• 水揚げ量日本一の銚子でも貴重、期間限定の「イワシ」の正体

    高田 サンコ , Official Columnist

    香ばしく塩焼きになった今日どれ入梅(にゅうばい)イワシを前に、私はまだ「それでもイワシ」感をぬぐえずにいました。いつものイワシの、苦みと口の中に残る脂のにおいを思い出してしまうのです。箸を入れ、身をつまみ上げる。「え…?これ…!?」ヤバみを感じました。みずみずしくふっくら ...