• 英国、EU離脱で深刻な労働力不足も

    David Schrieberg , CONTRIBUTOR

    英国で昨年実施された欧州連合(EU)離脱の是非を問う国民投票で勝利した賛成派は、EU離脱のメリットの一つとして「国境管理の権限回復」を掲げていた。だがこれは将来的に大規模な労働者不足につながる可能性が高く、政府が不足分の補充に失敗すれば主要産業は大打撃を受ける恐れがある。オックスフォード大学の移民観 ...

  • 日本で最も成功した女性起業家、テンプスタッフ篠原欣子の人生

    Chloe Sorvino , Forbes Staff

    今から約40年前、高校卒業後にイギリスとオーストラリアの企業で秘書職を経験した篠原欣子は、自宅の一室で人材派遣業のテンプスタッフを創業した。現在82歳の彼女は、日本で最初の資産額10億ドルを超える女性起業家となった。篠原は2013年にテンプスタッフの持ち株会社のテンプホールディングスの会長職に退いた ...

  • AIも3Dプリントも、世界の労働者に迫る「7つの脅威」

    Vicky Valet , Forbes Staff

    かつてはフィクションにすぎないと考えられていた革新的な技術が現実のものになりつつある中で、労働力の未来は不透明さを増している。米国人の65%は、現在自分たちが従事している仕事は、50年後にはロボットが行うようになっているだろうと考えている。だが、人間の労働力がロボットに取って代わられると予想されてい ...

  • 「人事コンサル」が大量失業!?米国で「HRtech買収」が花盛り

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    これまでデータ活用が遅れていた人事分野にテクノロジー企業が参入すると、何が起こるのか?アメリカでHRテクノロジー市場が活況だ。日本でも今年はこの分野のイベントが増えているものの、アメリカと比較すると一歩遅れてブームが到来したという状況だ。アメリカのHRテクノロジー関連企業の数は、2015年時点で40 ...