• 米国企業TOP100社の「21世紀的人材確保作戦」

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    この数十年、米国企業は福利厚生を切り捨て、労働者より株主を優先させてきた。しかし、労働者への投資こそが成長を生み、より株主を潤す──この100社が証明だ。オートメーション化や工場の海外移転などによる雇用の消失、そして、わずか6.4%にまで低下した労働組合への加入率──米国労働者の“力&r ...