• 知識ではなく「知性」を磨いた人が生き残る

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    AIと人間の境界線が薄れゆく今、私たちは何を己の武器とするべきか。その問いに挑んだのは、政策研究大学院大学の黒川清氏と、脳科学・教育・ITを掛け合わせて未来の学習を創造するDAncing Einsteinの青砥瑞人氏だ。王道のエリートコースを歩み医学の道を究めた黒川氏と、高校中退後フリーターを経験し ...

  • 人生の判断基準は「10歳で決まる」

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    AIと人間の境界線が薄れゆく今、私たちは何を己の武器とするべきか。その問いに挑んだのは、政策研究大学院大学の名誉教授 黒川清氏と、脳科学・教育・ITを掛け合わせて未来の学習を創造するDAncing Einsteinの青砥瑞人氏だ。王道のエリートコースを歩み医学の道を究めた黒川氏と、高校中退後フリータ ...

  • 人生の困難な時期を乗り越える4つの方法

    Frances Bridges , CONTRIBUTOR

    人生に2つ、絶対的な真実があるとすれば、一つは変化は避けられないということ、そしてもう一つは、変化への対応方法がそこからの回復と生活の質を左右するということだ。未来を常に予測することはできない。愛する人が病気になったり、自分自身が病気になったり、転職・失職や、パートナーとの出会い・別れを経験したりす ...

  • 「人生100年時代」の陥穽 [田坂広志の深き思索、静かな気づき]

    田坂 広志 , CONTRIBUTOR

    最近、「ライフ・シフト」という言葉とともに「人生百年時代」という言葉が、しばしば耳に入ってくる。それは、グラットンとスコットの共著書『The 100 Year Life』の影響もあるのだろう。たしかに、食事栄養の改善と医療技術の進歩で、我々の寿命は確実に長くなっており、誰もが百歳まで生きる可能性が生 ...

  • 明日をより良く変える7つの「ちょっとした行動」

    Jessica Hagy , CONTRIBUTOR

    自分の人生を変えたいと思うなら、まずは人生についての考え方を変える必要がある。次の7つの「ちょっとしたこと」をすれば、明日を今日よりずっと良い一日にすることができる。1. 少しだけ「息を抜く」昼休みまでに世界中のあらゆる問題を解決することなど不可能だ。自分にできることをすればいい。できないことについ ...

  • 「より良い自分」を目指す人が自問自答すべき20のこと

    Brianna Wiest , Contributor

    「いい人」であるというのは、どういうことだろうか?人間は何世紀にもわたって、この問題について議論してきた。だが、結論はいつも、普遍的に受け入れられる原則ではなく、一定の時期において合意される社会規範に基づくものにとどまってきた。それでも、いくつかの調査結果によれば、今年も新年の抱負として掲げた人が多 ...

  • 人生のすべての記憶[田坂広志の深き思索、静かな気づき]

    田坂 広志 , CONTRIBUTOR

    大学時代のこと。登山部に所属するある友人が岩登りをしていたとき、危険な岩場で、滑落事故に遭った。仲間の見ている前で、彼は、足を滑らせ、岩の斜面を、谷底に向かって滑り始めた。 その瞬間、誰もが、命を失う事故になると、固唾を呑んだ。しかし、次の一瞬、彼は、岩場に生えていた小さな灌木に引っかかり、九死に一 ...

  • オプラ・ウィンフリーが贈る 人生とキャリア向上のアドバイス10選

    Frances Bridges , CONTRIBUTOR

    米メディア界の女王で大富豪のオプラ・ウィンフリーは先日、64歳の誕生日を迎えたが、そのパワーや影響力、賢さはいまだに健在だ。自分の人生を徹底的に見つめ、読書を重ね、マヤ・アンジェロウやダライ・ラマ14世、ネルソン・マンデラといった著名人との対談を通し、オプラは自己改善を続けてきた。対談では必ず、人生 ...

  • 新年の目標設定に重要なのは「回顧」 自問すべき20か条

    Annabel Acton , Contributor

    新年を迎えたばかりの今こそ、昨年を改めて振り返り、自分にとって重要だと思える成功のための準備を整える時期だ。すぐに2018年の新たな目標の設定に取り掛かるのではなく、まずはこれまでのことを見直し、自分が収めた大成功や乗り越えた苦難に思いを巡らせてみよう。そうして一歩立ち止まってみる時間があってこそ私 ...

  • トスカーナ流ワイン生産に学ぶ、仕事と人生で大切なこと

    Raquel Baldelomar , Contributor

    2人として同じリーダーはいない。共通の性格やビジネス戦略、朝の習慣を持つ人はいても、成功を収めるリーダーには皆、それぞれを他と隔てる特徴がある。自分と他者を差別化する点を大切にすれば、自分に一番合ったリーダーシップのスタイルを形作れ、最終的には成功につながる。私は本稿を含むシリーズ記事を通してさまざ ...

  • 「ノー」に傷つく必要はない 成功するため6つのヒント

    Denise Restauri , Contributor

    投資銀行家の夫が全てを賭けて、全てを失ったとき、カーラ・ロスは自分自身と幼い2人の娘のために、夫の元を離れた。離婚当時、まとまったお金は全く持っていなかった。だが、ロスは小規模ながら自分でジュエリー作り、販売するビジネスを始めていた。その事業が何とかうまく行っていたことで、住む部屋と食べるものは何と ...

  • S・サンドバーグとA・グラントに聞く、人生を狂わせるトラウマからの回復法

    Dan Schawbel , Contributor

    新著『Option B: Facing Adversity, Building Resilience, and Finding Joy(オプションB:逆境との直面、回復力の構築、そして喜びの発見)』を共同執筆したフェイスブックのシェリル・サンドバーグ最高執行責任者(COO)と組織心理学者のアダム・グ ...

  • 同居人募集アプリ「Roomi」創業者が語る、ルームメイトが起業家に与える力  

    Ajay Yadav , U30 contributor

    ガレージで起業する人もいれば、空いているベッドルームを拠点にする人もいる。筆者の場合はベッド代わりにしていた友人のソファの上で起業した。当時は家賃が払えないほど貧乏だったが、友人のAnupとクリスは何も聞かずに居候を許してくれた。シェフとして働くAnupが作ってくれる料理を食べながら、3人で人生や政 ...

  • IBM会長が全ての女性へ送る言葉「自分の人生は自分で決めろ」

    Shelby Carpenter , FORBES STAFF

    テクノロジー業界で働く女性たちのためにIBMの会長・社長兼CEOのジニ・ロメッティはアドバイスを送った。リスクを受け入れて大きな夢を抱き、絶対に他の誰かに自分の可能性を委ねるな、と。「私の父が家を出ていった時、母はすぐさま学業に戻りました」10月19日、ロメッティは極めて個人的なエピソードを聴衆の前 ...