  • スポーツ留学をビジネス化の台湾人起業家 有力選手の海外進出を促進

    Ralph Jennings , CONTRIBUTOR

    台湾や中国といったアジアの国々では学歴が一生を左右すると信じられている。子供たちは学校のテストで進路をふるい分けられ、両親は子供をいい大学に入れようと、勉強漬けにさせる。一方でバスケットボールのスター選手、ヤオ・ミン(姚明)やジェレミー・リンはスポーツで名を上げ、中国で有名人になった。チェン・ホーは ...

  • 2016年版「台湾の富豪50人」、世界経済の減速で多くが資産縮小

    Russell Flannery , Forbes Staff

    冷戦後の緊張緩和と過去20年の中国本土との関係強化によって、台湾経済は大きな恩恵を受けてきた。中国では現在、上海地域だけでも50万人の台湾人が暮らしている。また、台湾からの輸出の4分の1以上は中国本土向けだ。2016年の長者番付に名を連ねた台湾の富裕層のうち、少なくとも半数は台湾海峡をまたいで活発に ...

  • 自転車業界トップ、台湾GIANT 「赤字覚悟」でシェア事業推進

    Ralph Jennings , CONTRIBUTOR

    自転車シェアリングは世界の100を超える都市で導入されている。しかし、多くの自転車はチェーンが外れ、タイヤの空気が抜けている。利用者は多いが、サイクリングの楽しさがいつでも味わえるとは限らない。台湾に拠点を置く世界最大の自転車メーカー、ジャイアント・マニュファクチャリング(Giant Manufac ...

  • 台湾が先進国でなく途上国である5つの理由

    Forbes.com CONTRIBUTORS , CONTRIBUTOR

    ニューヨークのMSCIは、昨年、資本市場に関して台湾は新興国であり、先進国ではないと決定したが、いつの日か、台湾を再評価することになるだろう。「主要な分野で大きな改善が見られなかったことから、過去数年間、株式市場へのアクセスにマイナスとなっている」というのが、MSCIの見解である。その結果、台湾株は ...