• 寿命を左右させるのは医者なのか?

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    107歳まで生きるようになる─。話題の書『ライフ・シフト』はそう説く。しかし、長生きできるか否かは、決して現代医学の力だけではない。昔に比べて人の寿命は長くなった。一般的には医学が発達したことが大きな理由だと思われているが、実は医療は長寿に加担していないというデータがある。著名な医学雑誌『New E ...

  • 東大卒「代表取締役医師」のキャリアチェンジと仕事術

    堀 香織 , CONTRIBUTOR

    医師・研究者、コンサルタントを経てスタートアップの代表になった豊田剛一郎氏。特異なキャリアは目指すべき進路が見えていたから。アメリカ留学や仕事を通して得た大切な指針について語ってもらった。2015年2月より、医療系スタートアップ「メドレー」に参加し、共同経営者に就任しました。500名を超える医師が、 ...

  • 60歳でアートに目覚めた現役医師、自宅は美術館顔負けの空間

    石坂 泰章 , CONTRIBUTOR

    アートを通して100年先を生きる──。匿名の医師、Dr.Nのメガコレクションを石坂泰章が訪ねた。観る者を唸らせるコレクションでは、作品どうしが互いの作品を高め合う──。東京近郊のN氏宅にうかがうと、いつもそう感じる。現代美術最大の巨匠のひとり、ゲルハルト・リヒター(ドイツ)の油彩・水彩・写真が大小織 ...

  • 米国の「最も給与の高い職種」 2016年トップ10

    Karsten Strauss , FORBES STAFF

    米求人情報サイトのキャリアキャストが、2016年の「最も給与の高い職種」ランキングを発表した。その上位には、厳しいトレーニングや教育、経験を必要とする仕事が多くランクイン。大金を稼ぐには、それらが必要だということを示す結果となった。同ランキングは、キャリアキャスト毎年恒例の職業関連報告書(米労働統計 ...

  • テレビ電話での遠隔地診で小児救急を8割減らせるか?[医療トリビアpart.5]

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    長寿を誇る日本だが、一方で3分診療、介護難民、破綻寸前の医療財政など課題は山積み。誰もが長い人生を健康で送るために、進行中のプロジェクトを紹介する。Part.5は、遠隔医療相談の話。例えば夜中に子供が高熱を出したとする。発熱はよくあることだが、今日はいつもよりも熱が高い。ぐったりしているのも不安だ。 ...

  • 医師に直撃 「一番きついと思う診療科目は?」

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    医師の労働環境を知るために、医師専門サイトMedPeer(メドピア)に登録する医師(7万人以上)を対象にした、「何科が一番きついと思うか」というアンケートを紹介したい。回答数は4,146件。まず、1位の「どの科も同じ」は、「科の内容より人手不足や勤務形態による」という声が代表的。2位の「産婦人科医」 ...

  • 遠隔診療「ポケットドクター」1万人を、世界に

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    日本の医学の最高峰・東京大学医学部。その中にある食堂や医局に一人潜伏し、5,000人以上の医師と面談を続けた男がいる。医療従事者の人材紹介サービスで成長しているMRT代表取締役社長の馬場稔正だ。馬場自身は医師ではないが、大学時代に交通事故で生死を彷徨った末、医師に命を救われた経験から、大学卒業後、病 ...

  • 何を基準に選ぶべき? 医師が教えるクリニックの選び方

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    ちょっと病院に行きたいーそんな時、あなたは何を基準に病院を選んでいるだろうか? 自宅や勤務先からの通いやすさ? 夜8時まで開いているから? 子供の頃から通っているから? 患者は何を基準に病院を選べば良いのか、医師500人に聞いた(複数回答)。回答者全体のうち84.0%の医師が選んだのが「通院しやすさ ...

  • 医師・医大生も悩む性差別、米では女性の7割が経験

    Peter Ubel , CONTRIBUTOR

    どの医師にとっても、医学研究者として名を上げるのは難しいことだ。研究費を確保するための競争は激しく、権威のある医学雑誌に論文を掲載してもらうことは、途方もなく難しい。この分野でキャリアを積もうとする女性たちは、より大きな課題に直面する。多くは男性の同僚たちに比べ、家庭で過度に重い負担(育児や家事など ...

  • 電子たばこが体に及ぼす影響 医師たちの見解は

    CJ Arlotta , CONTRIBUTOR

    電子たばこが使用者にどのような影響を及ぼすのかが、まだ分からないという人もいるだろう。医師たちの元には、患者から電子たばこについての質問が数多く寄せられている。そして新たな研究によれば、それに対する回答は医師によって大きく異なる。スタンフォード大学医科大学院の研究チームの調査で、2011年7月から2 ...

  • 「年収のいい意義ある仕事」ランキング、上位は医療系が占める

    Kathryn Dill , Forbes Staff

    世の中に良い変化をもたらす仕事で、優位性のある給与を手にしたいと考える人は増えている。そして世の中のニーズを満たす仕事の報酬は、それなりであるべきだ。目的意識と同時に健全な金額の給与を提供するのはどの職業か? それを見極めるべく、報酬情報サイトのペイスケール(PayScale)では米労働省職業情報ネ ...

  • 好きな時間に働けて高収入な仕事 トップは精神科医

    Karsten Strauss , FORBES STAFF

    時代を超えて多くの人が、人生の短さを嘆いてきた。それだけではない。人生は複雑でやらなければならないことが多く、私たちの貴重な時間がどんどん奪われていく。仕事もまた私たちの時間を“食う“ものの一つ。しかしその仕事が好きであろうとなかろうと、生活のためには働かなければならない。だ ...

  • 米国で最も稼げる仕事は? 基本給が高い職種トップ10

    Kathryn Dill , Forbes Staff

    開発者やエンジニアばかりが占めると思われがちな高収入な職業ランキングだが、医師や弁護士など、従来から高報酬と考えられてきた職業が、現在も変わらず上位に入ることが分かった。米キャリア情報サイトのグラスドア(Glassdoor)が3月上旬に発表したデータによると、ランキングの1位は医師、2位は弁護士だっ ...