• 中国で進む「AI介護」の実用化、ロボットヘルパーの投入も

    Sara Hsu , Contributor

    中国の親たちは、一人しかいない子どもに老後を頼れないことに気付きつつある。60歳以上の人口は約1億8500万人。そして60歳以上のうち子どもと同居しているのは38%しかいない。子どもをあてにできない以上、高齢者は介護施設に入らざるをえないが、介護施設も人件費の上昇に直面している。コスト問題を解決しな ...

  • 「要介護度」を減らせ! AIによる自立支援の挑戦

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    日本の介護保険制度によるケアプランの膨大なデータは、「宝の山」だった! スタンフォード大学の天才研究者と組み、AIを使って介護のパラダイムシフトを起こす。2015年5月、訪問介護サービス大手のセントケア・ホールディングで介護ロボット、AI、認知症ケアの3分野で新規事業開発を担当していた岡本茂雄は、シ ...

  • ソフトバンクとAIで提携、Skymindが描く「介護ロボット」の未来

    Aaron Tilley , Forbes Staff

    機械学習分野で最も認知度の高いアプローチであるディープラーニングは、様々な分野で活用が進んでいる。しかし、その大部分はクラウドで処理されるものだ。そんな中、サンフランシスコ本拠の人工知能(AI)のスタートアップ「Skymind」は、ディープラーニングを直接ロボットに組み込もうとしている。Skymin ...

  • 男性介護者に多い「共有する意思」のなさ、孤独感の原因に

    Howard Gleckman , CONTRIBUTOR

    米国の10世帯のうち4世帯では、高齢になった家族の介護の役割を男性が担っている。それは主に、夫や兄弟、義理の息子たち、あるいは隣人の男性たちなどだ。米国ではこれまで、介護について語るときには必ずと言っていいほど、こうした男性たちの存在が無視されてきた。家族の介護をするのは、40歳を過ぎた娘たちだと思 ...

  • 男性介護者が気をつけるべき6つのこと

    谷本 有香 , Forbes JAPAN 編集部

    介護を語る上で欠かせない言葉に、「2025年問題」がある。約800万人いる団塊の世代が、75歳を迎えるのが2025年。この歳を超えると、急速に介護や医療が必要になる人が増え、家族への負担も大幅に増えると予想されている。企業や社会にとって、その2025年を前に仕事と介護を両立させる仕組みづくりが喫緊の ...

  • 技術活かした介護を-世界が期待する日本のシニアケアビジネス

    谷本 有香 , Forbes JAPAN 編集部

    アジア最大規模のシニアケアビジネスフォーラム、Ageing Asia Innovation Forum(AAIF in JAPAN2016)が10月末、都内で開かれた。毎年シンガポールで開かれるこのフォーラムは、世界20か国以上の民間企業・NPOの経営者、行政長官など200名を超える関係者が集まる介 ...

  • 介護者の苦労を軽減する尿意センサー

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    国の≈政策は高齢化社会に追いついておらず、介護予算も介護人員も切迫している。介護者たちが「最大の問題」という排泄問題を解決できれば、介護負担は軽減する。それを「爆弾」と称する人もいる。突然の尿意や便意、そして失禁など、人知れず排泄の悩みを抱えている人は多い。その切実な悩みに応えるべく、尿 ...