• 幼児から学ぶ、心の健康を維持する5つのコツ

    Danielle Brooker ,

    現代に生きる私たちが自分に課すストレスやプレッシャーは、一層明らかになっている。ストレス自体は精神の病とは考えられていないものの、うつ病や不安症を引き起こしてしまうことも多い。それでも私たちの生活には、自然なインスピレーションの源となり、ストレスさえ緩和してくれる存在がいる。私たちはこの存在を、今ま ...

  • 自然か人工か 健康と幸福を左右する「光の選択」

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    技術を活用することで、薬剤を使わない新たな興味深い治療法が生まれる。こうした治療の選択肢からは、人間の生理学的側面を維持管理する新たなアプローチが生まれることもある。光が持つ可能性については臨床診療の分野で確立されているが、デジタルヘルス分野でも面白い機会点をもたらしてくれる。私たちは光の中に生きて ...

  • テニスをすると長生きに? 平均余命とスポーツの関連性を調査

    Steven Salzberg , CONTRIBUTOR

    長生きするための最善の方法は、テニスをすることかもしれない。日常生活に取り入れることで、平均余命を10年近く延ばす可能性があるという。運動が長生きに効果的だということは、すでに過去の研究で明らかにされている。例えば、米国で1989年から行われているコホート研究、「心血管健康研究」の参加者に関するデー ...

  • 体調は万全に|成果を出すグルーミングアイテム vol.9

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    「見た目もビジネスパフォーマンス」だとすれば、ファッションに限らず、美容にも気を配りたい。「成果を出すためのグルーミング」と題した本連載では、そんなエグゼクティブに向け、毎月テーマに沿ったおすすめのアイテムを紹介する。9回目の課題は「体調は万全に」。代理が利かない経営者にとって、常に身体をベストコン ...

  • 認知機能の低下につながる7つの習慣 ネクタイも悪影響

    Alice G. Walton , CONTRIBUTOR

    私たちの日常的な習慣と認知機能との関連性について先ごろ、いくつかの興味深い研究結果が発表された。長期間の生活習慣は、脳の力を大幅に低下させたり、高めたりする可能性があるという。認知機能を低下させ得る全ての行動を変えることはできないだろう。だが、以下に挙げる習慣とそれによってもたらせる状態については、 ...

  • コーヒーが心臓に良い理由の一つは「カフェイン」、独大学が発表

    Alice G. Walton , CONTRIBUTOR

    コーヒーは近年になって、「避けるべき食品」のリストから「適度に取るべき食品」リストに移された。脳や心臓の健康から代謝の促進、がんの予防まで、さまざまなメリットをもたらすと考えられるためだ。そのコーヒーが特に心臓の健康に良いと考えられる具体的な根拠の一つが、特定された可能性がある。ドイツ・デュッセルド ...

  • 「腸活」で脳機能も向上 善玉菌を増やす食品とは

    Jess Cording , Contributor

    英語ではよく「自分のはらわた(gut)を信じなさい」と言うが、これにはもっともな理由がある。この場合の「はらわた」は「直感」という意味だ。効果的なコミュニケーションと意思決定をするには、物事について明確な感触を持ち、その直感を基に行動に移せることが重要だ。だが、これほど信頼すべきとされるお腹の健康に ...

  • 砂糖の摂取量を賢く減らす5つの方法

    Noma Nazish , Contributor

    朝食用のシリアルやクッキーからサラダのドレッシング、スムージーまで、砂糖は多くの食べ物に含まれている。私たちがそうとは思わない多くの食品の中にも、忍び込んでいるのだ。甘党の人でも、体は実際には砂糖を欲していないかもしれない。米医学誌JAMAインターナル・メディシンに発表された研究結果によれば、砂糖を ...

  • 楽観的な人ほど健康? 研究結果が可能性を示唆

    David DiSalvo , CONTRIBUTOR

    日々接するニュースの中で、私たちが楽観的でいるのは決して簡単ではない。それでも科学的に見れば、プラス思考でいることは健康の増進につながっていると考えていいようだ。楽観性と心臓の健康の関連性を裏付ける新たな証拠と言える研究成果が先ごろ、英国の医師会雑誌(BMJ)のオンライン医学誌「BMJ Open」に ...

  • 食生活改革のカギは「発酵食品」にあり

    平井 孝幸 , Official Columnist

    朝食には納豆、キムチ、お味噌汁。昼には植物性乳酸菌飲料や酵素ドリンク、夜には漬物や甘酒……。私の食生活は、いまでこそこんな具合に発酵食品に溢れていますが、実は昨年の夏まではこれほど極端ではありませんでした。食卓が変えるきっかけになったのは、昨年の夏に届いた一通のメール。社 ...

