• 経営トップが取り組むべき働き方改革の“答え”とは

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    働き方改革のうねりが想像以上のスピードでビジネスの現場に押し寄せている。すでに新たなステージに移行したと言える大きな変化の波を捉え、事業を成長させるために、企業のリーダーはどのようなことに取り組むべきであろうか。働き方の改革で先を行く日本マイクロソフトで開かれたセミナーをもとに、その神髄を探る。上写 ...

  • 7割は不満足のまま? 生産性を上げる働き方のカギ

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    7割の会社が働き方改革を実施したものの、その結果に満足している従業員は3割未満──。デロイト トーマツ コンサルティングが2017年9月に発表した国内238社を対象にしたアンケート調査で、働き方改革の問題点があらためて浮き彫りになった。なぜ既存の働き方改革では従業員の満足度を高められないのか。そもそ ...

  • 行動経済学が解き明かす「過労死」2つの真因|大阪大学・安田洋祐

    岩佐 文夫 , Official Columnist

    現在の資本主義に課題はないのか。経済学者・安田洋祐に率直な疑問をぶつける連続インタビュー、第3回は働き方改革について(第1回|第2回)。企業の力が強すぎ雇用関係が、働く人の幸福につながっていないのではないか。日本の労働環境が抱える歪みが、ゲーム理論によってクリアになる。岩佐:資本主義の問題かどうかわ ...

  • 働き方改革は「ゆとり労働」と同義ではない

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    2016年9月、内閣官房に「働き方改革実現推進室」が設置された。以降、政府主導で「働き方改革」が推進され、多くの企業が労働時間の見直しやテレワークの試験的な導入などを始めている。 長時間労働の是正、ワークライフバランスの尊重といった言葉が叫ばれる中、働く人、そして企業はどうあるべきなのか――。 現状 ...

  • 「労働時間短縮」以上の働き方改革、見える化がカギに

    AI Lab 編集部 , CONTRIBUTOR

    プレミアムフライデーや残業代ゼロ法案など、仕事に関するトレンドや関連法の改正が相次ぐなか、「働き方改革」という言葉に注目が集まっている。政府が目標とする働き方改革とは「一億総活躍社会」の実現に向けた取り組み全体を差す。首相官邸が公開している「働き方改革実行計画」(2017年3月、働き方改革実現会議決 ...

  • 「WeWorkは日本の『働き方』を変える気はない」CEOが明かす真意

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    18カ国52都市(開設予定含む)に展開し、世界最大のコワーキングスペースの名をほしいままにする「WeWork」。2018年初頭に六本木、新橋、銀座でのスペース開設を発表し、日本での注目はさらに高まっている。9月25日には、Forbes JAPANと岡村製作所の主催で開催されたイベント「Work St ...

  • 売上1.5倍&人件費40%減!「老舗旅館のクラウド改革」

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    社内の業務をIT化した結果、売り上げを1.5倍まで伸ばし、人件費を約40%圧縮することに成功した老舗旅館・元湯陣屋。クラウドを活用した「数字を上げる」働き方改革の事例を紹介しよう。神奈川県の元湯陣屋は、大正7年から続く老舗旅館だ。かつては10億円の負債を抱え、経営破綻の危機に陥った過去を持つ。しかし ...

  • 仕事で自己実現を! Boxが実現する「未来の働き方」

    増谷 康 , CONTRIBUTOR

    企業向けクラウドで急成長中のBoxが、「働き方改革」に取り組む企業を全力で支援している。コンテンツ管理システムで知られる同社がなぜ「働き方改革」なのか? アーロン・レヴィCEOを直撃した。働き方改革─。今、多くの経営者が突き付けられているこの難題に、何年も前から取り組んできたのが、シリコンバレーに拠 ...

  • 人事だけじゃない 広がる「脱評価」の動き

    電通 Bチーム , CONTRIBUTOR

    「働き方改革」一色のビジネス界で、「No Rating」という言葉が散見されるようになった。人事評価のランク付けをなくすというものだ。点数による評価や競争と、従業員のパフォーマンスや収益は相関するのかという疑問から始まった。実は、この「脱評価」の発想は人事評価にとどまらない。いろいろなところに広まっ ...

  • 「働きがいのある会社日本一」の企業の秘策

    藤吉 雅春 , Forbes JAPAN 編集部

    世界約50カ国、従業員1000人以上の7000社を対象にしたGPTW(Great Place to Work Institute)の「働きがいのある会社ランキング」で2017年に第1位、10年連続ベストカンパニーを受賞している企業がある。ワークスアプリケーションズ(WAP)だ。96年に創業し、人工知 ...

  • 顧客満足度1位のトヨタ販売会社が実践する「社員第一主義」

    藤吉 雅春 , Forbes JAPAN 編集部

    「まるで幼稚園児への生活指導だ」。労働時間を一律に圧縮する政府への不満をよく聞く。長時間動労による過労死を防ぎながら、生産性を高めて収益を上げることはできるのか? 小さな工夫で大きな発見を見出したネッツトヨタ南国の働き方にそのヒントがあった──。グラフを見ていただきたい。トヨタ車の国内販売台数が96 ...

  • 同僚の給与を「見える化」したら、社内はどうなるか?

    藤吉 雅春 , Forbes JAPAN 編集部

    あるフォーラムで小泉進次郎代議士が、「働き方改革」と消費の喚起を兼ねたプレミアムフライデーについて次の話をすると、会場はドッと笑いに包まれた。「旗振り役の経済産業省が各省に、午後3時以降は帰るよう連絡したら、どんな答えが返ってきたか?『だったら3時以降、何をしたらいいかモデルケースをつくってください ...

  • 世耕弘成大臣「多様な働き方を包括する社会づくりが急務」

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    世界経済の先行きが不透明な中、日本は変革に迫られている。注目すべきは、第三次安倍再改造内閣が進める改革の中で最大のチャレンジとされる「働き方改革」だ。2月15日、都内で開催された「at Will Work 働き方を考えるカンファレンス2017」に経済産業大臣の世耕弘成氏が登壇。「日本人の働き方を変え ...