• 「人種差別」と戦うエアビーアンドビー、有名黒人俳優を顧問に

    Clare O'Connor , Forbes Staff

    エアビーアンドビーが有名黒人俳優のダニー・グローヴァーをアドバイザーとして招き入れ、人種を理由とした宿泊拒否の問題に取り込むことが明らかになった。1987年の映画「リーサル・ウェポン」の名演で知られるグローヴァーは、多文化主義を推進する市民活動家としても知られている。グローヴァーは8月23日、「米国 ...

  • 「英語が話せない」ウーバー運転手に罰金刑 米フロリダ州

    Janet Burns , CONTRIBUTOR

    米フロリダ州マイアミのウーバーの運転手が「罰金250ドル」を宣告された。その理由はスペイン語を母国語とする彼女が、英語を話せなかったからだ。事件は6月18日の日曜日にマイアミ国際空港で発生した。ウーバー運転手のCarmen Hechevarríaは乗客を空港で降ろすところだった。警備担 ...

  • 増える米国の憎悪団体、反イスラムは1年間で3倍増

    Niall McCarthy , CONTRIBUTOR

    人種差別の問題などに取り組む米国の非営利団体、南部貧困法律センター(SPLC)の最新の報告書によると、米国内では各地で憎悪団体(ヘイトグループ)が増加している。2014年以降、全米で増加が続いており、2015年には892だったこれら団体の数は、2016年には917に増えた。中でも反イスラム系が急増し ...

  • 米国で進む「若者のブーメラン化」、なぜ自立できず親元へ戻るのか

    Erik Sherman , CONTRIBUTOR

    ミレニアル世代が親のいる実家に戻る、いわゆる“ブーメラン化”は厄介な問題だ。2015年の米調査機関ピュー・リサーチ・センターの報告によれば、景気が回復傾向にあるにもかかわらず、実家で暮らしている18~34歳の若者の数は高水準にとどまっている。その大きな要因の1つとされているの ...

  • スナップチャットに人種差別批判 「顔をボブ・マーリーにする」機能で炎上

    Abigail Tracy , Forbes Staff

    スナップチャットが公開した「顔をボブ・マーリー風に加工できるフィルター」が物議を醸している。このフィルターは米国で「マリファナデー」とされる4月20日に公開された。スナップチャットはボブ・マーリーの遺産管理団体、ボブ・マーリー・エステートと提携し、このフィルターを公開したという。1981年に死去した ...