• 「長いものには巻かれない」化粧品ブランド、LUSHの原動力

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    持続可能な循環型社会を目指し、型破りな製品づくりを続けるラッシュ。政治的キャンペーンをも臆さない企業の原動力は、ぶれない倫理意識だ。量り売りのソープや入浴剤などで、日本でもおなじみの化粧品メーカー、ラッシュ。ポップでカラフルな製品イメージが強いが、いずれも野菜や果物など自然由来の原材料で手づくりされ ...

  • マドンナが化粧品事業を本格化、富裕層向けで他セレブと差別化へ

    Hugh McIntyre , CONTRIBUTOR

    マドンナが、自身の名を冠したスキンケアブランド「MDNA SKIN」の全米展開を開始する。しかし、来年60歳を迎える“マテリアルガールが”プロデュースするこの商品は、一般的なスキンケア製品よりかなり高額なものとなる。発売されるプロダクトで最も安価なのは、50ドルのフェイスウォ ...

  • マシンラーニングで美容を変える「My Beauty Matches」が狙う74兆円市場

    Amit Chowdhry , CONTRIBUTOR

    「My Beauty Matches」は、世界で初めて機械学習を用いた美容商品のレコメンドエンジンを開発したスタートアップだ。同社のウェブサイトでは、独自開発した「Beauty Matchingエンジン」を用いてパーソナライズした商品提案を行ったり、膨大な商品(ブランド数3500以上、商品点数40万 ...

  • 米コスメショップ大手「アルタビューティー」 2017年も絶好調の見通し

    Walter Loeb , CONTRIBUTOR

    アルタビューティー(Ulta Beauty)は米国最大手の化粧品ショップで、手頃な価格のものから高級ブランド、サロン製品を取り扱い、サロンサービスも提供している。いま最も急成長を遂げている専門小売店だ。2016年には売上高が前年比23.7%増の49億ドル(約5637億円)と、事前予想を上回る規模とな ...

  • 3ドルのコスメで急成長の米企業、業界に「破壊的」影響及ぼすか

    Debra Borchardt , CONTRIBUTOR

    価格わずか3ドルのリキッドアイライナーが、米国のコスメ業界を「破壊」しようとしている。e.l.f.コスメティクス(e.l.f. Cosmetics)は、あり得ないほどの安値と高品質の製品で、既存の多くのブランドから数多くの顧客を取り込んでいる。社名の「e.l.f.」は、「アイ(eyes)、リップ(l ...

  • ナチュラルコスメ人気に対応、米高級百貨店がセレクトコーナーを拡充

    Haniya Rae , CONTRIBUTOR

    ナチュラルコスメ、オーガニック・コスメは世界的に大規模なビジネスとなっており、今後も継続的な成長が見込まれている。米調査会社トランスペアレンシー・マーケットリサーチによると、オーガニックを含めた自然派化粧品の国際的な市場規模は、2018年末までに132億ドル(約1兆4,900万円)に達する見通しだ。 ...

  • 感情までメイクで演出する女子たち 「耳チーク」ブームを探る

    山田 茜(女子学研究家) , Official Columnist

    みなさんは、「耳チーク」というものをご存知でしょうか。文字通り「耳」につけるチーク、頬紅のことです。人気ヘアメイクアップアーティスト濱田マサル氏がテレビで紹介したことで、SNSでも一気に話題になったのだとか。ドキドキすると、頬だけでなく耳まで赤くなってしまう。そんな「照れて高揚している私」をチークで ...

  • 米エスティ ローダーがベッカ・コスメティックスを買収、若年層を狙う

    Debra Borchardt , CONTRIBUTOR

    米化粧品大手エスティ ローダーは10月21日、オーストラリアの化粧品メーカー、ベッカ・コスメティックス(BECCA Cosmetics)を、ラグジュアリー・ブランド・パートナーズから買収するしたと発表した。最近では人気モデルのケンダル・ジェンナーを広告に起用するなど、若い層の開拓に力を入れてきた同社 ...

  • インスタで人気爆発のコスメブランド、Glossier創立者は元ヴォーグ社員

    Clare O'Connor , Forbes Staff

    設立2年のコスメブランド、Glossierはインスタグラムを活用して売上を伸ばしている。同社を代表する製品は22ドルの保湿マスクのムーン・マスクだ。可愛いパステル調の容器はスマホで撮影されることを前提にデザインされている。「若い世代の女性に響くデザインになるよう、イラストレーターたちと途方も無い時間 ...

  • 化粧品リンメル 「気になるメイクをコピーする」ARアプリを発表

    Rachel Arthur , CONTRIBUTOR

    化粧品のリンメルがAR(拡張現実)テクノロジーを活用し、メイクが試せるアプリ「Get the Look」を発表した。友人や有名人など、試してみたいメイクをした人の顔写真を撮るとアプリがメイクをスキャンし、リンメルの商品の中から近い色を見つける。そして、スマホのカメラを通して自分の顔で試せる仕組みだ。 ...

  • アジア化粧品市場を席捲! 韓国アモーレパシフィックの快進撃

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    アジア市場で、韓国の化粧品大手アモーレパシフィックが快進撃を続けている。ナチュラルな素材を生かした商品を武器に、欧米市場攻略に向けてアクセルを踏み込む。2015年、フォーブス・アジアの「ビジネスマン・オブ・ザ・イヤー」に選ばれたのが、韓国最大の化粧品メーカー「アモーレパシフィック」会長の徐慶培(ソ・ ...