  • 「座りすぎ」は脳にも悪影響、運動でも相殺できない可能性

    Alice G. Walton , CONTRIBUTOR

    座っていることが健康にとって最悪の行動の一つであることを、あまり信用していなかった人もいるかもしれない。だが、そうした考えを変える可能性がある研究結果が発表された。カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)の研究チームが米科学誌プロスワンに発表した論文によると、座っていることは体の健康に悪影響を及 ...

  • ボトル入り飲料水に混入のプラスチック粒子、ネスレの商品が最多

    Niall McCarthy , CONTRIBUTOR

    世界保健機関(WHO)は先ごろ、ボトル入りの飲料水に含まれるプラスチック粒子の危険性についての調査を開始すると発表した。各国で販売されている複数の主要ブランドを対象とした調査で、90%以上のボトルに微小なプラスチック粒子が混入していたことが確認されたためだ。米国のNPOオーブ・メディア(Orb Me ...

  • 「呼吸」が健康に重要であることを示す5つの研究

    David DiSalvo , CONTRIBUTOR

    呼吸の科学は、大昔に築かれた土台のうえに成り立っている。数世紀にわたる知恵は、私たちにもっと息をすることに意識を向けるべきだと伝えている。しかし、呼吸は私たちが日々行う最も基本的な行為だからこそ、疎かにされやすい。呼吸と脳、そして健康全般に関する最新科学は、呼吸に注意を払う価値があることを思い出させ ...

  • 住宅用洗剤の悪影響、「たばこ1日1箱」と同程度にも

    Bruce Y. Lee , CONTRIBUTOR

    自宅の掃除と喫煙は異なる行動だが、住宅用洗剤を定期的に使用することが、1日にたばこ1箱を吸うのと同程度の悪影響をもたらす可能性があることが分かった。先ごろ「American Journal of Respiratory and Critical Care Medicine」に掲載された研究結果による ...

  • 「シーザー」か「ニース風」か 名物サラダの健康の秘密

    松嶋 啓介 , Official Columnist

    世界を見渡したときに有名なサラダが二つあります。シーザーサラダとニース風サラダです。ホテルやレストラン、カフェなどでは、必ずと言っていいほどこのどちらか、または両方がメニューに載っています。そのひとつ、「サラダニソワーズ」と呼ばれるニース風サラダは、さまざまな食材を組み合わせたサラダで、マグロやアン ...

  • 飲み放題でも「水」を飲む、マインドフルドリンキングの効果とは

    平井 孝幸 , Official Columnist

    前回、DeNAで社員を健康にする専門部署、CHO(Chief Heslth Officer)室を立ち上げた経緯と、「渋谷でケンコー」というラジオ番組で毎週パーソナリティを行うことになった流れについてご紹介しました。「渋谷でケンコー」では、聴いている人に健康的なライフスタイルに興味を持ってもらおうと、 ...

  • 糖尿病による認知力の低下、「予備軍」でも十分に危険

    David DiSalvo , CONTRIBUTOR

    血糖と脳機能の関係を調べた大規模な研究により、前糖尿病・糖尿病を患っている人々は正常な血糖値の人々に比べて認知能力が低下していることがわかった。研究結果は、血糖異常が心臓から脳まであらゆる健康を害するであることを強調するものだ。一方でこの研究は、糖尿病と認知能力の関係についてポジティブな面も示してい ...

  • 成功と幸福を呼ぶ、体と心の「正しいメンテナンス」

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    人が人らしく働ける環境づくりがなぜ、社会に大きなインパクトを与えるのか。「WELLNESS AWARD OF THE YEAR」の主催であり、現代ビジネスの課題に新たな視点で挑むFiNC代表取締役社長・溝口勇児に話を聞いた。昨今、日本でもさまざまな企業が、本格的に着手し始めた「健康/ウェルネス経営」 ...

  • エナジードリンクの健康リスク、特に若者に影響大の可能性

    Alice G. Walton , CONTRIBUTOR

    エナジードリンクの販売に対する規制強化への関心が再び高まる中、これらの製品が健康に及ぼし得る害についての新たな研究結果が発表された。カナダのウォータールー大学の研究チームは、エナジードリンクとこれらに多く含まれるカフェインの摂取がもたらす悪影響について明らかにするため、12~24歳の2000人以上を ...

  • 「ブルーゾーン」の生活に学ぶ健康長寿のための2つの習慣

    Alice G. Walton , CONTRIBUTOR

    健康と長寿に関する研究が続けられる中で、科学者たちは「ブルーゾーン」に関心を向けてきた。このゾーンに入るのは、長生きの人が非常に多い沖縄やイタリアのサルデーニャ、ギリシャのイカリア島、米カリフォルニア州のロマ・リンダ、コスタリカのニコヤ半島などの地域だ。これらの地域では、90~100歳以上まで生きる ...

