• ドナルド・トランプの巧みな「共感力」にだまされる支持者

    Emily Willingham , CONTRIBUTOR

    11月8日の米大統領選が数日後に迫る中、ワシントン・ポスト紙は次の問いから始まる記事を掲載した。「今回の選挙に欠けているものは何か?」同紙が出した答えは、「トランプ支持者への共感」だった。この答えは、多くの人にとって予想外だっただろう。コメント欄では、記事に対する批判的な意見が目立った。個人的に、こ ...

  • 遅すぎた共和党の「トランプ離れ」 わいせつ発言、なぜ決定打に?

    Emily Willingham , CONTRIBUTOR

    米大統領選の共和党候補ドナルド・トランプが、魅力的な女性にはいつも強引に迫っていると自慢げに語った2005年撮影の映像が浮上したことを受け、ついにトランプを見捨てる同党幹部が続出する事態となっている。だが、多方面から聞かれているのが、「なぜいまさら?」という疑問だ。共和党員らは、これまでメキシコ人や ...

  • トランプの「BGM無断使用」は合法? 音楽関係者らに悲報

    Melinda Newman , CONTRIBUTOR

    7月19日、米共和党の大統領候補の正式指名を受けたドナルド・トランプ(70)は、妻のメラニア・トランプ(46)を連れて壇上に現れた。そのBGMとして流された曲が、ロックバンド、クイーンの1977年の大ヒット曲「ウィーアーザ・チャンピオン」だった。これに対しクイーンは即座に抗議。ツイッターで「無断使用 ...

  • ドナルド・トランプ氏を打倒するたった一つの方法

    John Zogby , CONTRIBUTOR

    私は共和党の大統領候補者の支持率を子細に分析している。現時点では、候補者を絞り込むのは時期尚早と考えている有権者が多いのだが、これまでのところは、不動産王ドナルド・トランプ氏が全国、アイオワ、ニューハンプシャーの支持率でトップを走っている。11月8日、9日に行われた全国調査の結果を詳細に分析すると、 ...