• 超小型医療ロボットで映画「ミクロの決死圏」の世界が現実に

    Leif Walcutt , Forbes Staff

    1966年公開の映画「ミクロの決死圏」は、ミクロ化した外科医たちが患者の体内に潜り込んで治療を行うというストーリーだった。それから50年以上が経った現在、農業など多くの分野でロボットが活躍しており、医療においても、かつては空想科学の世界と思われた技術が現実のものとなろうとしている。医療現場でロボット ...