• NYで世界最大の「仮想通貨会議」開催、ツイッターCEOも登壇

    Jeff Kauflin , Forbes Staff

    米ニューヨークで第1回目の「ブロックチェーン・ウイーク」が開催される。開催期間は5月11日から17日まで。主催はリサーチ企業の「コインデスク(CoinDesk)」と雇用促進を目標に掲げるNPOの「ニューヨーク・シティ・エコノミック・ディベロップメント・コーポレーション(NYCEDC)」だ。今回のブロ ...

  • スイスの国際シンポジウムに招待された若者たちの「共通点」

    本荘 修二 , Official Columnist

    今日と明日のリーダー達がスイスに集う世界的なシンポジウムをご存知だろうか?各国から政産官学界のリーダー600人が揃い、50か国以上から30歳以下のリーダー200人が招待される「サンガレン(St. Gallen)」は、まさに垣根を越える場だ。1970年から続くスイスで最も古い国際シンポジウムであり、I ...

  • 誰が会議を殺すのか? 会議にいる「3種のバカ」とは

    野呂 エイシロウ , Official Columnist

    「人件費の高い優秀な人間は日テレに行け! うちは安い人件費のバカがたくさんいればいいんだ。才能よりも頭数が大事だ!」と、某放送局のプロデューサーが大声で話す。会議室の外まで声が響く。「ということは、ここにいるのは馬鹿なんですか?」と部下が口をはさむ。「そのとおりだ! 能力がある人間は日テレに行け!」 ...

  • 10人の会議を3000人が観る、「ライブ会議」の可能性

    小山 薫堂 , CONTRIBUTOR

    放送作家・脚本家の小山薫堂が「有意義なお金の使い方」を妄想する連載第24回。企画は会議から生まれ、会議で育つ。仕事で、番組で、そのことを実感した筆者はいよいよ自社に“ライブ会議”をできる場を設けた。会議は「発想の戦場」である。僕自身、会議のときは他の人よりも絶対におもしろいア ...

  • 胸騒ぎのアイデアを生む「プロセスの模様替え」

    電通 Bチーム , CONTRIBUTOR

    ブレーンストーミングの効果は科学的に立証できないという説がある。話し合いはせっかくのアイデアを丸くしがちだ。では、ひらめきを生む策はあるのか?「どうして、良い仕事するのに『話し合う』っていうプロセスが不可欠ってことになってるの?」それは、同僚のロシア人の一言がきっかけだった。机を囲んだ仲間たちは、目 ...