• 難しい同僚とうまく付き合う4つの方法

    Liz Ryan , CONTRIBUTOR

    私は数カ月前、キャリア指導サービスの顧客のジェーン(仮名)からアドバイスを求められた。彼女は、今の仕事を退職したいと考えていた。その主な原因は、同僚と合わないことだ。仕事や勤務先の会社にはとても満足していたため、残念な状況だった。気が合わない人に囲まれた職場で毎日働くのはつらい。私がこれまで働いてき ...

  • 人間関係を更新していくための「お互い様」の作法

    尾原 和啓 , Official Columnist

    僕は時折、イベントの開催などを告知したいという方から、「この情報をあなたのSNSのタイムラインでシェアしてくれないか」とメッセージをもらうことがあります。こうして依頼されること自体は嬉しいのですが、きたもの全てを投稿していると、僕のSNS自体を読んでくださる方からの信頼度が下がってしまうので、「拝読 ...

  • これを言う上司は信用するな 小心者が発する5つのせりふ

    Liz Ryan , CONTRIBUTOR

    職種にかかわらず、上司というのは仕事で最も重要な人間だ。部下は上司を信頼し、尊敬しなければならない。そうでなければ、薄氷を踏むことになる。職場でもどこでも、“恐れ”は強い動機となる。もしあなたの会社の上司が恐れを抱いている人だった場合、必要と感じたらすぐにあなたを犠牲にするだ ...

  • 上司に嫌われていても仕事で成功する方法

    Liz Ryan , CONTRIBUTOR

    以下は読者のハリーから寄せられた便りと、私からの回答だ。今の仕事は、全てが理想的と言ってもいいほど素晴らしいのですが、唯一の例外が上司との関係です。上司の「フィル」は私のことが気に入らないようで、それを隠そうともしません。私が今の部署に異動したのは1年前で、その約1か月後にフィルも現場でのポジション ...

  • ロックフェラーが遺した「10万人の連絡先カード」に学べること

    Carmine Gallo , CONTRIBUTOR

    昨年、101歳で死去した有名銀行家・慈善家のデービッド・ロックフェラーは、特注で設計された高さ1.5メートルのローロデックス(回転式カードホルダー)に、10万人の連絡先を保管していた。米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)は最近、この厳重に保管されたカードホルダーへのアクセスを許可された。保管 ...

  • 知らずに職場の嫌われ者に? 気をつけるべき9つの癖

    Jennifer Cohen , CONTRIBUTOR

    ほとんどの人は、職場では皆から愛される存在になろうと努めるものだ。少なくとも、職場に1人はいるような厄介な同僚にはなりたくないはずだ。残念なことに、知らず知らずのうちに同僚をいら立たせてしまう癖を持っている人は多い。ここでは、意識せずに同僚を不快にさせてしまう9つの行動とその解決法を紹介する。1. ...

  • バランスの良い「人間関係のポートフォリオ」、できていますか?

    林 久美子 , Official Columnist

    心折れるリーダー、出勤できなくなる会社員……。日常生活のいたるところにストレスは潜み、いくつかの出来事がトリガーになって、ある日突然、ストレスに負けてしまう。もしかしたら、それは明日、あなたを襲うかもしれないのだ──。厚生労働省の平成28年の労働安全衛生調査によると、現在 ...

  • 「リスペクトされる」の解釈が違う人への対処法

    Jessica Hagy , CONTRIBUTOR

    人から尊重されたいと思うとき、それは「平等に扱われたい」「協調して取り組みたい」ということだろうか。それとも、「自分の方が上の立場にある者として扱われたい」「優位に立ちたい」ということだろうか。「尊重される」という言葉は、人によってどのような意味に受け取られているのだろうか。機能的で実用的な職場の人 ...

  • 細か過ぎる上司 部下に必要なサバイバルスキルは

    Lisa Quast , CONTRIBUTOR

    シーラ(仮名)は新しい職場の上司が、部下の仕事の細かい部分までを極端に管理したがるタイプだと知った。例えば何か仕事を与えた後に、その進捗状況を1日に何度も確認してくるのだ。「最悪だったのは、彼が私の執務スペースに椅子を持ち込んで隣に座り、私が働いている横で画面を指さしながら色々質問してきたことです」 ...

  • 「孤独」から逃れる方法はあるのか? ミレニアル世代記者の考察 

    Caroline Beaton , Contributor

    ある凍てついた闇夜、百貨店メイシーズ経営者のイジドー・ストラウスとその妻は、沈みゆくタイタニック号の甲板に立っていた。救命ボートには妻の席が確保されていたが、彼女は「私たちの運命は一つです。あなたの行くところへ私も行きます」と言い、頑なに夫のそばから離れなかった。それが、人々が見た40年連れ添った夫 ...

  • 社内恋愛はやっぱり危険? マッチメイキングのプロに聞く秘訣と対策

    Karsten Strauss , FORBES STAFF

    恋愛とは、素晴らしくもあると同時に、時にとんでもないストレスを生むもの。舞台が複雑な人間関係が渦巻く職場となれば、なおさらだ。同僚とのロマンスは仕事の人間関係にどう影響するのか。相手が上司だったら? 自分が上司だったら? 関係がうまくいかなかったらどうなる?こうした疑問に答えるべく、ニューヨークでマ ...