  • ボケとツッコミで「医療のキモ」をおさえる方法

    首藤 淳哉 , Official Columnist

    あれは日曜日の早朝のことだった。ふだんならまだ夢の中にいるはずが、なぜかパッチリと目が覚めたのだ。どうやら体の奥から突然届いた信号によって目が覚めてしまったらしい。「あれ? なんでこんなに腹が減ってるんだろう?」そう、それは猛烈に腹が減っている際に感じる胃の痛みに似ていた。布団を脱け出してキッチンへ ...

  • 長期的な健康効果が科学的に確認された10の食品

    Alice G. Walton , CONTRIBUTOR

    世界各国で現在、主な死因に挙げられる病気の多くが、健康に良くない食生活と関連している。これは、多くの人たちの食生活が「西洋化」したこととも関わりがある。そうした中で、長期的な健康の維持に関連があると見られるものについてはこれまで、さまざまな研究が行われてきた。健康の維持や回復に効果があることが科学的 ...

  • 経験と勘からビッグデータに 「健康」を変えるテクノロジー4選

    新國 翔大 , Forbes JAPAN 編集部

    メールの自動監視や精神状態の"見える化"。働く現場でもIoT、AIの活用が進み、さまざまな情報が把握できるようになった。人とモノ、人と機械、企業と企業がつながるコネクテッド・インダストリーズ。「健康」を変える4つの最新事例を紹介する。1. データ分析で病気を早期発見 | 国立成育医療研究センター厚生 ...

  • クリエイティビティは「心身の健康から」 坐禅歴10年の社長に聞く

    堀 香織 , CONTRIBUTOR

    子どものときから独立心旺盛で大学時代に公認会計士の資格を取得した佐藤英志さん。現在の社長業に至るまでの変遷とクリエイティビティを養う原点について語っていただいた。主にエレクトロニクス部品向けの化学品の製造・販売を行う太陽ホールディングス(HD)で取締役、副社長を経て、2011年より社長を務めています ...

  • 「座りすぎ」の悪影響は喫煙並み? 30分が軽減のカギに

    Alice G. Walton , CONTRIBUTOR

    すでに多くの人たちが、長時間にわたって座り続けることと死亡リスク上昇の関連性を認識しているだろう。さらに、運動をしても長時間の座り姿勢の悪影響が完全には相殺されないと見られることが、2015年に発表されたその後の研究結果によって示されている。米コロンビア大学メディカルセンターとニューヨーク長老派教会 ...

  • お金の悩みは「体が痛い原因」に 解決するための6つ策

    Next Avenue , Contributor Group

    お金の問題がある人はない人に比べて、身体的な問題を抱えている可能性が高いことが分かった。家計をコントロールできていないことは精神的な不安定さの原因となり、それが体に痛みをもたらすという。科学誌「サイコロジカル・サイエンス」に掲載された米バージニア大学とコロンビア大学の研究結果によると、実施した6件の ...

  • 睡眠負債を溜め込まない! 質のよい眠りのために重要な3つの習慣

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    わずかな睡眠不足がまるで借金のように積み重なっていく「睡眠負債」。ガンや認知症など生命にかかわる健康被害のきっかけともなり、日々の生活の質を低下させていくさまが「NHKスペシャル」などテレビでも取り上げられ、大きな注目を集めている。1日6時間の睡眠を確保している人でも陥りがちだというこの睡眠負債を溜 ...

  • 寿命を左右させるのは医者なのか?

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    107歳まで生きるようになる─。話題の書『ライフ・シフト』はそう説く。しかし、長生きできるか否かは、決して現代医学の力だけではない。昔に比べて人の寿命は長くなった。一般的には医学が発達したことが大きな理由だと思われているが、実は医療は長寿に加担していないというデータがある。著名な医学雑誌『New E ...

  • ペットが子供にもたらす健康効果、米調査結果が否定

    Rita Rubin , CONTRIBUTOR

    犬や猫をペットとして家族の一員に迎える経済的・時間的な余裕がないと思っている人は親として、そのことで罪悪感を持っているかもしれない。そうだとしても無理はない。これまでペットを飼うことは、子供の精神的・身体的健康に大きく貢献すると言われてきた。だが、人間と動物の関係に関する研究結果を専門に扱うジャーナ ...

  • 睡眠不足とウエストサイズの関連性、英調査でも確認

    David DiSalvo , CONTRIBUTOR

    私たちには十分な睡眠が必要だ。この点については、科学的合意が形成されている。睡眠と肥満については過去にも関連性を示す研究結果が発表されているが、米オンライン科学誌プロスワン(PLOS ONE)に先ごろ掲載された論文もまた、睡眠不足が私たちのウエストのサイズを増やすこと、体格指数(BMI)を上昇させる ...