• 勝利の方程式は「ポジティブ予測x目的地の意識」

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    10年ぶりの“バブル”とも呼ばれる半導体装置業界の中でも好調な東京エレクトロン。その背景には経営者の「ポジティブ思考」と「長期的視点」によるいい相乗効果があった。「『ほらね。想定通りになったでしょ』と決算説明会で伝えたんですよ。皆様、苦笑いされてましたけどね」東京エレクトロン ...

  • アップルがクアルコム社員を引き抜き 半導体の「自前化」加速

    Aaron Tilley , Forbes Staff

    アップルがクアルコムで半導体部門を統括する副社長を務めたエシン・テルジョグリュ(Esin Terzioglu)を引き抜いていたことが明らかになった。テルジョグリュは2009年以来、クアルコムのエンジニアリング部門を率い、同社のテクノロジーロードマップを描いてきた人物だ。彼はクアルコムに入社する以前は ...

  • 大手メディアが報じない「サムスンがiPhoneの成功を願う」本当の理由

    Ben Sin , CONTRIBUTOR

    先日、筆者はソウルにあるLG本社を訪問した際に興味深い話を聞いた。LGは自社製品にすら搭載していない有機ELディスプレイを、ライバルのアップルに供給しているというのだ。また、サムスンは「iPhone 8」に曲面有機ELディスプレイを供給することが噂されている。これまでアップルと熾烈な競争を繰り広げて ...

  • 激化する米中「半導体戦争」 最先端チップ開発を急ぐ中国の焦り

    John Kang , FORBES STAFF

    オバマ大統領は12月2日、安全保障上の問題を理由に、中国企業による米国内の半導体メーカーの買収を阻止する大統領令を発した。ドイツの「アイクストロン」のカリフォルニア州の子会社を中国企業が買収しようとしていた。中国では過去10年間、半導体が最大の輸入品となっている。年間の輸入額は約2,000億ドル(約 ...

  • 中国最大の半導体メーカー「長江」社が誕生 3Dメモリで世界制覇狙う

    John Kang , FORBES STAFF

    先週、中国の半導体設計大手である清華紫光集団が、同国半導体メーカー最大手の一つ、武漢新芯集成電路製造(XMC)の株式の過半を取得し、「中国最大のチップメーカーが誕生した」とウォール・ストリート・ジャーナルが報じた。XMCには、半導体産業の発展を支援する「国家集積回路産業投資ファンド」が出資している。 ...

  • ソフトバンクのARM買収、半導体業界の好機となるか

    Shreya Agarwal , FORBES STUFF

    ソフトバンクグループが7月18日、英半導体設計大手ARM(アーム)ホールディングスを320億ドル(約3兆3,990億円)で買収すると発表したことを受け、ARMの米上場株は同日の取引で41%急伸。同時にその他の半導体メーカーの株価も、米英の両市場で上昇した。株価が最も上昇した企業の一つが、プロセッサ設 ...

  • 半導体ブロードコム、IoT事業を560億円で売却 サイプレスが引き受け

    Aaron Tilley , Forbes Staff

    IoT分野でまたもや大型買収が発表された。半導体大手ブロードコム(Broadcom)は、同社のIoT事業をサイプレスセミコンダクタ(Cypress Semiconductor)に売却する。今回の買収は4月にアナウンスされ、7月5日に正式合意に至った。買収金額は5億5,000万ドル(約556億円)とさ ...

  • クアルコム 中国政府と合弁で「ビッグデータ」事業推進

    Aaron Tilley , Forbes Staff

    チップメーカーのクアルコムはサーバー事業の立ち上げに向け、中国の地方政府と手を組んだ。クアルコムは中国南西部に位置する貴州省政府と、サーバー向けチップを展開する合弁会社を設立すると発表した。合弁会社には2億8000万ドル(約3287億円)を投資し、貴州省政府が株式の55%を、残りの45%をクアルコム ...