  • 世界に溢れる「偽ニュース」から学べること 人を動かす情報とは何か

    David Sturt and Todd Nordstrom , CONTRIBUTOR

    あらゆる方向から伝えられるニュースや情報の圧倒的な量によって、米国民は今、間違いなく怒り、分断され、混乱している。ニュースの中には真実もあるし、全くの作り話もある。だが、私たちが耳にするニュースの大半は、半分の真実と不完全な事実、そして世界に関する私たち自身の個人的な理解と認知、意見が混ぜ合わさった ...

  • 職場の対立をプラスに変える5つの方法 問題は成長のきっかけにも

    David Sturt and Todd Nordstrom , CONTRIBUTOR

    職場が険悪なムードに包まれることもある──行く先々で必ず誰かと対立するような人は、どこにでもいるものだ。だが、対立は必ずしも、エネルギーを無駄に流出させるだけの悪いものではない。そこから何かを得られる場合もある。制約がイノベーションを生むきっかけになることも、障害や問題点が私たちに別の視点を与えてく ...

  • 会話が弾まないとき、話の切り替えは「感動詞」でスムーズに

    中井 信之 , Official Columnist

    初めて会う相手を気遣うばかりに会話が弾まず、長い時間話していたのに、何を話したのか覚えていなかった…という経験はないだろうか。会話が弾ないときには、率先して話題を変えた方が双方にとって良い結果を生むことがある。話題が変われば、雑談が生まれ、ビジネスチャンスに発展することもある。互いの仕 ...

  • 年配の上司がミレニアル世代に嫌われる4つの理由

    Victor Lipman , CONTRIBUTOR

    ミレニアル世代が労働力の中心になってきたことに伴い、経営陣にとってそれが何を意味するのかということが話題になっている。同様に、年配のマネージャーたちが彼らを理解し、士気を高める上で直面する難題についても、様々な研究や議論が行なわれている。筆者は常に、こうした研究や議論を興味深く見ている。マネージャー ...

  • 卑劣な上司の10の言動に学ぶ健全な職場の選び方

    Liz Ryan , CONTRIBUTOR

    賢い組織はチームのメンバーを尊重し、称賛する。旧態依然としたトップダウン型の官僚制組織は、従業員たちをあえて尊重しない。そうすれば、「従業員は全て簡単に交換可能な機械の歯車の歯の一つだ」という考えを支持しないとのメッセージを送ることになり得るからだ。世の中には強い上司と大勢の弱い上司たちがいる。弱い ...

  • 人気はビジネスでも武器に、「両性」に好かれて味方を増やす方法

    中井 信之 , Official Columnist

    あなたの周りには、なんとなく人から人へと紹介されて上手くいっている人はいないだろうか?その人たちに共通していることは、男性からも女性からも人気があるということだろう。「人気がある」とは、顔がひろく人望があり、自分の知らないところでも応援してくれる味方がたくさんいることだ。もし、仕事上の重要人物と初め ...

  • 職場の「難しい人」と信頼関係を築く4つの方法

    David Sturt and Todd Nordstrom , CONTRIBUTOR

    先日リーダー育成トレーニングを実施し、参加者に「チームの中に尊敬できない、“難しい人”がいる人は?」と質問してた。すると、あちこちで手が挙がった。大企業のCEOや人事担当者もいれば、小規模企業のオーナーや中間管理職など、あらゆるタイプの人がいた。会場にいた誰もが、この&ldq ...

  • 疫病を避けるように遠ざけたい「有害な人」5タイプ

    Travis Bradberry , CONTRIBUTOR

    有害なタイプの人間は、論理に基づく思考を否定する。こうした人の中には、自分が周囲に及ぼしている悪影響に全く気付かずのほほんとしている人も、混乱を引き起こして満足気な人も、故意に相手を怒らせたりする人もいる。さまざまなタイプの人たちにどう対応すべきか学ぶのは、大切なことだ。だが、本当に有害な人たちには ...

  • 女性は職場で「男性よりも女性に厳しい傾向」との調査結果

    Karsten Strauss , FORBES STAFF

    どんな職場であれ、そこで働いている人の間に衝突は生じるものだ。理由は性格の違い、競争心やちょっとした難癖や不満などさまざま。全ての人が上手くやっていけるということはない。だが意外なのは、職場において女性同士が敵対する傾向があることだと、リーダーシップ・コンサルティング会社スカイライン・インターナショ ...

  • ダメな上司だけがする10の発言

    Liz Ryan , CONTRIBUTOR

    いい上司を見分けるのは簡単だ。いい上司は、「よくやった!」や「調子はどう?」と常に声をかけ、部下の話に耳を傾け、士気を高めることが上司にとって一番重要であることを心得ている。ダメな上司はそれが分からない。中には、ある日フレンドリーだったかと思えば、翌日には罵声を浴びせてくる人もいる。能力のない上司の ...

  • 気分屋上司とうまく仕事をする10のコツ

    Forbes.com CONTRIBUTORS , CONTRIBUTOR

    特別な理由もなくイライラしたり機嫌が悪くなったりする、気分屋な上司を持ってしまった経験はないだろうか。そんな気分屋上司とうまく仕事をする方法を、ビジネスライターが10のコツとして伝授する。1. パターンを見つける嵐のくるタイミングやきっかけにはパターンがある。このパターンを押さえることで上司の機嫌を ...