• インドの「代替肉」スタートアップに世界が期待する理由

    Michael Pellman Rowland , CONTRIBUTOR

    インドは今後、鶏肉や牛肉、マトンの消費量が世界で最も多い国の一つになると見込まれている。宗教やその他の要因により、一般的には菜食主義者が多いと考えられている同国だが、データを見ると、必ずしもそうではない。インド内務省統計局の調査によると、15歳以上人口の71%は、菜食主義ではない。つまり、同国の人口 ...