• 下落続く人民元、通貨当局「試練の1年」に

    伊藤 隆敏 , CONTRIBUTOR

    中国の外貨準備高減少はすぐに通貨危機に結びつくわけではないが、資本流出とその結果である人民元の下落の動向がどうなるか、中国の通貨当局にとって難しい局面を迎えそうだ。中国の2016年末の外貨準備高が3兆105億ドルと、前年末に比べて3300億ドルの減少となった。外貨準備高がピークであった14年6月の4 ...

  • 新興国は人民元のSDR入りを歓迎、もたらされる変化とは

    Kenneth Rapoza , CONTRIBUTOR

    中国の国際化がまた一段と進んだ。国際通貨基金(IMF)は9月30日、中国の通貨、人民元を特別引き出し権(SDR)に加えると発表。翌10月1日から、人民元は正式にSDRの構成通貨の一つとなった。これにより、新興国の中央銀行はいずれも人民元を、自国の外貨準備に取り入れる価値がある通貨とみなすようになるだ ...

  • 2016年、中国経済4つの展望 市場崩壊は起きるのか?

    Liyan Chen , Forbes Staff

    2016年の世界経済における最大の課題は、中国経済の行方だ。中国がくしゃみをすれば世界が風邪をひく、というのは決して誇張ではない。「中国経済の減速は、我々の想定よりも早いペースで進むかもしれない」とシティ・リサーチのアナリストは記している。「中国は製造業主導から消費主導の経済へ、国家主導から自由市場 ...

  • SDR認定を受けた人民元。投資家の受け止め

    Roger Aitken , CONTRIBUTOR

    国際通貨基金(IMF)は今日、中国人民元(RMB)を米ドル、日本円、英ポンド、ユーロで構成する特別引出権(SDR)の通貨バスケットに採用することを承認した。ただ、これで人民元がすぐに変動相場制を採用し、十分に交換可能な通貨になるというわけではない。中国の通貨が正式に準備通貨になるのは2016年10月 ...